2015/5/17(日) 第14回京大モンキー日曜サロン
  「アフリカの熱帯雨林でゴリラと暮らす」 坪川桂子先生
■日時:2015/5/17(日) 12:30〜13:15

■講師:坪川桂子先生  ※プロフィールはこちら
(京都大学大学院理学研究科 人類進化論研究室 博士後期課程)

野生のゴリラは森のなかで、ふだん、どのような生活をしているのでしょうか?日本モンキーセンターのタロウをはじめとして、世界の動物園で暮らすゴリラたちは、そのほとんどがニシローランドゴリラです。しかし、ニシローランドゴリラがアフリカの森でどのように暮らしているのか分かってきたのは、実は最近のことなのです。

これまで長年に渡って調査されてきた野生のゴリラは、マウンテンゴリラという別の種のゴリラでした。彼らは高地の山地林に生息して、地上で草本などを食べて暮らしています。ニシローランドゴリラの野外調査が少しずつ進むにつれて、マウンテンゴリラとは違った暮らしがみえてきました。彼らは低地の熱帯雨林に生息して、草だけではなくてたくさんの果実を食べます。木の上にも軽々とのぼり、果実や木の葉を食べたり、枝葉を折ってベッドを作り樹上で眠ったりもします。暑い日には、川で水浴びをすることもあります。

今回は、こうしたニシローランドゴリラの暮らしを、映像や写真でご紹介したいと思います。舞台は、ガボン共和国にあるムカラバ国立公園。登場するのは「グループ・ジャンティ」という群れと、「ムル」というひとり暮らしのオスゴリラです。ゴリラになったつもりで、彼らの生活をのぞいてみましょう。

■対象年齢:小学生以上
※対象年齢以外の方でも自由にご参加いただけますが、難易度等は対象年齢に合わせて進行いたします。




 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人