■JMC通信 2010年8月号(通算第26号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年8月号(通算第26号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム 「オニダルマオコゼの毒」 学芸員 赤見理恵

□ニュース
  ・サルたちの水遊びが見られます
  ・ケヅメリクガメのエリックが亡くなりました

□イベント情報
  ・理科の先生方による「サイエンスショー」開催!
  ・サルリンピック開催!
  ・第6回モンキーフォトコンテスト 9月末まで作品募集中!
  ・たいけん!モンパちっく 夏時間割で開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 8/21(土)開催!
  ・先生のための博物館・動物園活用講座
    「サルに学ぶ生物多様性」

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!

□編集後記


■コラム「オニダルマオコゼの毒」学芸員 赤見理恵----------

 オニダルマオコゼに刺され、ダイビングインストラクターの男
性が死亡したというニュース、みなさんご覧になりましたか?

 オニダルマオコゼの毒は神経毒を含む混合毒です。神経毒は体
の麻痺を引き起こします。呼吸器が麻痺すれば呼吸困難となりま
すし、海中で手足が麻痺すれば溺れてしまいます。

 と同時に、耐えがたい猛烈な痛みが死因となることもあるとか。
痛みによる心不全で亡くなった例もあるほどです。

 さて、現在開催中の特別展「進化の異端児 有害有毒生物展」
では、このオニダルマオコゼを飼育展示しています。私たちスタッ
フは毎日この水槽を掃除するわけですが、恐ろしい事件を耳にす
る反面、ほとんど動かない彼らにあまり危険を感じたことはあり
ません。むしろ、泳ぎには不向きな胸ビレでぎこちなく泳ぐ姿に、
お客様から「かわいい!」という声すら聞かれます。

 私たちにとって有毒な生物たちも、それぞれの暮らす環境の中
で、必要があって毒を身につけています。オニダルマオコゼは身
を守るために、アンボイナガイは獲物を捕えるために。

 特別展では、オニダルマオコゼの他にも、アンボイナガイやオ
オマルモンダコ(ヒョウモンダコのなかま)、ゴンズイなど海の
危険生物を飼育展示しています。「こわい!」「かわいい!」な
ど印象はさまざまだと思いますが、ぜひ、彼らが毒を身につけた
進化の不思議に、思いを馳せていただければ幸いです。

 そして、生息する地域では裸足で海に入らないなど、くれぐれ
も海の危険に気をつけて、あと少しの夏を楽しんでくださいね!


■ニュース■-----------------------------------------------

●サルたちの水遊びが見られます

お盆を過ぎても、まだまだ酷暑。
そんな中、ヤクニホンザルやアヌビスヒヒの子どもたちは、水遊
びを楽しんでいます。プールに飛び込んでみたり、中で取っ組み
合いをしてみたり、潜って遊ぶこともあるんですよ。

とは言え、水遊びができるのは一部のサルたちだけ。オマキザルや
キツネザルの仲間は泳ぐことができないので、涼しい場所を探した
り、手をなめて涼んだり、いろいろな方法で夏を乗り切っていま
す。夏はあと少し、ガンバレ!


●ケヅメリクガメのエリックが亡くなりました

皆さまに親しまれていたわくわく動物村の人気者、ケヅメリクガ
メのエリックが、8月6日、死亡しました。

体重40kgを超える巨体で園内を散歩する姿には、誰もが驚きの声
をあげ、一緒に記念撮影をされた方も多いのではないでしょうか?
また、体重当てクイズのイベントは大人気でした。
エリック、たくさんの驚きと感動をありがとう。安らかに、、、。


■イベント情報■-------------------------------------------

●理科の先生方による「サイエンスショー」開催!

科学の不思議に迫れ!
夏休み限定!犬山市の先生方をお招きしてのイベントです。
「ドーン!」となったり「もわっ」となったり、面白いですよ♪

日時:8/21(土)・22(日) 14:00〜と15:30〜の2回開催
場所:ビジターセンター ホール


●サルリンピック開催!

体育の秋、サルの身体能力にチャレンジしてみませんか?
この秋から、体育の日当日だけでなく、それまでの土日祝に単種
目で開催します!腕試しにいかがですか?

単種目:9/11(土)〜10/10(日)の土日祝 13:30〜
全種目:10/11(月・体育の日) 13:30〜 
    ※雨天時は10/16(土)に延期します。


●第6回モンキーフォトコンテスト 9月末まで作品募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!
園外の写真やサル以外の動物の写真でもOKです。
募集期間:2010年4月1日(木)〜9月30日(木)

詳しくはモンキーフォトコンテストのページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/photo.html


●たいけん!モンパちっく 夏時間割で開催中!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!
夏からはプレミアムメニューも始まっています♪

日時:土日の午後(1日2〜3回授業あり)
   (1)13:00〜 (2)15:00〜 (3)16:30〜
体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●実験!体感!サイエンス! 8/21(土)開催!
 『ジェットコースターで物理を学ぼう!』

遊びながら動物園や遊園地で 「科学」 を学ぼう!
内容:8/21(土)10:30〜12:00 (雨天中止)
参加費:700円
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
     当日も空きがあればご参加いただけます
当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/science/index.html


●先生のための博物館・動物園活用講座
 「サルに学ぶ生物多様性」

日本モンキーセンターでは、専門知識を持った学芸員が常駐し、
学校と博物館が連携した授業づくりをおこなっています。
今回の講座では、生物多様性をテーマに霊長類の多様性や進化に
ついて学び、また博物館学校連携の事例をご紹介します。

日時:2010年8月27日(金) 13:00〜17:00
対象:学校(小学校、中学校、高等学校等)の教職員の方、
   幼稚園、保育園の職員の方
場所:日本モンキーセンター
参加費:無料(入園料も無料となります)
内容:講義「霊長類の多様性」
   園内ガイド「多様性ガイドツアー」
   バックヤード見学
   日本モンキーセンターと学校の連携事例紹介

参加方法など詳細は、以下のページをご覧下さい。
http://www.j-monkey.jp/education/


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo275「調整中」2010/8/13更新
vo274「HAPPY BIRTHDAY」2010/8/6更新
vo273「お引越し」2010/7/31更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

前回のJMC通信でお知らせした「ゴリラの歯型レプリカ標本プレゼ
ント」には、たくさんの皆さまからご応募をいただき、誠にあり
がとうございました。抽選の結果、東京都からご応募いただいたO.R.
様がご当選されました。おめでとうございました!

今回は、愛知県はもちろん東京や神奈川など遠方からもご応募い
ただきました。「なかなか行けないけど、JMC通信で園内のことが
わかる!」「いつか行きたい!」などと言っていただき、感謝感
激でした!

これからも、園内の情報をいち早くお届けできるよう努めてまい
りますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人