団体様ご来猿!?

リスザルの島担当:田中

春休みに入った子供たちで、園内が賑わい始めています。

春休みいいなぁ〜!

主任権限で勝手に春休み(という名の通常の有給休暇)とっちゃおうかな!

なんてほのぼのした光景になごみながら、どこに行こうかなぁ〜なんて妄想しております。

例年であれば、この時期は春休みで賑わうとともに、団体シーズンでもあるんです。

続きを読む →

不器用さもあなたらしさ(後編)

モンキーバレイ担当:舟橋

 「長い期間入院していた個体を群れに戻すときは、どうするか」みたいな話は、何度かお話する機会があったかと思いますが、入院した経緯(ケンカで入院したか、体調不良で入院したか、それとも避妊のために入院したかみたいなの)を考慮しつつ、基本的には数日間のお見合い期間を設けて、群れからの攻撃が無いことを確認してから合流させます。

 もし攻撃を受けるようであれば、他で群れを形成することや、攻撃する個体を一旦群れから外して先に合流させて味方を作らせ、その後で攻撃する個体を戻すみたいなことをします。

 

 一方でヤクシマザルの暮らすモンキーバレイには、上述したようなお見合いをさせるスペースは無いし(一応あるけど、気温が暖かくならないと使えない)、加えて個体数が約140頭と多く、攻撃する個体だけを外すなんて現実的では無いので、昼ごはんの最中にしれっと群れに戻す

 

『あれ?お前いたっけ?大作戦』

 

を採ります。もちろん、他のサルではおおよそできない方法ではありますが、ヤクシマザル(ニホンザル)が母系社会なのと、とりわけモンキーバレイが自分の家系(タイマツならタの家系、ウィンキーならウの家系みたいな感じ)を守るっていう精神がとてつもなく強いってことから、経験上ある程度見張っていれば大丈夫です。

 

 で、今回は何故こんなことを急に書き出したのかと言うと『ヤクシマザルのピヨンが群れに戻ってきました!』ってことを言いたかったからです。ここからようやく本題です。お待たせいたしました。

 

 

 ピヨンが何故入院していたのかは、オンラインサロンの記事(メンバー限定記事)に長々と記載させていただきましたので、今回は割愛させていただきますが、大体2ヶ月程度入院して群に戻ってまいりました。

 2ヶ月が長いかどうかはさておき、ヤクシマザルの顔の記憶力とコミュニケーション力は『久しぶりに実家に帰ったら、妹の顔が変わってて人見知っちゃった』っていう舟橋と比べると雲泥の差で、多少ソワソワはしますが、数か月ぶり程度なら『昨日会った』くらいのテンションで挨拶します。で、ピヨンはどうだったかと言うと、

 

 

こういう感じの連絡が来ました(舟橋は休みで、昼過ぎまで寝てました)。

 もちろん、(ピヨンが戻れなかったらどうしよう)なんて不安は、舟橋は微塵も持っていませんでしたが、ピヨンはピヨンのままで安心しました。

 ちなみにピヨンの攻撃は、挨拶みたいなモンなので、気に食わない個体にもわざわざ挨拶をしてあげていたんでしょう。

ピヨンって超良い奴ですね。

 

 ちなみにピヨンが群れに戻ってきた結果、いままで「櫓を揺らしてガンガン鳴らすわ、防寒小屋を蹴ってガンガン鳴らすわ」で騒々しかったモンキーバレイが静かになりました。 

 何故なら、ピヨンが櫓か防寒小屋の上で寝ており、その真横で飛んだり跳ねたりなんかできないからですね。

ピヨンって超良い奴ですね。

 

 

 

 今後は、再発するとか、もの凄く体調が悪くなるとかが無い限り、長期入院することは無さそうですが、ずっと隔日で薬を飲み続けることになります。

 サルの投薬って、基本的には投薬個体の好きなものに混ぜたり塗ったりしてから渡すんですけど、ピヨンの一番好きな食べ物がピーナッツで、もはや『塗りも混ぜもできないどうしようもない食材』ので、とりあえず現行は蒸したイモで薬をあげています。

 これからはピーナッツ以外の好きな物を探す必要がありそうです。条件があるとすれば、ほお袋の容積が小さくなったので、なるべく1口で食べられる味の濃いモノです。ブドウくらいしか思いつきませんが、ブドウが好きかは知りません。多分ピーナッツ以下です。

 

 

 

 ちなみに「ピヨンのコドモのピーナツは大丈夫でしたか?」と聞かれそうなので先に答えておくと、ピーナツは元雌頭のノンタンと一番強いオスのタイマツにベッタリくっついておりましたので超元気でした(写真は左がピーナツで、中央がノンタン、右がタイマツ)。

 舟橋的にはノンタンの娘の可愛いノンノが、憎きピーナツに追い払われていたのが、多少かなり途轍も無く気に食わなかったくらいです。

 

 

 なお、今のピーナツはピヨンにべったりです。べったりしすぎて、ピヨンに渡した薬の入ったイモを盗もうとするくらいです。命知らずです。なので、今モンキーバレイに来ると、ピーナツの識別も容易にできます。

 

 入院中、そして退院後にも、色々なお見舞いの品ありがとうございました。是非またモンキーバレイで、ピヨンたちのことをご覧いただければと思います。

ーーーーーーーー

※本記事は、『【猿分補給】日本モンキーセンターとつながるオンラインサロン』にて、一般公開された記事を一部変更を加えて転載したものです。オンラインサロンでは、この他にもサロンメンバー向けの記事を投稿しております。

気になった方は、ぜひ【猿分補給】も覗いてみてください↓

https://community.camp-fire.jp/projects/view/373624

順番待ちの話

北園担当:舟橋

 

 直接「バレンタインデーですからね」とか別に言われてないんですけど、この時期は寄附でもらった大量の落花生なんかを袋一杯に入れて歩いていると、少しソワソワしちゃいますよね。「あの飼育員さん、もの凄い沢山なにかもらってる!」って聞こえてくる気がしますよね。こんばんは、舟橋です。

続きを読む →

モンキーバレイのシールの話

北園担当:舟橋

 

 去年はそんなこと全く思わなかったのですが、今年はとにかく寒いですね。朝来てヤクシマザルの運動場に入ろうと思って扉を触ると閂が凍ってて開かないし、その氷を解かそうと蛇口をひねっても水道が凍ってて水は出てこないし、「この野郎!!」って閂をハンマーで叩いて開けようとしても開かないし、指を叩くし、「痛い!」って水で冷やそうと蛇口をひねっても「凍っとるやないかい!!」って、なんかそんな地獄のようなモンキーバレイの担当飼育員の舟橋です。

 

続きを読む →