■JMC通信 2010年3月号(通算第21号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年3月号(通算第21号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「新しい特別展が始まります」主任学芸員 高野智

□ニュース
  ・春の出産ラッシュ、始まってます!
  ・「ニホンザルの丘」公開準備中です
  ・特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」3/20にオープン!

□イベント情報
  ・第55回写生大会 4/1より開催!
  ・第6回モンキーフォトコンテスト 4/1より募集開始!
  ・モンキーカレッジ2010 4/1より募集開始!
  ・第2回モンキーミーティング2010 5/1(土)開催決定!
  ・たいけん!モンパちっく 3/6より開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 事前申込受付中!
  ・先生のための博物館・動物園活用講座
   「骨を究める 〜骨から学ぶ進化と多様性〜」

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「新しい特別展が始まります」主任学芸員 高野智-----

 美しく、雄大な、母なる大自然・・・。都市生活に疲れた私た
ちは、人の手の入らない自然環境に癒しを求め、そこに暮らす生
き物たちに親近感を抱きます。

 しかし、現実の自然は甘くありません。そこは、生き物たちが
生き残りをかけて闘う戦場であり、油断すれば命すら失いかねな
い危険に満ちているのです。そんな戦場を生き抜くうち、ある生
き物は自らの身を守るために、またある生き物は日々の糧を得る
ために、鋭い棘や牙、強力な毒などの多様な手段を進化させてき
ました。これらの手段は、必ずしも人間を標的にしたものではあ
りませんが、ひとたび接触すれば人間に害をなす危険な生き物が、
身近な自然の中にも数多く存在します。

 危険な生き物たちは、美しい自然のイメージとは対極にありま
す。しかしかれらもまた生物多様性の一翼を担う、紛れもない自
然の一構成員なのです。3月20日(土)から、新しい特別展「進化
の異端児・有害有毒生物展」が始まります。危険な有害・有毒生
物たちを通じて、生物多様性の幅広さに思いをめぐらせていただ
ければ幸いです。


■ニュース■-----------------------------------------------

●春の出産ラッシュ、始まってます!

春は、ヤクニホンザルやワオキツネザルの出産シーズン。
今年も3月5日のワオキツネザルの赤ちゃんを筆頭に、次々と赤ちゃ
んザルが誕生しています!

ワオキツネザルの去年のシーズン最初の出産は3月21日でしたから、
今年はちょっと早めかも。お母さんに抱かれたかわいらしい赤ちゃ
んに、ぜひ会いにきてくださいね。


●「ニホンザルの丘」公開準備中です。

1月末から続々とモンキーセンターにやってきたニホンザルたちは、
すでに100頭を超えました。

宮島からやってきたこのサルたちは、もともと宮島にはいません
でしたが、観光と研究の目的などで島に放され数を増やしてきま
した。このまま数が増えると様々な問題が起こるのではと、5年計
画で全頭を捕獲することが決まったのです。モンキーセンターは
依頼を受け、協同での捕獲作業と、サルたちの受入れをしていま
す。

現在は健康チェックや個体の登録を順次進めています。サルたち
の状況次第ではありますが、3月末頃に「ニホンザルの丘」として
公開予定です。公開が決まりましたら、ホームページにてご案内
いたしますので、お楽しみに!


●特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」3/20にオープン!

猛毒や危険な棘を持っていたり、凶暴だったりと、世界には危険
な生き物がいっぱいいます。そんな危険な生き物たちの世界を紹
介する特別展が、3月20日(土)にオープン!!

スズメバチやチャドクガなど身近なもの、ホホジロザメ、ガンガ
ゼ、ゴンズイなど海にすむもの、トリカブト、スズランなど身近
な植物や意外な園芸植物など、様々な有害有毒生物を生体や標本
でご紹介します。面白いだけでなく、あなたの命を救うかもしれ
ないこの特別展、ぜひ足を運んでみてください。


■イベント情報■--------------------------------------------

●第55回写生大会 4/1より開催!

モンキーセンター設立当初より続く伝統行事・写生大会は、今年
で第55回を迎えます。動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝え
ください。画用紙引換券をお渡しします。

受付期間:2010年4月1日(木)〜5月31日(月) 
    ※絵の具・筆などの画材はお持ちください。
対象:幼稚園・保育園児〜中学生
参加費:写生大会参加者は、入園料金が通常の半額(入園料金・
    画用紙代含む)。  付き添いの方は参加者1名につき
    1名様を500円引き(1,100円)


●第6回モンキーフォトコンテスト 4/1より募集開始!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の動物
の写真でもOKです。
募集期間:2010年4月1日(木)〜9月30日(木)

詳しくは4/1以降にモンキーフォトコンテストのページをご覧くだ
さい。http://www.j-monkey.jp/photo.html
※現在は第5回モンキーフォトコンテストの結果を掲載中です。


●モンキーカレッジ2010 4/1より募集開始!

6月〜11月の毎月1回開催する、全6回の大人向け連続講座です。各
方面の著名な方をお招きし、サルやヒト、地球環境について学び
ます

詳しくは4/1以降にモンキーカレッジのページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/event/college/index.html
※現在は2009年度モンキーカレッジの情報を掲載中です。


●第2回モンキーミーティング2010 5/1(土)開催決定!

Honda「モンキー」がモンキーセンターに大集合!
「モンキー」と本物のサルの、夢のコラボ!?です。
日時:5/1(土)
場所:モンキースクランブル周辺
※Honda「モンキー」でのご参加は要事前申込。
※詳しくは後日オープンする詳細ページをご覧ください。
※昨年の開催状況はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/news/20090325monkeymeeting/


●たいけん!モンパちっく 3/6より開催中!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!
時間限定の体験をお見逃しなく!
日時:土日祝月 【特定日を除く】( 1日2〜4回授業あり )
受付:「総合案内所横」特設受付
   「ビジターセンター前」特設受付
体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●実験!体感!サイエンス! 事前申込受付中!

遊びながら動物園や遊園地で 「科学」 を学ぼう!
春から始まる、新しい視点のイベントです!
日時:4/3(土)、6/5(土)、7/3(土) 10:00〜12:30
 ※7/3(土)は遊園地が休園日ですが、動物園のみ営業いたします。
参加費:各回700円
定員:各回 50名 (最少催行人員 5名)
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
内容:4/3:小動物と触れ合って飼い方・接し方を学ぼう。
   6/5:「シューティングライド・デュエル」で光を学ぼう。
   7/3:サルの声から音を学ぼう。
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●先生のための博物館・動物園活用講座
 「骨を究める 〜骨から学ぶ進化と多様性〜」

日本モンキーセンターでは、専門知識を持った学芸員が常駐し、
学校と博物館が連携した授業づくりをおこなっています。
今回の講座では、新しい学習指導要領で学ぶ機会の増えた体の形
や進化について、骨を中心として様々な話題を提供し、これらの
分野における博物館学校連携の事例をご紹介します。

日時:2010年3月29日(月) 13:00〜17:00
対象:学校(小学校、中学校、高等学校等)の教職員の方、
   幼稚園、保育園の職員の方、先着50名様
場所:日本モンキーセンター
参加費:無料(入園料も無料となります)
内容:講義「骨学入門」
   実習1「ヒトとチンパンジーの骨格比較」
   実習2「骨から学ぶ多様性」
   バックヤード見学
   日本モンキーセンターと学校の連携事例紹介

参加方法など詳細は、以下のページをご覧下さい。
http://www.j-monkey.jp/education/


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・

vo253「暖かくなってきて」2010/3/18更新
vo252「ボクの担当区の飼料の量」2010/3/11更新
vo251「キレイになっていた」2010/3/4更新
vo251「ムシイモ名人を目指して」2010/2/25更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

ふぅーーーーーーーーっ。長かったーーーーーーっ。
最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました!
書くのも大変でしたが、読むのも大変だったのではと心配です、、。
とは言え、どれもこれもイチオシの情報ばっかりです!

たくさんのイベントが始まるということは、たくさんの準備をし
なければならないということ。つまりはそうです。はい。
やっと寝れる〜♪とベッドに入っても、夢には毒ヘビやら毒キノ
コやらが出てくる始末(苦笑)。

さて、動物園ゲート前の桜のつぼみは、今にもはちきれんばかり
に膨らんできています。出産ラッシュとイベントスタートで沸く
モンキーセンターに、ぜひ足を運んでみてくださいね!

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人