2014/8/31(日) 第4回京大モンキー日曜サロン
  「樹液を飲み、盲腸で味わう?サル−ブラジルでのマーモセット観察の報告」
   今井啓雄先生
■日時:2014/8/31(日) 12:00〜(約30分)

■講師:京都大学霊長類研究所
     分子生理研究部門遺伝子情報分野 准教授
     今井啓雄先生(プロフィールはこちら

私たちの身体の表面には、いろいろなセンサーがあります。
目にある光をうけるセンサーで、ものをみます。
鼻の中にある空中のものをとらえるセンサーで、においをかぎます。
舌の上にある水中のものをとらえるセンサーで、味を感じます。

最近、これらのセンサーが身体の内部にもあることがわかってきました。
これまで、身体の外からの情報を受け取ると思われていたセンサーが、身体の中もモニターしていたのです。動物が進化するときに、必要な食べ物や環境をモニターしているのでしょうか?

昨年、私たちは、マーモセットというブラジルにすむサルの盲腸で味覚のセンサーを発見しました。 (詳しくはこちら
マーモセットの仲間は樹液や樹脂を飲み食いして、盲腸で発酵すると言われていますので、この行動と関係があるのかと考えました。しかし、飼育下のマーモセットではこのような行動は観察できませんし、そうすると発酵の様子や盲腸にある味覚センサーの意味もよくわかりません。そこで、ブラジルまで行って、マーモセットの行動を観察して、樹液や発酵後のフンを集めることにしました。

ブラジルまでは丸2日かかりました。英語は通じず、ポルトガル語をがんばって勉強しました。そうして何とか観察してきた様子をお伝えしたいと思います。

■対象年齢:小学生以上
※対象年齢以外の方でも自由にご参加いただけますが、難易度等は対象年齢に合わせて進行いたします。







 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人