■JMC通信 2012年5月号(通算第47号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2012年5月号(通算第47号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●

■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「霊長類ガイドブック」学芸員 江藤彩子

□ニュース
  ・「霊長類ガイドブック」通信販売いたします♪
  ・春のベビーラッシュ続報!
  ・特別展にデンキナマズが仲間入り

□イベント情報
  ・金環日食観察イベント開催!!
  ・第57回写生大会 5/31まで開催中!
  ・おしごと体験 今後のメニュは・・・
  ・第8回アニマルフォトコンテスト 募集中!

□教員&団体指導者向け情報
  ・夏の「先生のための博物館・動物園活用講座」速報!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「霊長類ガイドブック」学芸員 江藤彩子--------------------------

去る4月28日、日本モンキーセンター発行の「霊長類ガイドブック」がついに発
売されました!
実はこの本、印刷以外は全てモンキーセンターのスタッフだけで作成されました。
内容は「霊長類図鑑」と「霊長類大図解」に分かれ、霊長類たちの行動や生態に
ついて写真でわかりやすく解説されています。その写真のほとんどは園長の加藤、
学芸員、リサーチフェローの秘蔵写真です。

私の担当は原稿データの作成です。
手順としてはまず、文章と簡単な写真配置図を担当者から受け取り、紙面を構成
し、足りない写真があれば園内で撮影します。
この写真撮影が一番苦労したところです。「霊長類大図解」のページでは切り抜
いた写真を多用し、面白く見ていただけるように構成していますが、写真の解像
度、背景、切り抜ける写真かどうか等で画面構成が変わり、1枚の写真を差替え
るだけでも他の写真を大きく移動させなければいけません。
また、図解ページで「●●ザルの手のひらのアップがほしい!」と思っても、生
きているサル相手ではそう簡単に撮らせてもらえません。治療のためにサルに麻
酔をするという無線を聞いては病院棟に走り、麻酔がかかっている状態で撮影し
たり、飼育員がエサで呼び寄せ、柵から手を出しているところを撮影したり、ス
タッフのアイディアと協力があってこそ撮れたものばかりです。

モンキーセンターで飼育している霊長類から、国内では観られない霊長類まで
100種以上を掲載しています。中には見覚えのあるスタッフの写真も載っていた
りします。コラムだけでは言い表せない思いが詰まった「霊長類ガイドブック」
です。霊長類好きにはたまらない1冊となっていますので、是非お買い求めの上、
園内を回られる時のお供としてください。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●「霊長類ガイドブック」通信販売いたします♪

コラムでもご紹介した「霊長類ガイドブック」。
なかなか犬山には行けないけれど、買いたい!という方に朗報です♪
郵送でも販売できることになりました。

【お名前・郵便番号・ご住所・お電話番号・購入冊数】を明記の上、 日本モン
キーセンター学芸担当(TEL:0568-61-2327、FAX:0568-62-6823、e-mail:info
@j-monkey.jp)までご連絡ください。

詳しくは→http://www.j-monkey.jp/news/20120427guidebook/index.html


●春のベビーラッシュ続報!

まだまだ続いている春のベビーラッシュ!
5/16時点で、Waoランドのワオキツネザルは14頭の赤ちゃんが、モンキーバレイ
のヤクニホンザルは7頭の赤ちゃんがすでに誕生!

アジア館では、シシオザル、ブタオザル、トクモンキー、ニホンザルで、アフリ
カ館ではパタスモンキー、マントヒヒで、南米館ではクロミミマーモセット、フ
サオマキザルで赤ちゃんが見られます。ぜひ会いに来てくださいね!


●特別展にデンキナマズが仲間入り

特別展「アフリカ−わたしたちのルーツを求めて−」にて展示中のアフリカ淡水
魚水槽に、デンキナマズが仲間入りしました!
まだ小さな個体ですが、発する電流はかなりのもの。試しに触れてみたスタッフ
曰く「肘くらいまでビリビリっときた!」とのこと。

他の魚たちへの影響を少なくするため、水槽のなかに透明のケースを設置して展
示しています。しかし、展示をはじめた翌日の朝、「デンキナマズがいない!!」
予想以上に力が強く、ケースのふたを押し空けて水槽内に逃亡してしまったので
す。幸い数日後に捕獲することができましたが、これ以降はケースに重石をして
います。

人類のルーツに迫った研究者たちの研究内容はもちろんですが、人類誕生の舞台
となったアフリカの自然の不思議も、この特別展で感じていただければ幸いです。

詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/special/2012africa/


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●金環日食観察イベント開催!

5/21の早朝は、世紀の天体イベント「金環日食」です!!
その時、サルたちはどう反応するの!?やっぱり気になりますよね。
2009年の日食の際、モンキーセンターでは全国の観測ポイントで唯一、動物の反
応が見られました。さて、今回は!?モンキーセンターでは、園内で金環日食を
観察しながらサルたちの反応も見てみよう、というイベントを企画しました。

日時:2012年5/21(月) 6:30〜8:30 ※入園は7:30まで ※小雨決行6:00決定
場所:日本モンキーセンター園内のほぼ全て
参加費:おとな(中学生以上)600円、こども(2才以上)300円、駐車料金無料

先着200組様には、太陽観察メガネをプレゼントいたします。
なお、年間パスポートや年間入園フリー券、無料券、招待券等は使用できません。
通常開園後に再入園される方は別途入園料および駐車場料金が必要となりますの
で、ご注意ください。

詳しくは→http://www.j-monkey.jp/news/20120521solareclipse/index.html


●第57回写生大会 5/31まで開催中!

モンキーセンター創設当初より続く伝統行事・写生大会は、今年で第57回を迎え
ます。動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えいただくと、入園料が半額とな
ります。※絵の具・筆などの画材はお持ちください。

受付期間:〜5/31(木)
対象:幼稚園・保育園児〜中学生
参加費:写生大会参加者は、入園料金が通常の半額(入園料金・画用紙代含む)。
    付き添いの方は参加者1名につき1名様を500円引き(1,100円)


●おしごと体験 今後のメニューは・・・

大好評の「モンキーセンターおしごと体験」。今後の開催は・・・
【ワオキツネザルのおやつ作り体験】
  開催日:5/26(土)、27(日) ※雨天時は飼料体験に変更
【ゴリラ&チンパンジーのエサ分け体験 ★新企画】
  開催日:5/19(土)、20(日)

参加費、年齢制限など詳しくは↓
http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●第8回アニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の動物の写真でもOKで
す。Webからもご応募いただけます♪(旧モンキーフォトコンテスト)
募集期間:2012年4/1(日)〜9/30(日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●夏の「先生のための博物館・動物園活用講座」速報!

毎年、春と夏に開催している「先生のための博物館・動物園活用講座」ですが、
今年の夏は8/25(土)と8/28(火)に開催予定です。
ぜひご都合を開けておいてください。
時間や内容等、詳細は次号にてお知らせいたします。


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
vo371「季節変わりは早いもの・・・」2012/5/12更新
vo370「新人飼育員第四弾」2012/5/6更新
vo369「新人飼育員第三弾2012/4/20更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

3月から毎号でベビーラッシュについてお伝えしています。
中でも個人的におススメなのが、南米館の屋内のクロミミマーモセットです。

そもそも小さいマーモセットですが、赤ちゃんはもっと小さい!そんな赤ちゃん
も親から離れてちょこちょこ動きまわるようになってきて、その動きがかわいい
んです。双子なので、2頭の動きの違いも面白いです。

さらに、お母さんの放任ぶりと、お父さんのかいがいしさといったら!マーモセッ
トは父親も積極的に子育てに参加する、サルの中でも珍しい種です。かわいらし
い赤ちゃんも、両親の子育てする姿も、ぜひ観察してみてくださいね。(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
動物取扱業の表示:業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成24年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人