■日本モンキーセンター60周年を迎えて


日本モンキーセンター(JMC)は、動物を一般の客に向けて展示する施設としては、一風変わった歴史を持っている。 それはまず、研究施設として立ち上げられたことである。 1956年に名古屋鉄道、京都大学と東京大学の各霊長類研究グループ3者の協力によって、犬山の栗栖に研究所が作られた。 名鉄は戦前に生息していたニホンザルの姿を犬山に復活させようとし、 京都大学はサルのフィールドワークから社会の進化を知るために、東京大学はサルを対象とした医学実験を推進するために、 というそれぞれの意向をもっていた。発足当初に、遠く屋久島からニホンザルを運んできて栗栖の裏山に放し、 餌付け群を作って野猿公苑にしたことはこれらの背景をよく物語っている。

その後、JMCは順調に研究センターとしての道を歩んだ。翌年には世界初の霊長類学の学術誌PRIMATESを創刊し、 すぐに英文雑誌として世界に配信した。また、「モンキー」、「野猿」という和文雑誌を刊行して、霊長類や霊長類学の普 ニホンザルの保全活動を推進した。当時、ニホンザルは奥山に隠れていて人の目に触れることは少なく、 各地で絶滅の危機に瀕していると言われていたのである。一方で、国立予防衛生研究所などから依頼を受けて、 カニクイザルなどを輸入し、繁殖施設としても大きな貢献をした。


1958年にはゴリラを対象に海外学術調査隊をアフリカへ派遣し、同時に世界から多くの種類のサルを集め始める。 翌59年には外国産のサル16種、53頭を展示したモンキーアパートを栗栖に開館し、これが動物園としての出発点になった。 62年には今の場所に世界サル類動物園が開園され、モノレールが開業して多くの客を犬山遊園駅から運ぶようになった。 ここで注目したいのは、この動物園が博物館として設置されたことである。日本で登録博物館としての動物園はJMCだけである。 65年にはビジターセンターが開館し、全国の博物館活動の拠点として大きな働きをするようになる。 毎年、全国のサル学愛好者を集めたプリマーテス研究会が開かれ、 サル学という学問と「サルを知ることはヒトを知ること」という独特な考え方は全国に広まった。


私がJMCでリサーチフェロウとして働いたのは1983〜88年で、この頃はまだ霊長類のパイオニア的研究を担い、 その成果を発信する博物館としての息吹は色濃く残っていた。私自身もアフリカでゴリラ、 屋久島でニホンザルのフィールドワークをしながら博物館活動に力を注いだ。当時のモンキーを見ると、 その当時の熱い思いがよみがえってくる。しかし、その後JMCは隣のモンキーパーク遊園地との連携を強め、 動物園の経営を主たる業務とするようになった。JMCのすぐ隣に京都大学霊長類研究所が設立され、 しだいにその活動領域を広げてきたこと、JMCの運営が動物園の収入で成り立っていたことなどがその主な原因である。 日本各地、そして愛知県内にもさまざまな娯楽施設ができ、また赤字続きのモノレールが廃止されたことが、 やがて客の足を遠ざける結果となった。

そして2014年4月、JMCは名鉄の支援の手を離れ、公益財団法人として再出発することになった。 それは初心に帰ろうという共通の目標のもと、動物園の入場者数だけにこだわらず、 霊長類の福祉の充実と展示方法に大きな力を注ごうということだと私は認識している。 理事長、所長、館長、園長にそれぞれ研究者を充てたのもその現れである。この2年、その成果は着実に現れ始めている。 JMC発足当時から引き継がれているPRIMATESも順調に発刊されているし、長らく休刊になっていた「モンキー」も復刊された。 学芸と飼育に携わる職員全員が野生霊長類の生息地に派遣され、また他の動物園や水族館を積極的に訪問して知識や技術を蓄積している。 週2日ある休館日を利用してさまざまなアイデアを出し合い、工夫と魅力に溢れた展示が創造されるようになった。 京大モンキーキャンパスや京大モンキー日曜サロンといった研究者との交流も頻繁だし、 京都造形芸術大学との連携で面白い企画も生まれている。リスザルの島やWaoランドの体験ゾーン、 アフリカンビアガーデンなど盛りだくさんの催しはウェブサイトを参照していただきたいが、 やっと現場からの声がモンキーセンターの催しに反映されるようになったと思う。JMCに新しい時代が来たと強く感じる。 この60周年を契機に、初心を忘れることなく、さらに大きく飛躍してほしいと思う。
2016年10月17日

公益財団法人日本モンキーセンター博物館長
山極壽一


理事長・所長・館長・園長室のTOPページに戻る

 >English  >Portuguese
 >French  >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
組織図
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:木村直人