■JMC通信 2010年12月号(通算第30号)

●■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     J M C 通 信  2010年12月号(通算第30号)

      発行:財団法人日本モンキーセンター
        http://www.j-monkey.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■●


■目次■----------------------------------------------------

□コラム「感動の再会」学芸員 赤見理恵

□ニュース
  ・わくわく動物村 リニューアル続報!
  ・南米館にクモザル3種が集合!
  ・特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」の新展示
  ・今冬も開催!「動物園スペシャルDAY!」

□イベント情報
  ・冬の風物詩「たき火にあたるサル」12/22(冬至)スタート!
  ・たいけん!モンパちっく 秋時間割で開催中!
  ・実験!体感!サイエンス! 11/20(土)予約受付中!

□webサイトより
  ・「イベント・講座」に冬のイベントを掲載しました
  ・「飼育室」更新中!

□編集後記


■コラム「感動の再会」学芸員 赤見理恵---------------------

 今回は、私の体験した「感動の再会」をご紹介いたします。
再会と言っても、それは人とのではなく、コレクションとのです。

2009年8月号のコラム「夏休みの思い出と博物館体験」で、私が子
どもの頃に通った、貝の博物館での体験をご紹介しました。港の
売店の2階にある小さな施設博物館ですが、採集した貝を持ってい
くと、館長さんがアレコレ教えてくれたものでした。

その後、あの博物館はどうなったのかしら?館長さんは元気かし
ら?と気になって調べてみたところ、立派なホームページを発見!
小さな私設博物館のはずが町立となり、場所も移転してオープン
していたのです。

いてもたってもいられず、休日を利用して、神奈川県真鶴町の
「真鶴町立遠藤貝類博物館」まで車を走らせました。
真鶴半島の先端、三ッ石の近くの観光施設の2階に、博物館はオー
プンしていました。新調された展示ケースに整然と並べられた貝
の標本。そして、子どもの頃に親しんだ「貝のおじちゃん」は
「故・遠藤晴雄氏」とパネルで紹介されていました。

「貝のおじちゃん」との再会は果たせませんでしたが、港の売店
の2階に所狭しと並べられていた「貝のコレクション」とは、新し
い博物館という最高の演出の中で、感動の再会を果たすことがで
きました。

コレクションとは、ただの標本の集合ではなく、収集した人の人
生を横糸として紡がれたものです。だから多くのコレクションは
人の名前を冠して呼ばれます。
ですが、後々保存していく人々がそれぞれの人生を重ねて紡ぎ足
していくことで、コレクションはずっと生きていくのでしょう。
建物の一角に設けられた、市民や子どもたちが海を紹介しようと
作った作品やパネルを見ながら、そんなことを思いました。


■ニュース■-----------------------------------------------

●わくわく動物村 リニューアル続報!

前号のJMC通信で発表した「わくわく動物村」リニューアル。
その後の進展をお知らせします。

新施設の名称は「KIDSZOO(キッズズー)」に決定!
また「もっと広くしてほしい!」との声が多く聞かれた室内のふ
れあいスペースには、大きなトレーラーハウスを導入することに!!
1クラスの人数は入れるので、中でレクチャーもできちゃいます♪

それに伴い、1/11(火)から工事のため一時閉村します。
閉村期間はビジターセンターや屋外で特別ふれあいタイムを開催!
(時間や場所は事前の園内放送にてご確認下さい)

今後も進展をお知らせしていきますので、ご期待ください★


●南米館にクモザル3種が集合!

日本モンキーセンターでは、現在3種のクモザルを飼育展示してい
ます。ジェフロイクモザル、クロクモザル、ケナガクモザルです。

実はこの3種、今まで1か所に集めて展示したことはありませんで
した。クロクモザルとケナガクモザルは南米館にいますが、ジェ
フロイクモザルはモンキースクランブル(昔はクモザルの村)に
ずっといたからです。

今回、南米館でもジェフロイクモザルをご覧いただけるようにな
りました。同じクモザルでも、毛色や顔つきなどが違います。ぜ
ひ比較してみてくださいね!

Webサル図鑑のクモザル3種はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cebidae/Ateles/Ateles.html


●特別展「進化の異端児・有害有毒生物展」の新展示

特別展中央の水槽に、二重のケースで厳重に管理されている貝が
います。アンボイナガイとタガヤサンミナシガイです。どちらも
毒で獲物を捕食する肉食の貝で、人の死亡例も知られています。

しかしこれらの貝の貝殻は美しい!
(飼育している個体はコケが生えていてよく見えませんが)
「イモ貝」と総称される貝は、全てが多かれ少なかれ毒を持ちま
す。しかし貝殻は細かな網目模様や斑模様、真っ白やピンクなど
色とりどりで、つい手に取りたくなってしまいます。

そんなイモ貝の仲間の貝殻コーナーを新設しました。毒をもつ美
しい貝たちを、ぜひご覧ください。

特別展の概要はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/special/2010poison/


●今冬も開催!「動物園スペシャルDAY!」

冬の水・木は、遊園地はお休みしますが、動物園だけ営業します。
名づけて「動物園スペシャルDAY!」
動物園を楽しむための特典をいっぱいご用意しています。

1.入園料超割引♪(おとな1600円→600円、こども800円→300円)
2.駐車場無料♪
3.「たき火にあたるサル」毎日開催♪(12/22以降)
    ほかほかおイモタイムもあります。

日程:2010年12月8日(水)〜2011年2月24日(木)の毎週水・木
 ※但し12/22、23、29、30、1/5、6は通常営業、2/16は全園休園
営業時間:11:00〜16:00

なお、「動物園スペシャルDAY!」は路線バスは運行いたしません。
また園内のレストランや売店等は全て営業していませんので、お
弁当などお持ちくださいね。

詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/information/index.html#special


■イベント情報■-------------------------------------------

●冬の風物詩「たき火にあたるサル」12/22(冬至)よりスタート!

「たき火にあたるサル」が、今年も冬至の日から始まります。
伊勢湾台風がきっかけで始まり、今年で51周年を迎える冬の風物
詩です。ほかほか蒸しイモをお召し上がりいただける「ほかほか
おイモタイム」も毎日開催!

日程:2010年12月22 日(水)〜2011年2月28日(月)の毎日
※荒天時中止 ※2011年2月16日(水)のみ休園
場所:モンキーバレイ

また新企画「ほかほか広場」を土日祝と年末年始に開催します。
「ほかほかおイモタイム」の前に、みなさまで暖かくなれるお楽
しみ広場です。「サル占い!?相性診断」や、紙芝居「モンキー
バレイ今昔物語」などお楽しみに♪


●たいけん!モンパちっく 冬も開催します!

動物園の飼育員や遊園地の係員の仕事が体験できるよ!

日時:特定日を除く土日 (1)13:00〜 (2)15:00〜
参加費:200円〜
所要時間 :30分〜1時間程度
冬の新授業:おやつ作り体験(先着5名):冬からはシマシマしっぽ
のワオキツネザルがいる「Waoランドmini」で行います。
お掃除体験、ガイド体験、葉っぱ集め体験が冬に復活します!!
12/19(日)、26(日)のお掃除体験は「年末Ver」になります♪

体験メニューや時間割など、詳しくはこちら↓
http://www.japan-monkeypark.jp/event/detail3.asp?nid=189&dmy=447617


●実験!体感!サイエンス! 2/12(土)予約受付中!
 『サルの骨から進化を学ぼう!』

骨には生きもののくらしの秘密や進化の歴史がいっぱいつまって
います。日本モンキーセンターの標本を使って、実際に骨に触れ
ながらサルやヒトの進化を学びます。

日時:2011年2月12日(土) 11:00〜11:45
参加費:700円→500円(謝恩価格!) ”学べるおみやげ”つき♪
対象:小学生以上 (小学3年生までは保護者同伴)
申込方法:事前にお電話でお申し込みください(0568-61-0870)
     当日も空きがあれば参加OK!直接ビジターセンターへ

当日のスケジュールなど、詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/science/


■webサイトより■-------------------------------------------

●「イベント・講座」に冬のイベントを掲載しました

冬の風物詩「たき火にあたるサル」など、冬のイベントの詳細情
報はこちらからどうそ!→http://www.j-monkey.jp/event/


●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo292「新メンバー」2010/12/9更新
vo291「女嫌いのアジル」2010/12/2更新
vo290「あまやどり」2010/11/25更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------

なぜか「貝」ネタが2か所も登場する今回のJMC通信。せっかくだ
から編集後記も「貝」ネタで。

特別展で展示している猛毒のアンボイナガイですが、刺された瞬
間はあまり痛くないのだそうです。
命が惜しいので確認してみることはできませんが。

なのに「いっっって〜!!」とオーバーリアクションなのは、素
人演技の若手飼育員。そんな映像を見て笑いたい方は、ぜひ日曜
日開催の「猛毒映画祭」にお越しくださいませ♪(赤)


============================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
   〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26
   TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
   URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
============================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人