【Webサル図鑑】
オナガザル科 Macaca

カニクイザル
英名 Crab-eating Macaque
学名 Macaca fascicularis
CITES U
IUCN LR/nt
分布
東南アジアに広く分布
会える場所 バックヤードで飼育
  • マカクの中では小型。頭胴長と同じくらいの長い尾をもつ。
  • 頭頂部の毛が直立している。
  • 果実や種子を主に食べる。海岸付近に生息するものはカニを食べないこともないが、カニが主食ではない。


ヤクニホンザル
英名 Japanese Yaku-Macaque
学名 Macaca fuscata yakui
CITES U
IUCN DD
分布
屋久島
会える場所 モンキーバレイ
  • 世界遺産の島、屋久島に生息するニホンザルの亜種。
  • 本土のニホンザルにくらべると、やや小型で体毛が長く、荒い。


ニホンザル
英名 Japanese Macaque
学名 Macaca fuscata fuscata
CITES U
IUCN DD
分布
本州、四国、九州と近傍の一部の島
会える場所 アジア館
  • ヒト以外の霊長類では世界でもっとも北に分布するサル。
  • 青森県の下北半島が分布の最北限で、海外では「スノーモンキー」の名でも知られる。
  • 複数のおとなオス、おとなメスを含む複雄複雌集団をつくる。群れのサイズは10頭程度から200頭弱まで幅がある。
  • 群れは母系集団で、オスが集団を移籍する。
  • 発情には季節性が見られ、秋から冬にかけて交尾期があり、春から夏にかけて出産期を迎える。
  • 交尾期、発情したサルの顔や尻は鮮やかな赤色になる。


シシオザル
英名 Lion-tailed Macaque
学名 Macaca silenus
CITES T
IUCN EN C2a(i)
分布
インド南部
会える場所 アジア館
  • 尾の先端がライオンのように房になっているので、この名がある。
  • 体や顔は黒く、顔の周りに灰色のたてがみがある。


トクモンキー
英名 Toque Macaque
学名 Macaca sinica
CITES U
IUCN VU A1c
分布
スリランカ
会える場所 アジア館
  • 頭頂部の毛が中心から外へ向かって放射状に生えており、帽子をかぶったように見える。


ボンネットモンキー
英名 Bonnet Macaque
学名 Macaca radiata
CITES U
IUCN LR/lc
分布
インド南部
会える場所 アジア館
  • 頭頂部の毛が左右に分かれ、ボンネットという婦人用の帽子をかぶったように見えるので、この名がついた。


タイワンザル
英名 Formosan Macaque
学名 Macaca cyclopis
CITES U
IUCN VU A1cd
分布
台湾
会える場所 アジア館
  • 台湾にすむ、ニホンザルの近縁種。
  • ニホンザルとは異なり、長い尾をもつ。
  • 近年、日本国内に人為的に導入されたタイワンザルが逃げ出して野生化し、ニホンザルとの雑種が生まれており、問題となっている。


チベットモンキー
英名 Tibetan Macaque
学名 Macaca thibetana
CITES U
IUCN LR/cd
分布
中国南東部。チベット地方にはいない
会える場所 アジア館
  • 名前に「チベット」がつくが、チベット地方には分布しない。また、顔もあまり赤くない。
  • 子どもを媒介にしておとな同士がコミュニケーションをはかるブリッジング行動などが観察されている。


アカゲザル
英名 Rhesus Macaque
学名 Macaca mulatta
CITES U
IUCN LR/nt
分布
インドから中国にかけての大陸部に広く分布
会える場所 アジア館
  • ニホンザルと同様、複雄複雌の群れをつくり、オスが集団を移籍する。
  • 実験動物としても世界中でひろく飼育されている。
  • 血液型のRhは、アカゲザルの英名の"Rhesus"からついた。


ブタオザル
英名 Pig-tailed Macaque
学名 Macaca nemestrina
CITES U
IUCN VU A1cd
分布
東南アジアに広く分布
会える場所 アジア館
  • 短くて毛の少ない尾がブタの尾に似ているところから、名前がついた。
  • 前頭部から頭頂部にかけて黒い毛が生える。
  • ココナッツの実を収穫するために、ブタオザルを調教して用いる地域がある。


ベニガオザル
英名 Stump-tailed Macaque
学名 Macaca arctoides
CITES U
IUCN VU A1cd
分布
中国南部から東南アジアにかけて
会える場所 アジア館
  • しっぽがとても短く、英名はここからついた。
  • 顔と尻が赤く、顔には黒い斑点がある。
  • おとなになると額がはげ上がる。
  • 果実や種子、葉などを主に食べるほか、昆虫、鳥、鳥の卵なども食べる。


バーバリーマカク
英名 Barbary Macaque
学名 Macaca sylvanus
CITES U
IUCN VU A1c+2c, C1
分布
アルジェリアからモロッコにかけてのアフリカ西北端
会える場所 アフリカ館
  • 他のマカクの分布とは大きく離れ、アフリカに生息する唯一のマカク。
  • 外見上、尾がないため、かつてはバーバリーエイプと呼ばれていた。

日本モンキーセンタートップへ