2018/3/25(日) 第44回京大モンキー日曜サロン
「虫を食うサルも好き好き?:環境DNAで探るサルの昆虫食」 峠明杜先生
■日時:2018/3/25(日) 12:30〜13:15

■講師:
峠明杜先生(京都大学霊長類研究所・生態保全分野・大学院生)

■内容:
「環境DNA」という言葉をご存知ですか?
川の水、森の土、動物のフンの中には様々な生き物のDNAが含まれており、こうしたDNAを調べることでどの生物がその環境にいるのかが分かります。 この技術発展により、今まで知ることができなかったことが調べられるようになりました。「サルがどんな虫を食べているか」もその一つです。

サルにとって虫は栄養価の高いごちそうです。 サルは捕まえた虫を一瞬で口に運んでしまうので、近くでサルを観察していてもどんな虫を食べているのかは分かりません。 しかしサルのフンを拾うのは簡単です。 フンの中にはサルが食べた虫のDNAが残っているので、このDNAを分析すればサルが食べている虫を明らかにすることができます。

今回の講演では、環境DNAを用いてアフリカで霊長類を研究している私が、(1) 環境DNAとはなにか、(2) どんな使いみちがあるのか、 (3)アフリカのサルはどんな虫を食べているのかについてお話ししようと思います。

■対象年齢:小学校高学年以上
※どなたでもご参加いただけますが、難易度等は上記に合わせて進行いたします




 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
 >Korea (map only)
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会
アニマルフォトコンテスト

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

脳標本画像レポジトリ
英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
旧国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人