【Webサル図鑑】
マーモセット科 Saguinus

エンペラータマリン
英名 Emperor Tamarin
学名 Saguinus imperator
CITES U
IUCN LC
分布
アマゾン川上流域
会える場所 2015年3月まで飼育
  • マーモセットと同様、タマリンの仲間も足の親指にだけ平爪をもち、他の指はかぎ爪になっている。
  • 名前は白い立派な口ひげから。
  • 頭は黒く、体は茶色で、尾がオレンジ色。
  • バッタ類などの昆虫や果実をおもに食べる。昆虫が少ない時期には果実の割合が上がる。
  • 複雄単雌型の群れをつくり、なわばりをもつ。オスもメスも移出入する。


ワタボウシパンシェ
英名 Cotton-top Tamarin
学名 Saguinus oedipus
CITES T
IUCN EN B1+2abcde, C2a
分布
コロンビアからパナマ
会える場所 南米館・ホール
  • 頭頂部に白くて長い冠毛があるところから名前がついた。
  • 顔は黒く、背は茶色で、腹や手足は白い。尾は黒く、根元にかけて赤くなる。
  • 顔には毛がない。
  • 果実や種子、樹液、昆虫などを食べる。
  • 複雄複雌の7頭程度の群れをつくる。
  • 比較的乾燥した二次林や、つる植物の多い森を好む。


ムネアカタマリン
英名 Red-bellied Tamarin
学名 Saguinus labiatus
CITES U
IUCN LC
分布
ブラジル、ペルー
会える場所 バックヤード
  • 鼻と口の周囲の白い毛が目立つ。顔、背中、尾は黒く、背中には白い毛が混じる。胸から腹にかけての赤っぽいオレンジ色の毛が特徴。
  • 一次林にも二次林にも生息する。
  • 果実や昆虫をおもに食べる。
  • 複雄複雌ないし複雄単雌の群れをつくる。

日本モンキーセンタートップへ