施設紹介
顔の模様が美しいグエノンの仲間、マンガベイの仲間、白と黒のコントラストが美しいコロブスの仲間、おなじみ肩のマントのような毛が立派なマントヒヒなどのヒヒの仲間など、多様性にとんだサルが展示されています。施設は屋外ケージと寝室に分かれ、日中は屋外ケージで動き回るサルの様子、夕方は寝室でサルの食事風景をご覧いただけます。

日本でここでしか会うことができない種が多いのも、アフリカ館の特徴です。特にゴールデンマンガベイ、サイクスモンキー、クチヒゲグエノン、バッティコファーグエノンは日本で最後の1頭です。


施設にいるサル

マントヒヒ バーバリーマカク ゴールデンマンガベイ

サバンナモンキー パタスモンキー

サイクスモンキー シュミットグエノン クチヒゲグエノン

ブラッザグエノン バッティコファーグエノン タラポアン


アンゴラコロブス アビシニアコロブス