特別展「モンキーセンター・コレクション 〜博物館を支えるモノ〜」
モンキーセンターには、様々な角度からサルを知るための資料が多数保管されています。
この特別展では、普段は収蔵庫に保管されている生物学資料、民俗資料 など多様な資料を、資料にまつわる博物館の活動と共にご紹介します。

 ■会期:2014/7/19(土)〜8/31(日)
 ■場所:ビジターセンター 特別展示室
 ■主催:公益財団法人日本モンキーセンター
 ■共催:京都大学・霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院
 ■後援:愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、犬山市教育委員会
■ごあいさつ
サルを知ることはヒトを知ること、が私たちの合言葉です。でも、これは日本人にとって決して新しい考えではありません。日本列島には、ヒトが住みつくずっと以前からニホンザルがいて、日本人の暮らしや心に大きな影響を与えてきたからです。欧米諸国にはサルがいないため、サルを対象とした学問は生れませんでした。霊長類学は第二次世界大戦後の日本で生れ、日本モンキーセンターを中心にして育ったのです。

そこで、今回は日本モンキーセンターが約60年にわたって収集してきた資料を公開します。世界に生息する多様な霊長類の骨格標本や、世界各地の霊長類に関する民芸品を展示しています。とくに、豊澤猿二郎氏によって寄贈された猿二郎コレクションは、日本人がサルとともに生きてきた民俗の歴史を伝える貴重な資料です。パネルでは、これらの資料を用いて行われてきた研究や教育風景を紹介しています。

ぜひ、世界に誇るサルのコレクションと出会い、ヒトの秘密を探り当ててください。

日本モンキーセンター博物館長 山極寿一

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人