■JMC通信 2009年9月号(通算第15号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2009年9月号(通算第15号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム 「展示方法」学芸員 江藤彩子

□ニュース
  ・世界最大、最強の毒グモ!ゴライアスバードイーター来襲
  ・マンドリルの赤ちゃんが産まれました!
  ・“国際結婚”のボウシテナガザルに赤ちゃん誕生!
  ・中日文化センターでモンキーセンターの講座新設!

□イベント情報
  ・シルバーウィーク目前!おすすめイベントご紹介
  ・ウルトラセブンで活躍したポインターがやってくる!
  ・秋のイベント、始まりました!
  ・サルのごみ箱デザインコンテスト、募集開始!
  ・第5回モンキーフォトコンテスト、9月末が〆切です!

□webサイトより
  ・秋のイベント情報を掲載
  ・「飼育室」更新中

□通算第15号記念!読者限定プレゼント
  ・オリジナルポストカード、お好きな1枚プレゼント!

□編集後記


■コラム「展示方法」学芸員 江藤彩子------------------------

 先日、遅めの夏休みをいただき田舎に帰省しました。
就職報告も兼ねて、学生時代に博物館実習でお世話になった町立の
恐竜博物館を訪問しました。

 ちょうど企画展が開催されており、学芸員さんから展示の裏話を
聞くことができました。その博物館は学芸員が1人しかおらず、企
画展の展示も1人でされたそうです。展示物搬入日と開館日の関係
で、1晩で展示設置をされたとか。限られたスペースで巨大な恐竜
の全身骨格標本を迫力が出るように見事に展示されていたので、感
心しました。

 他の動物園や博物館、美術館を観ることは、動物展示方法や掲示
物等の勉強になります。通常の来館者が見ないような変なところも
見るので、博物館側としては嫌な客かもしれません。

 私は展示物の劣化が進まないようにどのような照明がされている
か、どのようにして展示物を魅せる工夫がされているかなどをよく
見ます。今開催中のマダガスカル展で展示しているパネルや写真は、
感動が伝わりやすいように、私なりに考えて配置しました。

 どの動物園、博物館でも様々な展示の工夫がされています。
展示物だけでなく、その展示方法や照明などにも目を向けてみると、
新しい発見や館の工夫が見えてきます。きっと、普段とは違った楽
しみ方ができますよ。


■ニュース■-----------------------------------------------

●世界最大、最強の毒グモ!ゴライアスバードイーター来襲

「バードイーター」=鳥を食べる者。
なんと、鳥まで食べてしまうという巨大なクモが日本モンキーセン
ターにやってきました。最大幅(足を広げた状態)が20〜25cmと言
いますから、大人が両手の平を広げたよりも大きいのです。

わくわくミニ動物村には今年、“世界一”を称する動物が続々と集
まっています。世界最大(体長)のマダガスカルオオゴキブリやヘラ
クレスオオカブトムシ、世界最大のウサギ・フレミッシュ・ジャイ
アント、世界最小の犬・チワワなどに、ふれあったり、一緒に記念
撮影をすることができます。

今回の「ゴライアスバードイーター」は、猛毒のため触れ合うこと
はできませんが、一見の価値アリです。ご来園の際は、ぜひわくわ
くミニ動物村にお立ち寄りください。


●マンドリルの赤ちゃんが産まれました!

8月31日、アフリカセンターのマンドリル「ヤスヨ」に赤ちゃんが
産まれました!赤ちゃんは女の子で、「ヤッコ」と名づけました。
お母さんに抱かれ、すくすくと育っています。

マンドリルは、派手な顔が印象的なサルです。顔の正中部は赤く、
吻の両側には溝があって鮮やかな青色になります。
では、その赤ちゃんの顔は何色なのでしょうか?
答えは、他のサルと同じ「肌色」です。でも、大人になったら青色
になる部分に、すでに溝ができています。
これからの成長が楽しみです♪

Webサル図鑑のマンドリルはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Mandrillus/Mandrillus.html#M_sphinx


●“国際結婚”のボウシテナガザルに赤ちゃん誕生!

希少なボウシテナガザルの飼育下繁殖に取り組むため、昨年アメリ
カの保護施設と、繁殖のための個体交換が実現しました。モンキー
センター生まれのオスが渡米し、交換でアメリカからメスがやって
きたのです。待望の“お嫁さん”の名前は「カナコ」。

来園した「カナコ」は、モンキーセンター生まれのオス「カン」と
の相性も良く交尾も確認され、二世誕生の期待が高まっていました。
そして9月14日(月)の朝、「カナコ」が赤ちゃんを抱いていたので
す♪数年越しの待望の赤ちゃんに、スタッフ一同大喜びでした。

実はこのニュース、JMC通信の読者の皆さまだけに特別にお伝えす
るもので、まだマスコミ等には発表していません。出産後間もない
母子を、しばらくは静かに見守りたいからです。
ご来園の際には、どうかそっと見てあげてくださいね。

Webサル図鑑のボウシテナガザルはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Hylobatidae/Hylobates/Hylobates.html#H_pileatus


●中日文化センターでモンキーセンターの講座新設!

この秋から、中日文化センターで日本モンキーセンターの講座が新
設されることになりました!
栄中日文化センターでは、10月〜3月の6ヶ月講座を開催。
また5ヶ所の中日文化センター(犬山、一宮、大府、豊田、鳴海)で
は、1日のみの現地講座を開催します。

▼栄中日文化センターでの連続講座
講座名:財団法人日本モンキーセンター共催
    サル学入門ーサルを知ることは人を知ること
日時:10月〜3月の第2木曜日  朝 10:00〜11:30
会場:栄中日文化センター(名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル4階)
   最終回のみ日本モンキーセンター
講師:財団法人日本モンキーセンター主任学芸員 高野智ほか
詳しくは栄中日文化センターのホームページをご覧ください。
http://www.chunichi-culture.com/

▼5ヶ所の中日文化センターでの現地講座
講座名:日本モンキーセンターバックヤードツアー
日時:10月25日(日) 10:00〜12:00(犬山、大府、鳴海)
   11月7日(土) 10:00〜12:00(一宮、豊田)
場所:日本モンキーセンター 現地集合・解散
詳しくは各中日文化センターのホームページをご覧ください。
http://www.chunichi-culture.com/inuyama/(犬山)
http://www.chunichi-culture.com/ichinomiya/(一宮)
http://www.chunichi-culture.com/obu/(大府)
http://www.chunichi-culture.com/toyota/(豊田)
http://www.chunichi-culture.com/narumi/(鳴海)


■イベント情報■--------------------------------------------

●秋のイベント、始まりました!

9/12(土)より、秋のイベントが始まりました!
食欲の秋、スポーツの秋など、秋らしいイベントが目白押しです。

「やっぱり食欲の秋よね!」という方にオススメなのが、「サルと
楽しむ秋の味覚」。普段のメニューにないスペシャルな“秋の味覚”
に、サルたちの反応は!?お客様にもご試食いただけます。

「スポーツの秋!」という方には、「サルリンピック」がオススメ
です。体育の日、サルたちの運動能力にちなんだ種目にチャレンジ
していただきます。

秋のイベントの詳細はこちら→http://www.j-monkey.jp/event/


●シルバーウィーク目前!おすすめイベントご紹介

シルバーウィークこと、秋のGWが目前に迫りました!この間、盛り
だくさんのイベントをご用意してご来園をお待ちしております。

9/19(土)〜23(水)限定で開催するのが「生物多様性ミニレクチャー」
です。ちょっと難しそうですが、学芸員が多様なサルたちについて
楽しくお話いたします。
また、土曜日の「自然体験ゲーム」、日曜日の「プレミアムバック
ヤードツアー」と「サルと楽しむ秋の味覚」もお楽しみに。


●ウルトラセブンで活躍したポインターがやってくる!

あのウルトラセブンで活躍した、科学特捜隊専用車ポインターが、
日本モンキーセンターにやってきます!

「なぜ日本モンキーセンターでウルトラマンセブン?」と思われる
かもしれませんが、実は、ウルトラマンセブンの第44話「恐怖の超
猿人」の撮影舞台は日本モンキーセンター。当時日本で初めて飼育
し話題となっていたゴールデンライオンタマリンをモデルにした
「ゴーロン星人」が、モンキーセンターを舞台に暴れまわったので
す。

日時:9/22(火) 朝〜お昼頃まで ※雨天中止
場所:ビジターセンター前(当時と同じ場所です!)

ただし、車は1950年代のものなので、故障などで来園できない場合
もあります。ご容赦ください。開催の有無は、当日お電話にてお問
合せいただくと安心です。


●サルのごみ箱デザインコンテスト、募集開始!

園内に設置されているサルのごみ箱のデザインを募集します!!
あなたの好きなサルにごみ箱を変身させてください。
また園内には、モンキーセンターのスタッフがデザイン&着色した
ごみ箱がすでに設置されています。『スタッフ労作ごみ箱見て歩き』
もお楽しみください。中にはあれっ!という作品も隠れています。

参加資格:不問(どなたでも)
応募締切:2009年10月31日(土)まで(必着)
賞:ごみ箱デザイン賞など計3賞(各1点ずつ)
  (賞状・トロフィー・粗品)
  入賞作品は園内のごみ箱として設置されます。
  (ごみ箱にはこちらで着色します。)
発表:11月8日(日)にホームページにて発表。
表彰式:11月22日(日)AM11:00〜

応募要綱、応募用紙など詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/dustbox/


●第5回モンキーフォトコンテスト、9月末が〆切です!

モンキーフォトコンテストは、財団法人日本モンキーセンターが主
催するフォトコンテストです。
動物をテーマとした作品を広く募集しています。

「サルじゃなくてもいいの?」・・・動物ならなんでもOKです!
「園内の写真じゃなくてもいいの?」
     ・・・他の動物園やペット、野生動物等でもOKです!

募集部門は、フイルムカメラ部門、デジタルカメラ部門、小中学生
部門の3部門。郵送、持参、Webサイトの応募フォームからご応募い
ただけます。

応募方法や条件など詳しくは↓
http://www.j-monkey.jp/photo.html


■webサイトより■-------------------------------------------

●秋のイベント情報を掲載

上記イベント情報でもお知らせした、秋のイベントのページをUPし
ました。こちらをご覧ください↓
http://www.j-monkey.jp/event/


●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo227「ラジオ出演!!」2009/9/16更新
vo226「変なやつ」2009/9/9更新
vo225「秋の収穫に向けて」2009/9/2更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■通算第15号記念!読者限定プレゼント■----------------------

●オリジナルポストカード、お好きな1枚プレゼント!

JMC通信は今月号で通算第15号を数えました。
そこで皆さまのご愛読に感謝し、オリジナルポストカードをプレゼ
ントいたします!

今月号のJMC通信を1枚目だけプリントアウトし、余白部分にJMC通
信へのご感想やご意見をお書きください。園内のビジターセンター
にお持ちいただければ、オリジナルポストカード7枚のうち、お好
きな1枚をプレゼントいたします。
プレゼント期間は、次回JMC通信配信予定日の10/22(木)まで。


■編集後記■------------------------------------------------

今回のJMC通信、長かったです〜
最後まで読んでくださった皆さま、本当にありがとうございます!

私事ですが、先日我が娘(2才)が、地元スーパー主催の「夏の思い
出の絵コンテスト」で人生初入選。ラクガキのような絵だったので
すが、良かったのかしら!?

さて、当園の「サルのごみ箱デザインコンテスト」は、小さなお子
様から大人の方まで、どなたでもご参加いただけます。もちろん、
ラクガキのような絵でも大歓迎です♪(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人