標高1,300m、11月から5月は雪に閉ざされる新潟県妙高笹ヶ峰。
最近になって、ここでニホンザルが目撃されるようになりました。
はじめのころは雪のない季節だけでしたが、 2019年3月には京都大学と日本モンキーセンターのチームが雪の中のサルを発見しました。

そこで2020年1月より、日本モンキーセンターと京都大学 霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院が共同で、 笹ヶ峰におけるニホンザルの調査を開始しました。

雪の中でサルたちはどんなくらしをしているのでしょう? どうして笹ヶ峰に進出してきたのでしょう?  もしかして気候変動や環境変化の影響があるのでしょうか?
たくさんの疑問を胸に、山スキーやドローンなども駆使して調査をしていきます!

※この活動は、トヨタ自動車株式会社のトヨタ環境活動助成プログラムのご支援を受けて実施しています。


■第3回笹ヶ峰ニホンザル調査(2021年6月26日〜29日)
6/26(金)〜6/29(月・祝)、3回目となる笹ヶ峰ニホンザル調査に行ってきました!
新型コロナウイルスの影響で冬の調査ができなかったのが悔やまれますが、感染状況が少し落ち着いてきたこの時期、さまざまな対策を万全にして調査を実施しました。
今回は第2回、3回に参加しました星野から報告します。

今回は事前の天気予報は4日とも雨! 更に前の2回とは違い6月後半の森は緑モリモリ、 笹ヶ峰でも日なたは暑くてサルを見つけるのが先か自分がバテるのが先か心配になっちゃう時期の調査です。 (1回、2回は積雪期の調査のためスキーを履いて一面真っ白の世界での調査でした)

前回はドローンや双眼鏡、目視で確認できたサルたち。今回はどうなるかな?? なんて考えているといきなり道中サル登場。



でもこちらは冬見たグループと違うみたい

初日はこのグループとの遭遇のみで、 その後は一度ドローンを飛ばした後、周辺のセンサーカメラの回収と食痕の確認に回りました。

こちらイヌエンジュの食痕



よーく見ると先の方の葉が無くなっているのわかりますか?

2日目は、前日回収できなかったところのカメラの回収後、歩いてサル捜索。 雨もパラついてきたし今日は無理かなとあきらめかけたその時! いきなり発見サルの群れ! 静かに周りを見渡すと雨の中じっとしているサルがあっちにもこっちにも。



その後は刺激しないよう距離を取りながら後をついていきました、そして1時間ほど観察できた後、群れは森の中へ消えていきました。

3日目は朝から前日群れが森の中へ消えていった辺りへ。 すると、ひらけた所に群れが



1時間ほどのんびりしているところを観察したあたりで群れが森の中へ移動。 私たちも追って藪の中へ入っていったのですが、すぐに姿が見つからなくなってしまいました。(170pくらいの藪をかき分けサルについていくのは大変)
その後は前回の冬の調査で、双眼鏡で発見できた場所へ。 見比べてみると


今回


前回(冬・上の赤枠部分の拡大)

よくこの距離で見つけましたね、赤見さん! 緑の時期じゃ無理そうです。

4日目は前日に観察できた所にまず行ってみよう。 ということで2手に分かれて出発。 すぐに根本君が発見!(私は別ルートだったのでハズレ)



これですべての日にサルを観察することができました この後ひらけた所にいるサルたちを 赤外線ドローンで撮影。



見えないこともないですが地面が熱くて赤色になっているので見にくいですね。 積雪の活躍に期待しましょう。 そんなところで今回の調査のタイムリミット、名残惜しいですがここで犬山へ帰犬になりました。

今回もサルの群れを観察することができたのですが なかなか個体識別するのは難しいですね。



このように1頭1頭顔が違うのはわかるのですが 全頭の顔を把握しているわけではないので、次見たときに同じ個体なのか、それともそっくりな別個体がいるのか?見分けるにはまだまだ回数がかかりそうです。頑張らねば!

そして、今回の調査隊はこの4名でした。



次の調査ではどんな新たな発見ができるのか、今からもう楽しみです。

■第2回笹ヶ峰ニホンザル調査(2020年2月21日〜24日)
2/21(金)〜2/24(月・祝)、2回目となる笹ヶ峰ニホンザル調査に行ってきました! 1月の調査ではサルの姿も痕跡も見つけることができませんでしたが、 今回は1日目にドローンでサルの姿をとらえ、 2日目には双眼鏡で、3日目には比較的近くから目視で 観察することができました。 雪に閉ざされた真冬の笹ヶ峰で、サルたちはどのように越冬しているのでしょう? 今回の調査で冬の食物の一部を確認することができました。 今後も調査を続けてまいります。


調査初日、暗くなる前に1回だけ!とドローンを飛ばしたところ、なんとサルを発見しました!! 写真は2日目のドローンからの写真です。


調査3日目は吹雪のためドローンは飛ばせず、山スキーで昨日サルを発見した場所へ。 サルたちは吹雪の中、比較的風を防ぐことができる南向きの谷間にいました。


写真は雪が少し弱まった瞬間のもの。樹種はわかりませんが、低い木の皮をよく食べていました。


調査4日目はドローンからじっくり群れの移動を撮影できました! 目が慣れてくるころには、画面下部から小さな個体がワラワラと走り出します。(画面を最大化してご覧ください!) そちらに目をとられていると左の方からも、、、。私たち調査隊はこの動画から個体数をカウントします。 何頭いるか、わかりますか?


第2回調査はこの7名でおこないました。真冬の2月にサルを見つけることができて“最高の笑顔”です。


■第1回笹ヶ峰ニホンザル調査(2020年1月20日〜24日)
今年は雪が少ないとはいえ、笹ヶ峰は一面銀世界。山スキーやドローンを使ってニホンザルを探しました。 2019年3月には雪の上を走るニホンザルの群れを目撃しましたが、 今回の調査ではニホンザルの姿や痕跡を見つけることはできませんでした。 積雪期の笹ヶ峰でサルたちがどのようにくらしているのか(もしくはどこかに移動しているのか)、今後も調査を続けてまいります。


調査の拠点となる京大ヒュッテ。夏は路線バスで来ることができますが、この季節は雪上車か山スキーでしか来ることができません。


山スキーでの調査の様子。一歩が重い、、、。交代で先頭を務めます。 動物の足跡や食痕を探しますが、どんどん雪が積もっていくので調査は困難を極めました。


やっと見つけた何かの食痕!ウワミズザクラの樹皮を食べていました。サルだと思いたいけどカモシカなどかもしれません。


調査3日目にしてやっと晴れました!これならドローンが使えます!


必死にラッセルして歩いた場所も、ドローンなら上空から数分で確認できます。上空からの絶景を楽しんだあとは、目を皿のようにしてサルの姿や足跡を探しましたが、、、、


残念ながら姿も足跡も見つけられず。最終日は山スキーでいくつかの足跡を見つけましたが、これはサルではないですね。


第1回目の調査はこの4人のパーティーでおこないました。最終日にヒュッテ前にて。笑顔ですが、サルを見つけることができなかったので“最高の笑顔”とはいきませんでした。 今後の調査に期待!!


■調査へのご支猿のおねがい
ドローンを飛ばす際、現在は個人のiPhoneを使っているのですが、画面が小さくてドローン画像がよく見えません、、、。 中古で不要なiPadがありましたら、ぜひご寄附いただけますとうれしいです。
 >>詳しくは『中古でもいいのでほしいものリスト』
⇒ありがたいご寄附をいただきました!ありがとうございましたm(_ _)m


 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
 >Korea (map only)
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会
おうちどうぶつえん

しらべる
研究室
博物館資料
連携研究
屋久島研修所
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
国際学術誌「Primates」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
歴史・定款・年報など
スタッフ紹介
全頭誕生日カレンダー
ご支援のお願い
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

大型類人猿情報ネットワーク

緑の回廊プロジェクト

ポレポレ基金

犬山市観光協会

日本モンキーパーク

公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:令和4年5月30日 取扱責任者:奥村文彦