2017/7/23(日) 第39回京大モンキー日曜サロン
「ブータンに見る人と動物の関係」 川本 芳 先生
■日時:2017/7/23(日) 12:30〜13:15

■講師:川本 芳 先生
(京都大学霊長類研究所 人類進化モデル研究センター・准教授)  ※プロフィールはこちら

■内容:
ブータンはインドと中国に接する面積が九州の0.9倍、人口が80万人足らずのヒマラヤ南麓の小さな国です。 7割以上が森で、保護区の面積が6割を超える森林の国です。 住民の57%は農民で、チベット仏教徒が75%を占めています。 国民の幸福を大事に考え、精神的幸福と物質的発展の調和をめざしています。
今回はこの国での人と動物の関わりについてふたつの話をします。 ひとつは野生動物による農業被害の話、もうひとつは家畜利用の話です。
ブータンでは命あるものを尊ぶ考えが強く、輪廻転生(りんねてんしょう:人は生まれ変わり、死に変わりし続けること)を信じて殺生をしない習慣が根付いています。 しかし、野生動物による農業被害や人身被害は深刻化していて、人との摩擦を減らすために独特な取り組みをしています。 一方、この国ではミルクを搾るウシたちを交配して利用する伝統的な畜産があります。 これには人がもつ生命観だけでなく、家畜のもつ生態が関係しています。 これらの話題からブータンに見るユニークな人と動物の関係について考えます。

■対象年齢:小学校高学年以上
※どなたでもご参加いただけますが、難易度等は上記に合わせて進行いたします

電気柵をくぐり抜ける被害地のサル


3種類のウシ(ヤクとミタンと在来牛)の交配から生まれたウシ


 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人