■JMC通信 2009年1月号(通算第7号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2009年1月号(通算第7号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「動物の変」学芸員 夏目明香

□ニュース
  ・冬の水・木は動物園がお得♪「動物園スペシャルDay!」
  ・チンパンジーの「ツトム」が帰ってきました
  ・シロガオマーモセットの赤ちゃんが生まれました。

□イベント情報
  ・西田利貞所長 特別レクチャー『サル学入門』開催!
  ・冬の風物詩「たき火にあたるサル」開催中!
  ・春休みのわくわく体験キャンプ開催決定!
  ・この冬注目の新イベント

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「動物の変」学芸員 夏目明香■----------------------

あけましておめでとうございます。
今年もモンキーセンターとサル達をよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年の漢字として「変」が選ばれました。政治の変(変革)、
経済の変(変動)、生活の変(変化)・・・。良くも悪くも2008年
は変化の年であった、と振り返っていたところ、ふと、動物の変化
について思い出しました。そこで今回は、「動物の変」についてお
話いたします。

私が奥三河にいた時の思い出深い食べ物に、アナグマ鍋、カラスの
刺身、へぼ飯があります。この「へぼ飯」を皆さんご存知でしょう
か?へぼ=クロスズメバチ、つまり「へぼ飯」はクロスズメバチの
炊き込みご飯です。幼虫の栗のような甘さと、成虫のさくさく感が
たまらない一品です。

この「へぼ飯」ですが、作るためにはクロスズメバチの巣を見つけ
て採取しなければなりません。方法はいたってシンプル。親(成虫)
に目印となる綿をつけて、巣穴に入るまで"ぼう"(追いかける)だ
けです。巣穴を見つけたら煙幕を投入し、親が眠っている間に巣を
掘り出します。

言うのは簡単ですが、親にも個性がありますので、中には樹上高く
を飛行し、途中で見失ってしまうのもしばしばです。しかしどの親
も最後には必ず、巣の一歩手前で止まり、綿を切り離して巣穴に入
ります(親によっては綿を気にせず巣穴に直行するものもいますが)。
この習性から、巣の近くまでぼっていけば、間違いなく巣穴を見つ
けることが出来ました。

しかしここ数年、この習性に変化が出てきました。普通に地面と平
行に飛行していた親が巣穴の近くまで来ると急上昇し、数十m樹上
で綿を切り離してから巣にもどる親が出てきたのです。これでは巣
の近くまでぼっても、巣穴を発見するのは容易ではありません。

この現象は、子孫を残すためにクロスズメバチが獲得した知恵だと
実感しました。小さなことですが、これも動物の変化と言えるので
はないでしょうか。巣が欲しいヒトと取られまいとするハチの攻防。
今後どうなっていくか楽しみです。

さて、2009年が始まりました。モンキーセンターの2009年は、楽し
い変化のある年にしていきたいと思いますので、よろしくお願いい
たします!


■ニュース■-----------------------------------------------

●冬の水・木は動物園がお得♪「動物園スペシャルDay!」

冬の水・木は、遊園地はお休みしますが、動物園だけ営業します。
名づけて「動物園スペシャルDAY!」
動物園を楽しむための特典をいっぱいご用意しました。

1.入園料超割引♪(おとな1600円→600円、こども800円→300円)
2.駐車場無料♪
3.「たき火にあたるサル」毎日開催♪(12/21(日)以降)
    ほかほかおイモタイム(下記参照)もあります。
4.特別展クイズラリー実施♪
    正解者にはオリジナルグッズプレゼント!

日程:〜2/26(木)の毎週水・木
  (但し、2/11は通常営業、2/18は全園休園)
営業時間:11:00〜16:00

ぜひこの機会に、動物園をじっくり楽しみにいらしてください。

なお「動物園スペシャルDAY!」は、バスは運行いたしません。ま
た園内のレストランや売店等は全て営業していませんので、ご注意
ください。


●チンパンジーの「ツトム」が帰ってきました

繁殖のための貸出し「ブリーディングローン」で和歌山県のアドベ
ンチャーワールドに出張していたチンパンジーのツトムが、繁殖に
成功し、無事任期(!?)を終えてモンキーセンターに帰ってきました。

さて、5年ぶりに再会した彼らの反応は、、、!?

扉が開くと、、、ツトムは、あいさつをするでもなく、力を誇示す
るディスプレイをするでもなく、しれっとアキコ、ナオコの部屋へ。
あっけにとられるアキコとナオコ。
微妙な距離を保ったままの3頭の関係はどうなっていくのでしょう?

3頭の様子を見ていると、アキコは「まぁ男の顔は立てなきゃね」
といった感じでツトムを認めている様子ですが、ナオコは「私が上
よ!」と言わんばかり。
なんとかツトムにがんばってもらおうとスタッフも試行錯誤してい
ますが、仲は良くなってきたものの、この上下関係は今のところ変
化なし。

皆さまも、ぜひツトムを応援してやってください。下くちびるがデ
レっとしている点を除けば、けっこうイケメンだと思うんですけど
ね。


●シロガオマーモセットの赤ちゃんが生まれました。

まだプレス発表前ですが、JMC通信読者の皆様だけにお知らせです!
1月14日、南米館で飼育しているシロガオマーモセットに、赤ちゃ
んが産まれました!
大人でも体重約250gという小型のサルですが、赤ちゃんは約25gほ
どで産まれてきます。なんと10円玉5枚の重さです!

しかし今回出産したのは、前回の出産の際うまく子育てできなかっ
たお母さんです。また通常双子で産まれるのですが、今回は三つ子
で、皆危険な状態でした。
3頭のうち、残念ながら1頭はすぐに亡くなってしまいましたが、担
当者の努力と細心の注意で、2頭がすくすく育っています。

ここで読者の皆様に大サービス!!
「JMC通信見たよ!」とスタッフに言っていただければ、読者の皆
様だけに、ちょっとだけ赤ちゃんたちをお見せいたします♪

ただ、午前中は作業が忙しいため、午後のみとさせてください。
また、まだ夜は飼育員が自宅に持ち帰って世話をしているので、担
当者がお休みの日はご覧いただけません。赤ちゃんの体調によって
はご覧いただけない場合もありますことを、ご了承ください。


■イベント情報■--------------------------------------------

●西田利貞所長 特別レクチャー『サル学入門』開催!

野生チンパンジー研究の第一人者、西田利貞所長による特別レクチャー
を開催します!

昨年“人類学のノーベル賞”とも言われる“リーキー賞”を受賞。
サンフランシスコで開催された受賞記念パーティの入場料は、
2500ドル(日本円だ と20万円以上)だったのですが、それでも
満員の盛況(多くが会社の社長)だったそうです。

そんな西田所長のレクチャーを入園料のみで聞けるチャンスです!
ぜひご参加ください。

日時:2009年2月14日(土) 11:00〜12:00
場所:日本モンキーセンター内 ビジターセンター
参加方法:通常入園の上、11:00までにビジターセンターのホール
     にお集まりください。


●冬の風物詩「たき火にあたるサル」開催中!

恒例の「たき火にあたるサル」を、今年も開催しています。
昨年は土日祝日のみでしたが、今年は毎日開催!

日程:2/28(土)の毎日(2/18(水)を除く)
場所:モンキーバレイ ※荒天時中止

◆たき火にあたるサル
時間:11:30〜14:00
火をこわがるはずのサルたちが、たき火を囲んでポカポカ!?
伊勢湾台風の年から続く、冬の風物詩です。

◆ほかほかおイモタイム
時間:14:00〜
飼育員のガイドのあと、たき火で焼いたおイモをサルたちがぼおば
ります。お客様にも、ほかほかおイモをお召し上がりいただきます。
サルたちが食べているのと同じ、世界一おいしい(!?)おイモです!
※お客様にお召し上がりいただくおイモは、十分ご用意いたします
が、数に限りがあります。


●春休みのわくわく体験キャンプ開催決定!

子どもたちだけの、1泊2日の体験キャンプを開催します。
だれもいない閉園後、開園前の動物園を独占したガイドツアーや、
クイズラリー、森の工作など楽しい体験イベントもいっぱい!
遊園地での乗り放題もあります。

出発日:3/26(木)、4/2(木)(名古屋発)、3/30(月)(三河発)

詳しくは、以下の名鉄観光のサイトで、「日本モンキーパーク」と
検索してください。
http://www.mwt.co.jp/kokunai/chubu/index.shtml


●この冬注目の新イベント

おなじみ、神出鬼没のシークレットガイドに加え、この冬は新しい
イベントが盛りだくさん!

◆モンキーセンター クイズ&ガイド
飼育員のガイドを聞いて、クイズにチャレンジ!
クイズ正解者にはプレゼントも♪
平日:11:30※、13:30
土日祝日:11:30※、13:30、14:30、14:50※
※印の回はミニツアー形式で開催。
場所:直前の放送をお聞きください

◆Waoランド わくわくタイム
シマシマしっぽのワオキツネザルに大接近!
平日:12:35
土日祝日:11:45、12:35
場所:Waoランド


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!
最近の更新は・・・

vo188「HP担当者から・お知らせ・〜写真つきの更新が遅れます〜」
   2009/1/18更新
vo187「新しい年も明け…」2009/1/10更新
vo186「明けましておめでとうございます。」2009/1/5更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

今年のお正月は、「奇跡のみかん」で賑わいました!

実は、ゴリラのウンチに混じっていたみかん(ハッサク)が奇跡的
に生き残り、大樹となり、甘い実を結んだのです。この確率を計算
してみると、なんと約1/2000000!! その計算式は、、、

18粒(平均的含種数)×10個(1日の給餌数)
×365日×30年(アフリカセンターの歴史30年)
=1971000粒
※種の粒数はハッサクなど大型柑橘類の最近実際に数えた内輪の数字です。

このみかんを、1月1日、2日に抽選でプレゼントしました。

「実はウンチに、、、」という説明に、嫌な顔をされないかしらと
いう心配をよそに、みなさん喜んでお持ち帰り頂けました。よかっ
たよかった。(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人