【Webサル図鑑】
オマキザル科 Ateles

ジェフロイクモザル
英名 Geoffroy's Spider Monkey
学名 Ateles geoffroyi
CITES T
IUCN LC
分布
中米、メキシコ南部からパナマにかけて
会える場所 モンキースクランブル(モンキースカイウェイ)
  • 体は褐色で、手が黒い。
  • クモザルの仲間は頭胴長よりも長く発達した把握性のある尾をもち、尾だけで体を支えることもできる。
  • 尾の先端には毛のない部分には尾紋が発達し、すべり止めの役目を果たす。
  • 手の親指は、外見上ないか、非常に小さい。
  • 熱帯雨林などの樹冠近くを利用し、地上にはほとんど降りない。
  • 主に果実を食べる。
  • 数頭から数十頭の群れで暮らすが、ときどき数頭程度の小集団に分かれる離合集散型の社会をもつ。
  • 他のクモザルに比べ、四足歩行で移動する割合が高い。


ケナガクモザル
英名 Long-haired Spider Monkey
学名 Ateles belzebuth
CITES U
IUCN VU A2acd
分布
コロンビア、ペルーなど
会える場所 南米館・屋外ケージ
  • 背中の毛は黒く長く、腹の毛は少し色が薄い。
  • 額に白い三角形の模様をもつものがいる。
  • 尾や親指の特徴、離合集散型の群れ構造などはジェフロイクモザル同様。
  • ジェフロイクモザルと比べると、腕や尾でぶら下がって移動することが多い。


クロクモザル
英名 Black Spider Monkey
学名 Ateles paniscus
CITES U
IUCN LC
分布
アマゾン川下流域の北部
会える場所 南米館・屋外ケージ
  • 黒く長い体毛が生えており、顔はピンク色。
  • 尾や親指の特徴、離合集散型の群れ構造などはジェフロイクモザル同様。
  • ジェフロイクモザルと比べると、腕や尾でぶら下がって移動する割合が高い。また、太い枝の上を二足歩行することも多い。

日本モンキーセンタートップへ