■JMC通信 2009年8月号(通算第14号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2009年8月号(通算第14号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「夏休みの思い出と博物館体験」学芸員 赤見理恵

□ニュース
  ・チンパンジーのシノが永眠しました
  ・エリマキキツネザルのメイ、元気に育っています!
  ・フローズンフルーツの販売開始!

□イベント情報
  ・特別展「進化のおもちゃ箱 マダガスカル展」開催中!!
  ・「骨のレプリカをつくろう!」が始まります!
  ・犬山市の理科の先生方による「サイエンスショー」開催!
  ・第5回モンキーフォトコンテスト、9月末が〆切です!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「夏休みの思い出と博物館体験」学芸員 赤見理恵-----

 残りわずかとなった夏休み。
みなさん、素敵な思い出はできましたか?

 私の子ども時代の夏休みと言えば、やはり「海」。
父親が海釣りにハマッていまして、家族で海まで行き、父親は乗合
船で沖合いへ。母親と子どもたちは夕方まで海辺で泳いだり磯遊び
をしたりして過ごすのが夏の恒例のすごし方でした。海の中は魅力
的なモノでいっぱいです。魚や貝などを必死に採っては、姉妹で自
慢し合っていました。

 いつも訪れていた真鶴の岩港には、「遠藤貝類博物館」という小
さな私設博物館があります。私たちが通っていた頃には1階の一角
に釣りエサや日用品、パンなどを扱う小さなお店も併設していたの
で、お昼のパンを買いにいくついでに、海で採った自慢の貝を見て
もらうのが常でした。

 自分が採集した貝に、名前がついて、生きていた頃にどんな姿だ
ったかを教えてもらえるというのは、子供心にとてもうれしいこと
でした。タカラガイは生きている時は膜のような体が貝殻を半分く
らい包んでいるという話に、想像を膨らませワクワクしたのを覚え
ています。館長さんはとてもやさしく楽しい方で、子どもだった私
たちの話に耳を傾け、大切な標本を出して見せてくれました。

 今、私は日本モンキーセンターという博物館で学芸員をしている
わけですが、ふと思い返してみると、子どもの頃の、こんな博物館
体験が影響しているのかなー、なんて懐かしく思い出されます。
みなさんも素敵な夏の思い出、作ってくださいね。


■ニュース■-----------------------------------------------

●チンパンジーのシノが永眠しました

七月十四日朝、チンパンジーのシノ(雌)が永眠しました。
いつもどおりに元気でおりましたが、夜間に発作を起こし、誤嚥に
より死亡しました。享年十四歳でした。シノは生後十ヶ月の時から
脳に障害を受け、右半身麻痺での生活を送ってきましたが、群れの
仲間達と共に暮らすこともできました。十四年はチンパンジーとし
ては短い生涯でしたが、シノは、生きる勇気と希望を私たちに与え
てくれました。
永年のお付き合いを頂き、ありがとうございました。


●エリマキキツネザルのメイ、元気に育っています!

5月号と6月号でお伝えしたエリマキキツネザルの双子の赤ちゃんの
続報をお知らせします!

双子のうち、生まれたときから少し小さかったオスの赤ちゃんは、
残念ながら亡くなってしまいました。でも、メスの赤ちゃんは元気
に育っています!
春に募集していた「サルの赤ちゃん名づけ親権」にお申込いただい
た方に「メイ」というかわいらしい名前をつけていただき、飼育員
やお客様からの愛情をうけて、急激に大きくなっています!生まれ
たときの体重は93gでしたが、今では約1kgにまで成長しました。

メイは、健康のために運動や日光浴をしなくてはいけません。そん
な様子をシークレットガイドとしてお客様にご覧いただいています。
シークレットガイドは、直前の放送で場所と時間をお知らせする、
神出鬼没のガイドです。園内で放送がかかったら、ぜひ耳を澄まし
てみてくださいね。


●フローズンフルーツの販売開始!

まだまだ暑い日が続きます。
サルたちを見ながら冷たいフルーツに舌鼓、なんていかが?

モンキーセンターでは、夏限定でオリジナルブレンドのフローズン
フルーツを企画し、販売しています。飼育員や学芸員が時間を作っ
て販売していますので、販売日時は不定期。土日の午後を中心に時
間限定で、Waoランドの前の広場で販売しています。

お値段は、8種類のフルーツとマシュマロが入って、1カップ400円。
販売している様子を見かけたら、ぜひ試してみてくださいね!


■イベント情報■--------------------------------------------

●特別展「進化のおもちゃ箱 マダガスカル展」開催中!

巨大なバオバプの木、キツネザルやカメレオンなど摩訶不思議な動
物たち、そして、かつて闊歩していた巨鳥・エピオルニス。アフリ
カ大陸の南東に浮かぶマダガスカル島は、独自の進化を遂げた動植
物の宝庫です。
この特別展では、マダガスカルの生物たちの不思議に迫ります。

会期:〜2010年1月11日(月・祝) →好評につき会期延長!
場所:ビジターセンター内 特別展示室
主催:財団法人日本モンキーセンター
後援:マダガスカル大使館、愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、
犬山市、犬山市教育委員会、マダガスカル航空、名古屋鉄道株式会



●「骨のレプリカをつくろう!」が始まります!

夏休みの自由研究にはもってこいの企画が、夏休み後半からスター
トしました!
サルの骨格標本からとった型を使って、石膏でレプリカ標本を作り
ます。種名、学名、標本番号などを記した標本ラベルも一緒に作っ
て添付します。学芸員が指導しますので、標本にまつわる様々な話
を聞けるチャンスです!

日時:8/17(月)〜8/31(月)の平日(火曜日を除く)13:30〜
場所:ビジターセンターホール ※材料費1つ100円、※先着20名様


●犬山市の理科の先生方による「サイエンスショー」開催!

モンキーセンター初企画!!
地元・犬山市の理科の先生方にご協力いただき、科学の不思議に迫
る「サイエンスショー」を開催します!
内容はヒミツですが、「バチッ」としたり「もわ〜っ」としたり、
楽しくてびっくりすること間違いなしです。

日時:8/22(土)、8/29(土) 14:00〜と15:30〜の2回開催
場所:ビジターセンター内ホール
入園料のみでご参加いただけます!


●第5回モンキーフォトコンテスト、9月末が〆切です!

モンキーフォトコンテストは、財団法人日本モンキーセンターが主
催するフォトコンテストです。
動物をテーマとした作品を広く募集しています。

「サルじゃなくてもいいの?」・・・動物ならなんでもOKです!
「園内の写真じゃなくてもいいの?」
     ・・・他の動物園やペット、野生動物等でもOKです!

募集部門は、フイルムカメラ部門、デジタルカメラ部門、小中学生
部門の3部門。郵送、持参、Webサイトの応募フォームからご応募い
ただけます。

応募方法や条件など詳しくは↓
http://www.j-monkey.jp/photo.html


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo222「向日葵」2009/8/18更新
vo221「夏の主役!」2009/8/12更新
vo220「梅雨明け!」2009/8/5更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

JMC通信の原稿を書いている今日は、東京から子どもたちが集まる
「日本モンキーセンター スーパーサマースクール」の最終日。
東京からはるばる犬山まで来てくれた子どもたちに、その動機を聞
くのが、いつもとても楽しみです。

私  「どうして今回参加したの?」
Aさん「Bさんに誘われたから。同じマンションに住んでるの。
   動物はあんまり好きじゃなかったけど、結構好きになったよ!」
Bさん「私が誘ったの!動物園で飼育係とか獣医さんになりたいの!」
私  「飼育係や獣医師になるなら、ちゃんと勉強しなきゃね。」
Bさん「うん。他の動物園の人にもそう言われて、けっこう勉強
   がんばってるんだよ。」

うーん、夢があるっていいですね〜(T^T)
夜遅くまで子どもたちと過ごして体はクタクタですが、気持ち的に
は元気をもらった気がします。(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人