【Webサル図鑑】
オマキザル科マーモセット亜科 Callithrix

コモンマーモセット
英名 Common Marmoset
学名 Callithrix jacchus
CITES U
IUCN LC
分布
ブラジル東部
会える場所 南米館・ホール
  • マーモセット科のサルは、足の親指にだけ平爪をもち、他の指はかぎ爪になっている。
  • マーモセットでは下顎の切歯が特殊化し、木の幹に穴を開けて樹液を食べるのに適した形態となっている。
  • 1度の出産で2頭の赤ん坊を産む場合が多い。飼育下では三つ子が生まれることもある。
  • 顔は白っぽく、額に白い毛が生え、顔の周囲は黒く、耳に白い房毛がある。
  • 尾には黒と銀灰色の縞がある。
  • 雑木林、湿地などにすむ。
  • 果実、樹液、昆虫などを食べる。コモンマーモセットは、他のマーモセットにくらべて樹液を食べる割合が高い。
  • 群れの構造には変異があり、複雄単雌、単雄複雌、単雄複雌などさまざまなかたちが見られる。


クロミミマーモセット
英名 Black-tufted-ear Marmoset
学名 Callithrix penicillata
CITES U
IUCN LC
分布
ブラジル南東部
会える場所 南米館・ホール
  • 額に白い毛が生え、耳に黒い房毛がある。
  • 背中と尾に縞がある。
  • 二次林などにすむ。
  • 樹液、果実、昆虫などを食べる。


シロガオマーモセット
英名 White-faced Marmoset
学名 Callithrix geoffroyi
CITES U
IUCN LC
分布
ブラジル南東部
会える場所 南米館・ホール
  • 顔の周囲から喉にかけて白い毛が生え、耳に黒い房毛がある。
  • 低地の二次林などにすむ。
  • 果実や昆虫、樹液などを食べる。

日本モンキーセンタートップへ