2015/7/26(日) 第17回京大モンキー日曜サロン
  「中国の猿まわし −その文化的背景と福祉」 張鵬先生
■日時:2015/7/26(日) 12:30〜13:15

■講師:張鵬(チャンポン)先生(国立中山大学(中国) 准教授)

動物を使ったエンターテイメントには、数千年もの歴史があります。今日では、クジラやイルカ、ウマ、そしてヒト以外の霊長類を使ったパフォーマンスは世界中で人気を得ています。こうした動物を使ったエンターテイメントの舞台はさまざまで、動物園やテーマパークから、サーカスや非合法の小規模なショーにまで及びます。

日本と中国では、猿まわしは宗教的儀式として始まり、馬の治療のために、訓練されたサルが音楽に合わせて踊りました。長年にわたり、調教師たちは動物を人間の文化に従わせて二本足で立たせるよう努力してきました。この伝統は今でも地域文化の一部として町中に残っています。しかし、動物のトレーニングにおいては、正の強化学習か、罰を伴う方法かの二面性があります。

このサロンでは、中国における猿まわしの歴史を紹介するとともに、文化的背景と福祉の両面から議論します。

■対象年齢:小学校高学年以上
※対象年齢以外の方でも自由にご参加いただけますが、難易度等は対象年齢に合わせて進行いたします。






 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人