2017/5/28(日) 第37回京大モンキー日曜サロン
「ニホンザルは葉っぱが甘い?‐ニホンザルと甘味について‐」 西栄美子 先生
■日時:2017/5/28(日) 12:30〜13:15

■講師:西栄美子 先生
    (京都大学霊長類研究所・ゲノム進化分野・大学院生)
    ※プロフィールはこちら

■内容:
皆さんは甘いと聞くと何をイメージしますか? クッキー、ケーキ、アイスクリーム…… 。 これらのお菓子 はショ糖、いわゆる砂糖を多く含んでいるために甘く感じます。 甘味はヒトを含む多くの霊長類にとって「高カロリーな食べ物」であることを知らせる味です。 実はニホンザルも甘味が大好きです。 しかし残念ながら 野生のニホンザルが生息する環境にはショ糖を多く含む食べ物はなかなかありません。 それどころか、彼らが野生で食べているものの多くは葉やドングリなど、私たちがかじっても苦かったり渋かったり するものばかりで、 甘いものはほとんどありません。

ではもしかしたら私たちには甘くないけど、ニホンザルにとっては甘いのでは!? 私たち動物の舌には甘味受容体と呼ばれる甘味を感じるためのタンパク質があります。 このタンパク質の機能には動物種によって違いがあり、その結果として、甘味の感じ方が動物種ごとに異なることがあります。 どうやらニホンザルの甘味受容体の機能も、ヒトと違うようです。 ニホンザルがどんな食べ物に甘味を感じるのか、甘味受容体の機能についてヒトとニホンザルで比較しながら明らかにしていきます。

■対象年齢:小学校高学年以上
※どなたでもご参加いただけますが、難易度等は上記に合わせて進行いたします



 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人