2014/9/14(日) 第5回京大モンキー日曜サロン
  「常夏の国・インドネシアでジャワルトンを観察する」 辻大和先生
■日時:2014/9/14(日) 12:00〜(45分講演、15分質疑応答)

■講師:京都大学霊長類研究所 社会生態部門 社会進化分野 助教  辻大和先生(プロフィールはこちら

サルの仲間には、チンパンジー、ニホンザル、キツネザルなどたくさんの種がいますが、その中に”リーフモンキー”というグループがいます。リーフモンキーはその名の通り葉っぱ(リーフ)を主な食べ物として暮らすサルたちです。タンクのような大きな胃ぶくろにたくさんのび生物を飼っていて、彼らの力を借りて食べ物を消化するという、牛によく似た体の仕組みをもっています。リーフモンキーの生活に関する研究が行われるようになったのはここ20年のことで、とくにアジアのリーフモンキーについてはまだわからないことが多いです。

私は東南アジアのインドネシアで、リーフモンキーの一種、ジャワルトンの生活を研究をしています。うまれたばかりのアカンボウはオレンジ色ですが、大きくなると全身が真っ黒になります。木から木へ「えいやっ!」と大ジャンプする姿は、なかなか迫力があります。

森の近くに住み込んで、朝から夕方までジャワルトンを追い続けた結果、彼らがとてもグルメであること、群れの仲間がアカンボウを大切にすること、同じ森に暮らす動物とさまざまな関係をもって生活していることなど、面白いことがわかってきました。今回はその中でからみなさんにとっておきの話題を提供したいと思います。私たちフィールドワーカーが調査地で一体どういう生活をしているのかについても、あわせてお話しします。

■対象年齢:小学生以上
※対象年齢以外の方でも自由にご参加いただけますが、難易度等は対象年齢に合わせて進行いたします。







 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人