【Webサル図鑑】
テナガザル科 Symphalangus

フクロテナガザル
英名 Siamang
学名 Symphalangus syndactylus
CITES T
IUCN EN
分布
スマトラ島およびマレー半島
会える場所 モンキースクランブル(ビッグループ・エコドーム)
  • テナガザル類では最大。体重約10〜15kg。
  • 非常に長い腕をもち、ブラキエーション(腕渡り)を主要な移動様式とする。
  • 葉や果実を主に食べる。
  • オス・メスのペアとその子供からなる家族でなわばりをもつ。
  • 短い叫び声が連続したグレートコールを発し、なわばりを主張する。
  • のどに喉頭嚢(こうとうのう)と呼ばれる袋状の構造があり、これを大きくふくらませて声を響かせる。

日本モンキーセンタートップへ