■JMC通信 2009年2月号(通算第8号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2009年2月号(通算第8号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「動物のイメージ」学芸員 赤見理恵

□ニュース
  ・バレンタイン・カップル割引のご案内
  ・2/18(水)は休園します
  ・シロガオマーモセットの赤ちゃん、元気に育っています♪
  ・キュレーター(学芸員)を公募しています。

□イベント情報
  ・西田利貞所長 特別レクチャー『サル学入門』2/14開催
  ・あとわずか!「たき火にあたるサル」2/28(土)まで実施中
  ・春休みの「わくわく体験キャンプ」申込受付中
  ・先生のための博物館・動物園活用講座のご案内

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「動物のイメージ」学芸員 赤見理恵■----------------

「サルの絵を描いてください」
さて、あなたならどんな絵を描きますか?

 私が学生の頃、動物園や水族館でお客様に協力していただき、
ある調査を実施したことがあります。
ペンギンの展示を見る前にペンギンの絵を描いてもらい、見た後に
もう一度描いてもらうのです。
すると、、、
ピンクのペンギンを描いた方は、黒と白に塗り変えました。
二頭身のペンギンを描いた方は、スラッとした姿に書き変えました。
直立不動で動きのなかった多くの絵は、水しぶきをあげて泳ぐ姿、
何羽かで集まる姿など、いきいきとした絵に変わりました。

 私たちの中にある動物のイメージは何からできているのでしょう?
絵本?テレビ?それとも動物園でしょうか。
ペンギンは、どうやら絵本やキャラクターに出てくる、ずんぐりと
丸っこいイメージが定着しているようです。

 では、サルはどうでしょう?
 現在開催している特別展「あなたのまわりにひそむサル」では、
私たちの身近にある様々な道具やおもちゃ、乗り物、生きものなど
に、サルがひそんでいることを紹介しています。
 その中で、昔のおもちゃを展示したコーナーがあります。
ゼンマイで動くブリキのサルたちは、服を着て、タイコをたたいた
り、オートバイに乗ったり、宙返りしたり。一昔前のサルのイメー
ジって、やはり“芸をする動物”だったのでしょう。

 今の私たちにとって、サルのイメージはどんなものでしょう?
本物のサルを前にすると、ガラっとイメージが変わることもありま
すよ。ぜひ本物のサルたちに、会いにきていただければ幸いです!


■ニュース■-----------------------------------------------

●バレンタイン・カップル割引のご案内

モンキーセンターではこの冬、恋するカップルを応援しようと、バ
レンタイン・カップル割引を実施します!!男女のカップルでご来
園いただくと、入園料が2人で1人分に♪
その他、園内で特典もご用意しています。
寒い冬、ぜひモンキーセンターで恋をあたためて!

期間:〜2009年2月14日(土)
対象:男女のカップルで来園されたおとなの方(中学生以上)

入園特典:2人で1人分の入園料に
     (通常おとな2名で3200円のところ、1600円)
動物園特典:@動物村入村無料(通常2名で400円)
       あたたかいネズミトンネルで動物たちとふれあって!
      A森の工作室無料(2人で1つ)(通常1作品300円)
       どんぐりなど森の素材で作品づくり。
遊園地特典:@飲食店でワンドリンク無料
      A観覧車 カップル専用ゴンドラ一回乗車無料

webサイト上の「バレンタイン・カップル割引券」を印刷の上、必
要事項を記入してゲートでご提示ください。
http://www.j-monkey.jp/news/20090205Valentine/index.html

※2月12日(木)の動物園スペシャルDAY!は別途入園料割引があるた
め、使用できません。


●2/18(水)は休園します

園内整備のため、2月18日(水)は動物園、遊園地ともに休園いたし
ます。ご了承ください。


●シロガオマーモセットの赤ちゃん、元気に育っています♪

JMC通信1月号でお知らせしたシロガオマーモセットの赤ちゃんたち
が、順調に育っています!

産まれた時は25gほどだった体重も、今では50gまで成長しました。
といっても、小さなサルの小さな赤ちゃんたち。ミルクをあげると
きは、哺乳瓶なんて使えません。注射器に細いゴムの管をつけて、
細心の注意を払って、すこーしずつ飲ませます。

前回お知らせしました、読者の皆様のためだけの大サービスは、ま
だまだ実施中です!
「JMC通信見たよ!」とスタッフに言っていただければ、読者の皆
様だけに、ちょっとだけ赤ちゃんたちをお見せいたします♪

ただ、午前中は作業が忙しいため、午後のみとさせてください。
また、まだ夜は飼育員が自宅に持ち帰って世話をしているので、担
当者がお休みの日はご覧いただけません。赤ちゃんの体調によって
はご覧いただけない場合もありますことを、ご了承ください。


●キュレーター(学芸員)を公募しています。

日本モンキーセンターの博物館活動を担うキュレーター(学芸員)
を公募しています。〆切は2月15日です。

募集職種:キュレーター(自然史、生物進化、生物多様性、エコシ
ステム、地球 環境、地域に根ざした環境教育などに関心の高い方
で、動物園の営業企画、 展示、教育、普及活動を積極的に推進し
ていく方。)
雇用条件:契約社員
業務内容:営業企画、展示、教育、普及活動、レクチャー
募集人員:1名
応募資格:大学卒、学芸員資格保持者又は資格取得見込の方
    (4月より勤務可能な方)

待遇や応募方法など詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/help_wanted/index.html


■イベント情報■--------------------------------------------

●西田利貞所長 特別レクチャー『サル学入門』2/14開催

野生チンパンジー研究の第一人者、西田利貞所長による特別レクチャー
を開催します!

昨年“人類学のノーベル賞”とも言われる“リーキー賞”を受賞。
サンフランシスコで開催された受賞記念パーティの入場料は、
2500ドル(日本円だ と20万円以上)だったのですが、それでも
満員の盛況(多くが会社の社長)だったそうです。

そんな西田所長のレクチャーを入園料のみで聞けるチャンスです!
ぜひご参加ください。

日時:2009年2月14日(土) 11:00〜12:00
場所:日本モンキーセンター内 ビジターセンター
参加方法:通常入園の上、11:00までにビジターセンターのホール
     にお集まりください。


●あとわずか!「たき火にあたるサル」2/28(土)まで実施中

恒例の「たき火にあたるサル」は、2月末までの開催です。
あと2週間ちょっとですので、ぜひお見逃しなく!

日程:2/28(土)までの毎日(2/18(水)を除く)
場所:モンキーバレイ ※荒天時中止

◆たき火にあたるサル
時間:11:30〜14:00
火をこわがるはずのサルたちが、たき火を囲んでポカポカ!?
伊勢湾台風の年から続く、冬の風物詩です。

◆ほかほかおイモタイム
時間:14:00〜
飼育員のガイドのあと、たき火で焼いたおイモをサルたちがぼおば
ります。お客様にも、ほかほかおイモをお召し上がりいただきます。
サルたちが食べているのと同じ、世界一おいしい(!?)おイモです!
※お客様にお召し上がりいただくおイモは、十分ご用意いたします
が、数に限りがあります。


●春休みの「わくわく体験キャンプ」申込受付中

子どもたちだけの、1泊2日の体験キャンプを開催します。
だれもいない閉園後、開園前の動物園を独占したガイドツアーや、
クイズラリー、森の工作など楽しい体験イベントもいっぱい!
遊園地での乗り放題もあります。

出発日:3/26(木)、4/2(木)(名古屋発)、3/30(月)(三河発)

詳しくは、以下の名鉄観光のサイトで、「日本モンキーパーク」と
検索してください。
http://www.mwt.co.jp/kokunai/chubu/index.shtml


●先生のための博物館・動物園活用講座のご案内

日本モンキーセンターでは、専門知識を持った学芸員が常駐し、
学校団体向けの様々な教育プログラムを実施しています。
学校の先生方に、このようなプログラムを活用していただきたいと、
春休みに活用講座を企画しました。ぜひご参加ください。

日時:2009年3月28日(土) 10:00〜12:30
対象:学校(小学校、中学校、高等学校等)の教職員の方、
   幼稚園、保育園の職員の方、先着50名様
場所:日本モンキーセンター内 ビジターセンター
参加費:無料(入園料も無料となります)

日程:9:30〜    受付開始
   10:00〜10:50 サル学基礎講座・学校と動物園の連携実践
          事例紹介・質疑応答
   10:50〜11:40 学芸員による園内ガイド
   11:50〜12:20 標本庫などのバックヤード見学
   12:20〜12:30 質疑応答等
   12:30    解散

参加方法など詳細は、以下のページをご覧下さい。
http://www.j-monkey.jp/education/index.html


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!
最近の更新は・・・

vo191「さぶっ」2009/2/3更新
vo190「朗報!!!」2009/1/28更新
vo189「職員紹介」2009/1/28更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

今年の冬はどうしたのでしょう?
例年だと園内が雪で真っ白になる日が少なくとも2、3回はあるもの
ですが、今年は1回うっすら積もった日があっただけです。

しんしんと降り積もった、あたり一面の雪景色の中で、ヤクニホン
ザルが湯気の沸き立つ焼いもをほおばる姿は、とっても絵になるん
ですよ!
そんな姿を今年はまだ見られないのが、ちょっとさびしいです。
雪かきをしなくて良いのはありがたいんですがね。(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人