2018/5/27(日) 第48回京大モンキー日曜サロン
「チンパンジーは赤ちゃんをどう見ている?」 川口ゆり先生
■日時:2018/5/27(日) 12:30〜13:15

■講師:
川口ゆり先生(京都大学霊長類研究所・思考言語分野・大学院生)

街なかで赤ちゃんを見ると多くの人が「可愛い」という声を発します。 可愛いと感じてもらい、好んでもらうことは、赤ちゃんが育つ上で必要なサポートをまわりから得ることにつながります。 それではヒト以外の動物も、赤ちゃんをおとなとは異なる存在として認識しているのでしょうか? なにをもとに赤ちゃんをおとなから区別しているのでしょうか?赤ちゃんを可愛いと感じているのでしょうか?

その問いに答えるために、私はヒトの進化の隣人であるチンパンジーやボノボの研究をしています。 研究のひとつとして、アイトラッカーという特殊な装置を用いて、チンパンジーやボノボがどのように、赤ちゃんやおとなを見ているのかを調べています。 チンパンジー、ボノボ、ニホンザルの親子の写真を見せて、赤ちゃんとおとなのそれぞれの顔をどれぐらい長く見つめるか調べたところ、 チンパンジーとボノボは異なる見方をしていることがわかってきました。 ヒトの養育行動の進化的な起源について考えてみたいと思います。

野生のチンパンジー母子


アイトラッカーによる研究の様子

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
 >Korea (map only)
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会
アニマルフォトコンテスト

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

脳標本画像レポジトリ
英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
旧国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人