【Webサル図鑑】
オナガザル科 Papio

マントヒヒ
英名 Hamadryas Baboon
学名 Papio hamadryas
CITES U
IUCN LC
分布
エチオピアからソマリアにかけてのアフリカ北東部とアラビア半島南西部
会える場所 アフリカ館
  • 顔はピンク色で、体の毛は灰色。オスは肩の周囲にマントのような長い毛が生える。
  • 低木のまばらに生えた草原に暮らし、夜は険しい岩場で眠る。
  • 一夫多妻型のワンメイル・ユニットがいくつか集まってクランという集団をつくり、クランが集まってバンドという大きな集団を形成するという、重層的な社会構造をもつ。


アヌビスヒヒ
英名 Anubis Baboon
学名 Papio anubis
CITES U
IUCN LC
分布
サハラ砂漠以南、赤道付近のアフリカに広範囲に分布
会える場所 ヒヒの城
  • 顔は黒く、体毛はオリーブ色をしている。赤ん坊のうちは顔はピンクで体毛は黒い。
  • マントヒヒとは異なり、複雄複雌の群れをつくる。
  • メスは出自集団に残り、オスが群れを移籍する。
  • 地上四足歩行に適応した四肢形態をしている。歩行時に手のひらを地面につけない。
  • 雑食性が強く、果実、種子、葉、塊茎、根、昆虫などの他、鳥、は虫類、小型哺乳類なども捕らえて食べる。

日本モンキーセンタートップへ