■JMC通信 2012年8月号(通算第50号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2012年8月号(通算第50号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●

■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「動物園裏方のお仕事」獣医師/副園長 木村直人

□ニュース
  ・アカゲザルに赤ちゃんが生まれました!
  ・シャマンに赤ちゃんが生まれました!
  ・スーパーサマースクール、ギリギリ申込可能です!!
  ・夏休みの調べ学習に「霊長類ガイドブック」はいかが!?

□イベント情報
  ・自由研究にぴったりなイベント開催!
  ・おしごと体験 今後のメニュは・・・
  ・トワイライトZOO 開催!
  ・第8回アニマルフォトコンテスト 募集中!
  ・秋のイベント予告

□教員&団体指導者向け情報
  ・先生のための博物館・動物園活用講座「骨のレプリカ作り」
  ・秋の校外学習に!常時下見受付中

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□通算第50周年記念!読者限定プレゼント

□編集後記


■コラム「動物園裏方のお仕事」獣医師/副園長 木村直人------------------

みなさん、こんにちは。動物病院を担当しております木村直人です。モンキー通
信も皆さまのご支持をいただき、創刊50号を迎えることができました。感謝の気
持ちで一杯です。今日は、日頃皆さまの目に触れない動物園の裏方の仕事(動物
病院)とそこで働く獣医師の仕事についてご紹介させていただきます。

日本モンキーセンターの動物病院は、園内ガイドマップにも載っていない「バッ
クヤード」にあります。病院棟には、医局(といっても、事務机数個とロッカー、
トイレにシャワー室くらいしかありませんが・・・)、薬品庫と手術室を兼ねた
処置室、レントゲン室、入院室があります。別棟に検疫棟があり、解剖室も併設
しています。

現在、センターに在勤する獣医師は加藤園長と私の2名です。治療対象個体には、
サル類70種およそ960頭と、ふれあい動物約30種、200点がいます。平成22年度の
統計では、年間治療件数は4,100件余り(日平均11件少々)となっております。
野生の動物は診察台に乗ってもらうまでがとても大変ですので、日に10件を超え
る日はなかなか過酷な1日となります。また、動物園の獣医師は、死亡動物を基
本的にすべて解剖(剖検といいます)します。同年の剖検頭数(流死産胎児の解
剖を含んでいます)は85頭でした。

これほどの数の動物の治療は、獣医師だけでできるものではありません。園内獣
舎の前に、「只今治療中の動物がいます」との掲示をご覧になられた方もあると
思いますが、これは、経口薬(飲み薬)をそれぞれの飼育担当者に飲ませてもら
っていることを示しています。動物1頭1頭を一番よく見ているのは、それぞれの
飼育担当者であることは間違いなく、獣医師は都度様子を診に行き、投薬の効果
や病態把握に努めています。その際、飼育担当者とのコミュニケーションは不可
欠で、現在のサルの状態評価と治療方針、飲ませてもらう薬の種類(薬品名)と
その副作用、病態に変化が生じた際の次の一手など、常に話し合っておきます
(チームワーク&インフォームド・コンセント)。

飲み薬の出し方にも工夫をしています。味覚が発達し、警戒心も高い、病んだり
ケガをしたりしたサルに薬を飲ませる(自発的に飲んでもらう)のは、実はとて
も大変なことです。少しでも警戒心を解いて、飲みやすい薬(の形、剤形)を出
すためには経験とノウハウ(企業秘密です)が必要です。

死亡動物に対する解剖(剖検)についても、その手技には日本モンキーセンター
の伝統的な方式があり、これを頑固に引き継いでいます。通常1体につき2時間
くらい掛かります。解剖手技には、「脳の取り出し」も含まれています。ビジター
センターに展示してある骨の標本をご覧ください。どの標本も頭蓋骨にノコギリ
の跡があるのをご覧いただけると思います。

ご存じのとおり、当園は世界一多くのサル種を飼育する動物園です。自ずと世界
一多くのサル種が病気やケガを負い、亡くなる動物園でもあります。私も勤務年
数が長くなくなってしまい、術者として手術台や解剖台に向かう機会が、歴代の
獣医さんの中でも多い方になってしまいました。動物園の世界では、動物園獣医
師を一人前に育てるのに(新卒からだと)10年掛かると云われています。裏方
のお仕事とはいえ、センターが持つこの貴重なノウハウや伝統はずっと引き継が
れていかないといけません。
(求人情報はこちら→  http://www.j-monkey.jp/help_wanted/index.html)


■ニュース■------------------------------------------------------------

●アカゲザルに赤ちゃんが生まれました!

アジア館のアカゲザルに、7月13日に赤ちゃんが生まれました!名前はロコモコ。
女の子です。お母さんのローレライはとても”凄みのある”顔をしているのです
が、赤ちゃんの顔はとってもキュート♪ぜひアジア館に会いにきてください。
写真はこちら→
http://www.j-monkey.jp/news/index_draft.html#20120816_locomoco
Webサル図鑑の「アカゲザル」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Macaca/Macaca.html#M_mulatta


●シャマンに赤ちゃんが生まれました!

シャマンのドリアン♂とマユ♀の間に、初めての赤ちゃんが生まれました!名前
はピーチ。女の子です。初産のマユは出産後しばらくは赤ちゃんを抱いていまし
たが、その後床に置いてしまい育てる様子がないことから、スタッフが替わりと
なって育てています。
まだお客様に見ていただくことはできませんが、秋頃には園内で日光浴する姿が
見られるかもしれません。ご期待ください。
写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index_draft.html#20120816_peach
Webサル図鑑の「シャマン」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Hylobatidae/Symphalangus/Symphalangus.html#S_syndactylus


●スーパーサマースクール、ギリギリ申込可能です!!

夏休みのスーパーサマースクールは、もう終わってしまった回もありますが、最
終回はギリギリ申込可能です。申込締切は明日、8/17です!急いでお申し込みく
ださい!

スーパーサマースクール:8/22(水)発(東京・大阪・名古屋発)
  詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/camp/2012SSS/


●夏休みの調べ学習に「霊長類ガイドブック」はいかが!?

そろそろ夏休みも終盤。自由研究のネタにお困りではありませんか?
そんな時は「霊長類ガイドブック」を片手に日本モンキーセンターにお越しくだ
さい!
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/news/20120427guidebook/


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●自由研究にぴったりなイベント開催!

◆サイエンスショー
  日時:8/18(土) 13:30〜と15:30〜の1日2回開催!
◆光合成ペンダントをつくろう!
  日時:8/26(日)、9/1(土)、2(日) 13:30〜
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/


●おしごと体験 今後のメニュは・・・

◆ワオキツネザルのおやつ作り体験:9/1(土)、2(日) 15:00〜
  ※雨天時は「飼料体験」に変更することがあります。
◆飼料体験:8/19(日) 15:00〜
◆ゴリラ&チンパンジーのエサ分け体験:8/25(土) 15:00〜
◆葉っぱ集め体験:8/18(土) 15:00〜
参加費、年齢制限など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●トワイライトZOO 開催!

日本モンキーパークの「夜猿祭」にあわせて、日本モンキーセンターでも「トワ
イライトZOO」を開催! 夕暮れ時の動物園で、アフリカンミュージックやグルメ
とともに楽しいひとときを・・・
日程:8/18(土)、25(土)、9/1(土)  ※荒天時中止
時間:18:00〜20:00(入園は19:45まで。20:00消灯)

◆夕暮れ動物園散策
  夕暮れ時の動物園を、ご自由に散策していただけます。
  観覧可能エリア:モンキーバレイ、リスザルの島、ヒヒの城
  ※ビジターセンターより南側は入れません
  ※日没後、暗くなってからはご覧いただけません。

◆アフリカコーナー
  ビジターセンター前がアフリカ色に染まります!
  アフリカンミュージックのライブ演奏やアフリカのビール、グルメを
  楽しもう!特別展「アフリカ」もご覧いただけます。

◆KIDSZOO
  ちょっとびっくり!キモカワ動物たちとふれあおう!
  入場料:200円(当日入場者は再入場可) ※通常営業は17:30まで


●第8回アニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の動物の写真でもOKで
す。Webからもご応募いただけます♪(旧モンキーフォトコンテスト)
募集〆切:9/30(日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


●秋のイベント予告

秋のイベントは9/15(土)から開催予定です!この秋は、おそらく日本初となるで
あろうスペシャル企画を実施します!高所作業車に乗ってモンキースクランブル
の最上部の高さを体験できる、その名も「モンキースカイデッキ」が登場!
その他、サルリンピックなどの定番イベントも開催します。詳細は次号をお楽し
みに♪


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●先生のための博物館・動物園活用講座「骨のレプリカ作り」

歯科印象材とレジン樹脂を用いた簡便なレプリカ標本作成法をご紹介し、日本モ
ンキーセンターが所蔵する骨格標本を使って、歯列や関節などのレプリカ標本作
りを実際に体験していただきます。

1回目:2012年8月25日(土) 13:00〜17:00
2回目:2012年8月28日(火) 13:00〜17:00 ※定員まであとわずか!
両日とも同内容で開催します。
申込方法など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/education/


●秋の校外学習に!常時下見受付中

校外学習でモンキーセンターを利用しようと思われたら、ぜひ下見にお越しくだ
さい。学芸員が園内の過ごし方や教育プログラムについて打合せをいたします。
もちろん下見時は入園無料!
ビジターセンターに常に学芸員が常駐していますので、常時下見を受け付けてい
ます。ただ、夏休みの終わりは特に下見が集中しますので、事前にお電話いただ
くと安心です。


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

最近の更新は・・・
「vo382ヒヒの日々」2012/8/13更新
「vo381大量発生!?」2012/8/5更新
「vo380リスザルを探せ」2012/7/29更新
「vo379園内で見られる生物1」2012/7/22更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■通算第50周年記念!読者限定プレゼント■--------------------------------

JMC通信は今月号で通算第50号を迎えました。
そこで皆さまのご愛読に感謝し、とっておきのプレゼント企画を実施します!

プレゼント:所長の市川からのアフリカ土産
      (ネックレス、サルを呼ぶ笛、木の実の彫刻、バナナの皮の絵など)
       写真はこちら↓
       http://www.j-monkey.jp/mail_magazine/index_draft.html
数 量  :抽選で6名様
応募締切 :2012年8月末日
当選発表 :賞品の発送をもって替えさせていただきます

所長の市川からのメッセージです。
「カメルーンの首都ヤウンデの工芸品市場(Centre artisanat)にいくと、数十の
小さな工芸品店がならび、観光客でにぎわっています。デフォルメされたマスク
や彫像などの木工品のほか、皮革製品やバナナ葉の切り絵、ビーズ、野生の種子、
石等を組み合わせた装飾品が狭い店内からあふれ出ています。この地域独特のデ
ザインや色彩感覚をもったユニークなものが多く、格好のおみやげになります。
なかには、古いビーズなどの掘り出し物が紛れていることもありますが、たいて
いは新しい物。しかし、お値段が格安の上、生活苦を訴える売り子の迫力に負け
て、行けば何かを買わされてしまいます。」

以下にご記入の上、このメールに返信する形でご応募ください。

★JMC通信・通算50号記念・読者限定プレゼント応募票★

Q1:JMC通信はいつ頃から読まれていますか?
A1:【2年以上前・1年前くらい・数ヶ月前】←選んでください

Q2:JMC通信へのご意見、ご感想をお聞かせください。
A2:【                 】←ご記入ください

プレゼント送付先
〒【      】
ご住所【                         】
お名前【             】
※送付先にご記入いただいた個人情報はJMC通信に関わる連絡のみに使用します


■編集後記■------------------------------------------------------------

今年のトワイライトZOOは一味違います!
あ、7月号もそんな話でアフリカのビールネタでしたが、今月号は音楽の話。

18:45からの「アフリカンドラムライブ」は、本場セネガル人がパーカッション
や歌、ダンスを披露してくれます。そして大人も子どももみんなで楽しむのがア
フリカ流!最後は全員スタンダーーップ!
トワイライトZOOは残すところあと3回。8/18(土)、25(土)、9/1(土)です!(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人