■JMC通信 2010年9月号(通算第27号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年9月号(通算第27号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「魅せる展示」学芸員 江藤彩子

□ニュース
  ・シャマンに赤ちゃんが生まれました!
  ・特別展「有害有毒生物展」にカモノハシが!
  ・熱田の森文化センターで連続講座が始まります!
  ・栄中日文化センターで連続講座が始まります!

□イベント情報
  ・体育の日まで、毎週末サルリンピック開催!
  ・10/17(日)は設立記念日です
  ・第6回モンキーフォトコンテスト 9月末が締切です!
  ・たいけん!モンパちっく 秋時間割で開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 9/18(土)開催!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!
  ・「獣医室」更新!

□編集後記


■コラム「魅せる展示」学芸員 江藤彩子-------------------

先日、愛知で開催されているトリエンナーレに行ってきました。

現代アートは空間や映像、音、光、動作など、五感全てを使って
感じられるような様々な表現方法で展示されていました。

空間全体が1つの作品になっているモノは、音、光、展示物の配
置、サイズ、間仕切り方、時間など、ありとあらゆる表現方法が
使われており、空間に飲み込まれてしまいそうになりました。
「魅せられる」とはこういうことを言うのかと実感しました。

「一歩足を踏み入れると、そこは別世界」といった空間はどうす
れば特別展示室内に表現できるかと何度想像したことでしょうか。
過去のグッドデザイン賞には博物館の展示がいくつか入賞してい
ます。機能的で、美しく、知的好奇心をサポートする展示だとい
うことで選ばれています。グッドデザインに入賞された展示には
到底及ばないかもしれませんが、限られた空間でこどもたちが興
味を惹き、魅せられるような美しい展示を考えていきたいなと思
います。


■ニュース■-----------------------------------------------

●シャマンに赤ちゃんが生まれました!

まさにお盆最中の8月14日、シャマンのアボ♂とリンダ♀の間に、
赤ちゃんが生まれました。この夫婦は現在、ドリアン♂とキウイ
♂の2頭の息子と暮らしていますが、さらに息子が増えたわけです。

赤ちゃんはオスで、「パパイア」と名付けられました。
まだまだお母さんから離れることはありませんが、少しづつ外の
気配に興味を持ち始めたようで、あちこちに手を伸ばしている様
子が見られます。
ぜひ、家族の増えたシャマンたちに会いにきてください。

サル図鑑のシャマンはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Hylobatidae/Symphalangus/Symphalangus.html#S_syndactylus


●特別展「有害有毒生物展」にカモノハシが!

第二期を迎えた特別展「有害有毒生物展」は、さらに危険度UP!
今まで展示していた無脊椎動物、魚類、両生類、爬虫類の有毒生
物に加え、哺乳類と鳥類の有毒生物が加わります!

哺乳類や鳥類で毒なんて、ちょっとイメージできない方も多いの
では? 確かに他の動物に比べ鳥類やほ乳類で毒を持つものは稀
ですが、例えばあの人気動物、カモノハシはかなり強い毒を持っ
ています。

どこに毒があるのかは、特別展にてご覧ください。
貴重なカモノハシの剥製標本を展示予定です!!


●熱田の森文化センターで連続講座が始まります!

講座名は「サルに学ぶ生物多様性」です。
一言でサルと言っても姿かたちや暮らしぶりは様々です。そして
多様性の一端に私たち「ヒト」も含まれるのです。生物多様性条
約第10回締約国会議(COP10)にちなみ日本モンキーセンターの講
師陣が多様なサルの世界をご紹介します。最終回は現地(モンキー
センター)での実習です。

講師:(財)日本モンキーセンター 学芸員、研究員、飼育員
日時:第4木曜 10:00〜12:00
料金:6ヶ月 9,900円

詳しくは熱田の森文化センターのサイトでご確認ください。
http://www.mei-cul.jp/abc/guide/guide.asp?seq=2789


●栄中日文化センターで連続講座が始まります!

講座名は「財団法人日本モンキーセンター共催 サル学入門・実
習編―サルを知ることはヒトを知ること」です。

私たちに最も近縁な動物である「サル」を学ぶことは、ヒトであ
る自分自身を考えることにつながります。全6回を講義+実習のく
り返しで構成し、話を聞くだけでなく体験的に楽しく学べるよう
工夫しています。第2回目と最終日の実習では「(財)日本モンキー
センター」へ出かけ、実際に生きているサルたちを観察していた
だきます。10月から始まる6ヵ月講座です。
※11月と3月は現地学習(交通費は実費)

講師 (財)日本モンキーセンター主任学芸員 高野智ほか
日時:第1火曜日 10:00〜11:30
受講料 6ヵ月分 12,600円

詳しくは栄中日文化センターのページで「モンキーセンター」と
検索してください。
http://www.chunichi-culture.com/


■イベント情報■-------------------------------------------

●体育の日まで、毎週末サルリンピック開催!

体育の秋、サルの身体能力にチャレンジしてみませんか?
この秋から、体育の日当日だけでなく、それまでの土日祝に単種
目で開催します!腕試しにいかがですか?

単種目:9/11(土)〜10/10(日)の土日祝 13:30〜
全種目:10/11(月・体育の日) 13:30〜 
    ※雨天時は10/16(土)に延期します。


●10/17(日)は設立記念日です

10月17日、日本モンキーセンターは設立54周年を迎えます。
設立記念日には毎年、全職員が動物慰霊碑に集まり、今までに亡
くなった多くのサルたちに感謝し動物慰霊祭を開催しています。

今年はちょうど日曜日にあたりますので、当日ご来園の皆さまに
もご参列いただける形にいたします。
また所長の西田利貞による特別レクチャーも予定しております。


●第6回モンキーフォトコンテスト 9月末が締切です!

動物をテーマとした写真を大募集!
園外の写真やサル以外の動物の写真でもOKです。
募集期間:2010年4月1日(木)〜9月30日(木)

詳しくはモンキーフォトコンテストのページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/photo.html


●たいけん!モンパちっく 秋時間割で開催中!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!
秋の新授業も登場!

日時:特定日を除く土日
 (1)10:30〜 (2)13:00〜 (3)14:00〜 (4)15:00〜
参加費:200円〜
所要時間 :30分〜1時間程度
秋の新授業:サルの個体識別体験、サルの巣箱作り体験
      新おやつ作り体験、アイスクリーム作り体験
体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●実験!体感!サイエンス! 9/18(土)開催!
 『不思議なアイスを食べて氷点下の世界を学ぼう!』

日時:9/18(土) 10:30〜12:00
参加費:700円("学べるおみやげ"つき♪)
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
     当日も空きがあればご参加いただけます
当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/science/


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo279「生と死」2010/9/10更新
vo278「Waoランドの酷暑」2010/9/4更新
vo277「残暑厳しい!」2010/8/29更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


●「獣医室」更新!

動物園歳時記「ベニガオザル・ユズ編」2010/9/13更新
「獣医室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/veterinarian/


■編集後記■------------------------------------------------

9月です!フォトコンテストが締切です!
4月から9月という長い募集期間のため、「あとでいいや」と応募
を忘れている方、いらっしゃいませんか!?

「モンキー」とつきますが、サルでなくても動物の写真ならばな
んでもOK!他の動物園で撮影した動物写真、お宅のペットの写真、
庭に来た野鳥の写真などなど、なんでも歓迎です。

今回からは連絡部門と学生部門も新設されました。
学生のみなさんも、ぜひぜひご応募くださいね!

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人