【Webサル図鑑】
オナガザル科オナガザル亜科 Mandrillus

ドリル
英名 Drill
学名 Mandrillus leucophaeus
CITES T
IUCN EN
分布
ナイジェリア東部からカメルーン西部にかけて
会える場所 2014年5月まで飼育
  • 顔は黒く、顔の周りをふち取るように白い毛が生える。下唇は赤い。
  • ヒヒとは異なり、尾が短い。
  • 草原にくらすヒヒとは異なり、熱帯雨林の奥深くに生息している。
  • 果実を主に食べる。
  • 複雄複雌の集団をつくると考えられている。


マンドリル
英名 Mandrill
学名 Mandrillus sphinx
CITES T
IUCN VU
分布
西アフリカ、カメルーンからガボンにかけて
会える場所 アフリカセンター
  • 顔の正中部は赤く、吻の両側には溝があって鮮やかな青色で、黄色いあごひげが生える。臀部も鮮やかな赤と青。
  • ヒヒとは異なり、尾が短い。
  • 草原にくらすヒヒとは異なり、熱帯雨林の奥深くに生息している。
  • 果実を主に食べる。
  • 複雄複雌の集団をつくると考えられている。

日本モンキーセンタートップへ