■JMC通信 2010年7月号(通算第25号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年7月号(通算第25号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「『生物多様性』のわかりにくさ」主任学芸員 高野智

□ニュース
  ・マンドリルに赤ちゃんが生まれました
  ・シシオザルに赤ちゃんが生まれました
  ・企画展「サルに学ぶ生物多様性」7/17(土)オープン!

□イベント情報
  ・スーパーサマースクール&わくわく体験キャンプ募集中!
  ・夏のイベント、スタート!
  ・第6回モンキーフォトコンテスト 9月末まで作品募集中!
  ・たいけん!モンパちっく 夏時間割で開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 8月は2回開催!事前申込受付中!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!

□通算第25号&2周年記念!読者限定プレゼント
  ・ゴリラの歯型レプリカ標本 プレゼント!

□編集後記


■コラム「『生物多様性』のわかりにくさ」主任学芸員 高野智--

 複雑な事象を理解するために、いろいろひっくるめて一つの名
前をつけてみる、ということがおこなわれます。でも、当該の事
象についてコミュニケーションを始めるためにはひとまず有効な
手段となり得えても、その名前が意味するところは、往々にして
棚上げされてしまう。

 「生物多様性」は、そのような言葉の認知度と内容の理解とが
かけ離れている言葉のひとつでしょう。

 生物多様性は単に「たくさんの種類の生き物がいること」では
ありません。生物多様性がわかりにくいのは、多くの要素が複雑
に絡みあっているからです。複雑なものを複雑なままに理解する
努力をしないと、生物多様性に迫ることはできません。

 たくさんの生き物がいることは、「種の多様性」という概念に
あたります。同じ種の中にも、私たちが1人1人異なっているよう
に、変異があります。この変異は、遺伝子の違いによってもたら
されます。この「遺伝的多様性」も、生物多様性の重要な要素で
す。

 そして、生き物どうしはつながりあって生きています。森、草
原、河川、湖沼、海など、様々な環境において、生き物たちは独
自の生態系をつくり出しています。「生態系の多様性」です。さ
らにいえば、山と海は川で結ばれていて、それぞれの生態系の変
化が他の生態系に影響を及ぼすこともあります。その関係を追っ
ていけば、最後は地球全体がひとつの生態系になってしまいます。

 私たち人間は、大気や淡水に始まり、農業や癒しなど、様々な
生態系の恩恵を受けていますが、その多くは外部経済となってい
るために、気づかれないうちに劣化していることがあり・・・・

 もうだいぶ字数をオーバーしてしまったので、このくらいにし
ておきましょう。

 日本モンキーセンターでは、この夏、ささやかながら生物多様
性への入り口をご用意しました。企画展「サルに学ぶ生物多様性」
です。「かたち」「食べ物」「社会」の3つの側面から霊長類の多
様性を学んでいただく趣向です。10月に名古屋で開催される生物
多様性条約第10回締約国会議(COP10)に向け、生物多様性につい
て知るきっかけとしていただければ幸いです。


■ニュース■-----------------------------------------------

●マンドリルに赤ちゃんが生まれました

赤や青の派手な顔が人気のマンドリルに、赤ちゃんが生まれました!
7月6日に生まれた赤ちゃんは女の子で、お母さんは「ニコ」。
昨年生まれたお兄ちゃんのニョッキはニコの育児放棄により人工
哺育となりましたが、今回はちゃんとお母さんに抱かれています。

Webサル図鑑のマンドリルはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Mandrillus/Mandrillus.html#M_sphinx


●シシオザルに赤ちゃんが生まれました

アジア館のシシオザルに、久しぶりに赤ちゃんが誕生しました!
7月4日に生まれた赤ちゃんは男の子で、名前は「シッコク」。
お母さんは「フィニ」です。
フィニにとっては初めての赤ちゃんですが、上手に育てています。

Webサル図鑑のシシオザルはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Macaca/Macaca.html#M_silenus


●企画展「サルに学ぶ生物多様性」7/17(土)オープン!

冒頭のコラムでもご紹介したとおり、ビジターセンター内の常設
展示を活用して、企画展がオープンしました!名古屋で開催され
る生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)にちなんで、サルの
多様性を多方面からご紹介します。

この企画展、見るだけではないんです。クイズに答えながら展示
を見学できる「多様性ハンター(無料版)」を3種類ご用意しました。
「かたちの多様性」「社会の多様性」「食べ物の多様性」の中か
らお好きなテーマを選んで、展示をまわってみてください。

夏休みの自由研究のテーマにいかがですか?


■イベント情報■--------------------------------------------

●スーパーサマースクール&わくわく体験キャンプ募集中!

「スーパーサマースクール」と「わくわく体験キャンプ」の参加
者募集中! 夏休みの思い出づくりや自由研究に、モンキーセン
ターで普段はできない体験を満喫してください♪

『日本モンキーセンター スーパーサマースクール』
COP10パートナーシップ事業認定
サルから学ぶ環境学習プログラム。一味違ったハイレベルな内容です!
出発日:7/27(火)、8/2(月)、8/18(水) 1泊2日
   (7/27(火)の回は募集を終了しました)
詳しくは、名鉄観光のホームページ
(http://www.mwt.co.jp/kokunai/index.shtml)より、
キーワード「スーパーサマースクール」で検索してください。

『わくわく体験キャンプ』
裏側探検や飼育体験など、このキャンプならではのメニューです!
出発日:8/9(月)、8/23(月)  1泊2日
詳しくは、名鉄観光のホームページ
(http://www.mwt.co.jp/kokunai/chubu/index.shtml)より、
キーワード「わくわく体験キャンプ」で検索してください。

参加申し込み&お問い合わせは以下までお願いいたします。
名古屋発 名鉄観光サービス(株) 名古屋メディア支店
     TEL:052-582-8686
     営業時間/9:00〜17:00 年中無休(土・日・祝も営業)
東京発  名鉄観光サービス(株) 銀座支店 TEL:03-3572-0511
     営業時間/10:00〜17:00(土・日・祝休み)
大阪発  名鉄観光サービス(株) 梅田支店 TEL:06-6311-2168
     営業時間/10:00〜17:00(土・日・祝休み)


●夏のイベント、スタート!

夏休みの自由研究や工作に役立つイベントをご紹介いたします!
どれも日時限定ですので、お早目に予定しておいてくださいね♪

『骨のレプリカをつくろう!』
サルの骨格標本のから石膏でレプリカを石膏で作ります。
日時:7/24(土)・8/14(土) 14:00〜
※材料費1人100円、※先着20名様

『光合成ペンダントをつくろう!』
動物と植物の生きるしくみを実感できる、色が変わるペンダントを作ります。
日時:7/31(土)・8/28(土) 14:00〜
※材料費1人100円、※先着30名様

『サイエンスショー』
科学の不思議に迫れ!犬山市の先生方をお招きしてのイベントです
日時:8/7 (土)・8/21(土)・22(日) 14:00〜と15:30〜の2回開催


●第6回モンキーフォトコンテスト 9月末まで作品募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の動物
の写真でもOKです。
募集期間:2010年4月1日(木)〜9月30日(木)

詳しくはモンキーフォトコンテストのページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/photo.html


●たいけん!モンパちっく 夏時間割で開催中!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!
夏からはプレミアムメニューも始まります!

日時:土日の午後(1日2〜3回授業あり)
   (1)13:00〜 (2)15:00〜 (3)16:30〜
体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●実験!体感!サイエンス! 8月は2回開催!事前申込受付中!

遊びながら動物園や遊園地で 「科学」 を学ぼう!
内容:8/7(土)10:30〜12:00
         『チンパンジーの骨を学んでヒトを知ろう!』
   8/21(土)10:30〜12:00
      『ジェットコースターで物理を学ぼう!』(雨天中止)
参加費:各回700円
定員:各回 50名 (最少催行人員 5名)
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo280「夏休み極秘情報!」2010/7/17更新
vo270「ポトの赤ちゃん」2010/7/9更新
vo269「大きくなりました」2010/7/1更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■通算第25号&2周年記念!読者限定プレゼント■---------------

●ゴリラの歯型レプリカ標本 プレゼント!

JMC通信は今月号で通算第25号&2周年を迎えました。
そこで皆さまのご愛読に感謝し、とっておきのプレゼント企画を
実施します!

プレゼント:モンキーセンターで飼育していたニシローランド
      ゴリラ「木曽太郎」の上顎歯列レプリカ標本(樹脂
      製・解説書付き)
数 量  :抽選で1名様
応募締切 :2010年7月末日
当選発表 :賞品の発送をもって替えさせていただきます

以下にご記入の上、このメールに返信する形でご応募ください。

★JMC通信・通算25号&2周年記念・読者限定プレゼント応募票★

Q1:JMC通信はいつ頃から読まれていますか?
A1:【2年前くらい・1年前くらい・数ヶ月前】←選んでください

Q2:JMC通信へのご意見、ご感想をお聞かせください。
A2:【                 】←ご記入ください

プレゼント送付先
〒【      】
ご住所【                         】
お名前【             】


■編集後記■------------------------------------------------

2008年7月にJMC通信創刊号を発行してから、丸2年。
早いものです、、、(遠い目)

創刊号の編集後記にはこんなことを書きました。

「以前モンキーセンターには「友の会」がありました。今でも元
「友の会」の会員さんが園内で声をかけてくださることがあり、
とてもうれしくなります。また、東京などの遠方から、時には海
外から、サルたちに会いに来て下さるお客様もたくさんみえます。

このメールマガジンが、時間や距離を越えて、皆様とモンキーセ
ンターをつなぐ架け橋になってくれることを願って、、、。」

この願い、少しは実現したでしょうか?
ぜひ、皆さまのご意見やご感想をお聞かせください!(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人