■JMC通信 2010年11月号(通算第29号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年11月号(通算第29号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「小さなトガリネズミと名古屋の縁」主任学芸員 高野智

□ニュース
  ・わくわく動物村 リニューアル決定!
  ・フランソワルトンのオスが仲間入りしました
  ・ギニアヒヒを公開しました
  ・特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」の新展示
  ・企画展「サルに学ぶ生物多様性」12/5まで開催
  ・今冬も開催!「動物園スペシャルDAY!」

□イベント情報
  ・あと少し!秋のイベント
  ・冬の風物詩「たき火にあたるサル」12/22(冬至)よりスタート!
  ・第55回プリマーテス研究会を開催します。
  ・たいけん!モンパちっく 秋時間割で開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 11/20(土)予約受付中!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!

□編集後記


■コラム「小さなトガリネズミと名古屋の縁」
              主任学芸員 高野智-------------

 JMC通信10月号でもご案内しておりますが、好評開催中の特別展
「進化の異端児・有害有毒生物展」に、毒を持つ哺乳類と鳥類の
標本が加わりました。哺乳類は単孔類のカモノハシと食虫類のブ
ラリナトガリネズミの2種、そして鳥類はズグロモリモズです。

 哺乳類や鳥類で毒を持つものは珍しく、希少な標本が一度に見
られる場所はおそらく日本ではここだけでしょう。しかしながら、
小さくて見た目も地味で、毒による人間の死亡例もないとあって
は、派手な毒ヘビや魚たちほどの注目は集めるには至らないよう
です。

 そんな可哀想な3種類の温血動物ですが、その中でも一番小さい
ブラリナトガリネズミは、北アメリカに生息するモグラの仲間で
ありながら、実は名古屋と深い縁があります。

 有毒生物は数あれど、毒の成分が詳細に分析されているものは
そう多くありません。特に哺乳類の毒は、不安定なタンパク質か
らなるため解析が難しく、よく分かっていません。そんな中にあっ
て、ブラリナトガリネズミは毒の成分が判明している数少ない動
物のひとつであり、しかもその研究は名古屋大学でなされたので
す。唾液に含まれる毒はタンパク質分解酵素に似た特徴を持ち、1
匹分の毒でマウス200匹分の致死活性があるといわれています。

 哺乳類と鳥類が加わったことで、有害有毒生物展で紹介してい
る生き物は、菌類に始まり、植物、軟体動物、棘皮動物、節足動
物、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類と、生物界を網羅した
といっても過言ではないでしょう。2月末までの会期も残りが短く
なってきました。地味で小さな哺乳類も含めて楽しんでいただけ
れば幸いです。


■ニュース■-----------------------------------------------

●わくわく動物村 リニューアル決定!

まだホームページなどでも公開していませんが、JMC読者の皆さま
だけに、いち早くお知らせします!!!!

10月号の編集後記でもお伝えした55周年記念事業の一つは、わく
わく動物村のリニューアルに決定しました!!
ひろびろとしたウッドデッキやゆったりとしたふれあいスペース
を備え、来春3月中旬にオープン予定です。

詳しくはJMC通信でお知らせしていきますので、ご期待ください★


●フランソワルトンのオスが仲間入りしました

10月末、九州の動物園からフランソワルトンがやってきました。
名前はチャーミー。ちょっと大柄で元気のよいオスです。
日本モンキーセンターのフランソワルトンは、高齢だった2頭が死
亡してからはメスのリンリン1頭だけでした。

先日、同居を始めたリンリンとチャーミーはとても仲が良さそう。
二世の誕生を期待したいですね。

Webサル図鑑のフランソワルトンはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Trachypithecus/Trachypithecus.html#T_francoisi


●ギニアヒヒを公開しました

展示スペースの関係で今までご覧いただけなかったギニアヒヒで
すが、先日バックヤードからアフリカ館に引っ越し、皆さまの前
にお目見えしました!!マハという名前のオスです。

ギニアヒヒは、ヒヒの城でおなじみのアヌビスヒヒなどと近縁で、
アフリカの西部に生息します。アヌビスヒヒが灰色っぽい毛色な
のに対し、ギニアヒヒは茶色っぽい色をしています。
ぜひ会いに来てくださいね!


●特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」の新展示

「カンディール」という魚をご存知ですか?
南米に生息するナマズの仲間で、現地ではピラニアよりも恐れら
れています。肉食性で、水に入った人の尿道などから体内に入
り込むのです。

この「カンディール」の一種を特別展にて飼育展示していますが、
今回、現地で古くから「カンディール」の侵入を防ぐために利用
されていた「タンガ」という防御具の複製を入手することができ、
展示を開始しました。「タンガ」は現在は使用されていないそう
ですが、その名前はリオのカーニバルなどで女性が着用する衣装
や、下着の呼び名となっています。展示中のものは、南米マラジョ
アラ文明の遺跡から出土したものの複製です。ぜひご覧ください。

特別展の概要はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/special/2010poison/


●企画展「サルに学ぶ生物多様性」12/5まで開催

夏から開催していた企画展「サルに学ぶ生物多様性」は、間もな
く12/5に終了です!
クイズに答えながら展示を見学できる「多様性ハンター(無料版)」
の残部も残りあとわずか。また、土日祝日14:30から開催している
「多様性ミニレクチャー」もあと数回となりました。
終了前にぜひ一度ご覧ください!


●今冬も開催!「動物園スペシャルDAY!」

冬の水・木は、遊園地はお休みしますが、動物園だけ営業します。
名づけて「動物園スペシャルDAY!」
動物園を楽しむための特典をいっぱいご用意しています。

1.入園料超割引♪(おとな1600円→600円、こども800円→300円)
2.駐車場無料♪
3.「たき火にあたるサル」毎日開催♪(12/22以降)
    ほかほかおイモタイムもあります。

日程:2010年12月8日(水)〜2011年2月24日(木)の毎週水・木
   ※但し12/22、23、29、30は通常営業、2/16は全園休園
営業時間:11:00〜16:00

なお、「動物園スペシャルDAY!」は路線バスは運行いたしません。
また園内のレストランや売店等は全て営業していませんので、お
弁当などお持ちくださいね。


■イベント情報■-------------------------------------------

●あと少し!秋のイベント

秋のイベント期間は12/5(日)までです。
以下、全て集合はビジターセンター、時間は13:30からです。
定員があるイベントもありますので、ご参加はお早目に!

・どんぐりをさがしてくらべてみよう:11/20(土)、12/4(土)
・イモ掘り体験:11/27(土)
・猛毒映画祭:毎週日曜日

詳しくはこちら→http://www.j-monkey.jp/event/


●冬の風物詩「たき火にあたるサル」12/22(冬至)よりスタート!

「たき火にあたるサル」が、今年も冬至の日から始まります。
伊勢湾台風がきっかけで始まり、今年で51周年を迎える冬の風物
詩です。
ほかほか蒸しイモをお召し上がりいただける「ほかほかおイモタ
イム」も毎日開催!詳しくは次号でお知らせしますので、お楽し
みに!

日程:2010年12月22 日(水)〜2011年2月28日(月)の毎日
※荒天時中止 ※2011年2月16日(水)のみ休園
場所:モンキーバレイ


●第55回プリマーテス研究会を開催します。

第55回プリマーテス研究会
「美しい東南アジアの自然 −そこではぐくまれてきたものたち−」

東南アジアの熱帯林は生物多様性豊かな地域としてしられていま
す。今回は植物相と動物相に詳しいそれぞれの専門家をお招きし、
その魅力を再認識したいとおもいます。
霊長類も、その生物多様性を形成する重要な一員です。東南アジ
アには実に多くの霊長類が生息します。元来、アジアの人々はサ
ルとうまく共存してきました。しかし、近年、人間活動が彼らの
生息域をいちじるしく劣化させてきました。
本研究会は、生態系の持続性を願って、東南アジアの自然を見つ
める機会にしたいと思います。

日時:2010年11月27日(土)−28日(日)
場所:(財)日本モンキーセンター内ビジターセンター
参加費:一般2000円 学生1000円 高校生以下500円
懇親会費:2000円

後援:愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、犬山市、犬山市教育委員会
世話人:西田利貞・清水大輔・大橋岳(日本モンキーセンター)

[ホームページ]
http://homepage3.nifty.com/~jmc/priken/55th_prg.html

参加には事前に申し込みが必要です。
参加申し込みは以下のサイトからお願いいたします。
http://homepage3.nifty.com/~jmc/priken/pri55/pri55hp.html

不明な点などございましたら、
以下のメールアドレス宛にご連絡ください。
primates.meeting@gmail.com


●たいけん!モンパちっく 秋時間割で開催中!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!
秋の新授業も登場!

日時:特定日を除く土日
 (1)13:00〜 (2)14:00〜 (3)15:00〜
参加費:200円〜
所要時間 :30分〜1時間程度
秋の新授業:サルの個体識別体験、おうち作り体験
      新おやつ作り体験、アイスクリーム作り体験
体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/2010spring_show.html


●実験!体感!サイエンス! 11/20(土)予約受付中!
 『サルの声から音を学ぼう!』

日時:10/20(土) 10:30〜12:00
参加費:700円("学べるおみやげ"つき♪)
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
     当日も空きがあれば参加OK!直接ビジターセンターへ
当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/science/


■webサイトより■-------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・

vo289「心配そう」2010/11/17更新
vo288「常夏の国」2010/11/11更新
vo287「ガイドシート」2010/11/3更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

急に冷え込んできましたね〜
寒くなってくると、お客様から「おイモはいつから始まりますか?」
と聞かれることが多くなります。冬の風物詩として覚えていただ
いているのはとーってもうれしいのですが、そこで一言。

『メインは「おイモ」じゃなくて「たき火」なんですよーー!』

、、、まぁ、おいしいものには勝てないですよね♪
どちらも12月22日冬至からですので、お楽しみに!(赤)

============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人