【Webサル図鑑】
オマキザル科オマキザル亜科 Cebus

フサオマキザル
英名 Guianan Brown Capuchin
学名 Sapajus apella
CITES U
IUCN LC
分布
南米大陸の北部から中央部の広い範囲
会える場所 南米館・屋外ケージ
  • 頭頂部の黒い房毛が立ち上がっているのが特徴。
  • 尾は毛で覆われており、把握性があるもののクモザル科のサルのような尾紋はもたない。
  • 複雄複雌の十数頭からなる群れをつくる。オスとメスは同数から、ややメスが多いくらい。
  • 雑食性で、おもに果実や昆虫を食べる。その他、葉や花、種子、小動物なども食べる。
  • オマキザル類は南米のサルの中でも知能が高いとされ、堅い木の実を木の幹に打ち付けて割る行動が観察される。また、ある集団では石を用いて木の実を割る行動も観察されている。
  • アメリカでは介助ザルとしても活躍している。

日本モンキーセンタートップへ