2018/6/24(日) 第49回京大モンキー日曜サロン
「ガムとロリスと腸内細菌:おなかの中の小宇宙」 松島慶先生
■日時:2018/6/24(日) 12:30〜13:15

■講師:
松島慶先生(京都大学野生動物研究センター・大学院生)

我々ヒトを含め、サルの仲間は、様々なものを食べて暮らしています。 その中で、ロリスの仲間を含めた一部のサルは「植物ガム」という、いわゆる樹液を主食として食べています。 チューインガムの原材料としても知られるガムの主成分は食物繊維で、非常に消化しにくいものです。 なぜ彼らはガムを好んで食べるのか、ガムを食べることでどんな効果があるのか。 それを調べるために、私はロリスの腸内細菌に注目して研究を行っています。

腸内細菌とは、乳酸菌などの、文字通り腸の中に住む細菌たちのことで、その宿主が食べたものの消化を手助けしているとされています。 それだけではなく、宿主の健康面にも大きく関わっていることもわかってきています。 消化が難しいガムから栄養を吸収するために、ロリスたちもきっと腸内細菌の助けを借りていることでしょう。
今回は、野生下のロリスと飼育下のロリスが実際にガムを食べる様子と、 そのときにロリスの腸内細菌がどのように変化したのかという研究の様子を紹介します。

研究に協力してもらったJMCのレッサースローロリス(スロット)


えさ箱にあるガムを熱心になめるようす

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
 >Korea (map only)
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
博物館資料
連携研究
屋久島研修所
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
国際学術誌「Primates」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
歴史・定款・年報など
スタッフ紹介
全頭誕生日カレンダー
ご支援のお願い
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

大型類人猿情報ネットワーク

緑の回廊プロジェクト

ポレポレ基金

犬山市観光協会

日本モンキーパーク

公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:令和4年5月30日 取扱責任者:木村直人