■JMC通信 2012年11月号(通算第53号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2012年11月号(通算第53号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●

■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「不気味の谷」 神田恵

□ニュース
  ・クロミミマーモセットに赤ちゃんが生まれました!
  ・アカテタマリンに赤ちゃんが生まれました!
  ・ボウシテナガザルに赤ちゃんが生まれました!

□イベント情報
  ・第57回プリマーテス研究会「人類のルーツに迫る」開催!
  ・3連休は「○×クイズ」で盛り上がろう!
  ・おしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・冬の風物詩「たき火にあたるサル」開催予告

□教員&団体指導者向け情報
  ・第53回日本動物園水族館教育研究会 犬山大会を開催します!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「不気味の谷」 神田恵-------------------------------------------

おどろおどろしいタイトルではじまる今回のコラムですが、怪談話ではありませ
ん。ご安心下さい。

タイトルの「不気味の谷」とは、もともとはロボット工学の世界で提唱された現
象で、ロボットなどの外見を見たとき、ある程度までヒトに似ていると親近感が
わくが、あまりに似すぎるといきなり強い不安感や違和感を覚える、という例が
報告されています。このとき、ロボットを見たときの感情反応を縦軸(+は好反
応、−は嫌悪反応)にとり、本物のヒトとの類似度を横軸にとってグラフを作る
と、はじめはヒトに似せるほど+の反応割合が高くなりますが、ある時点でグラ
フがV字を描いて−の深くに落ち込みます。さらにそこからヒトと全く同じ外見
になると、値が回復して+に戻ります。この反応の落差を描くグラフが谷のよう
に見えることから、「不気味の谷」の名が付きました。

これはヒトだけではなく、サルでも、自分たちに酷似した(しかし本物ではない)
顔に忌避反応を示すことも、最近の研究により判明しました。またヒトの赤ちゃ
んでも、他人の女性、他人と母親の合成、母親、という3枚の写真を提示すると、
一番避けるのは他人と母親の合成写真で、「不気味の谷」とよく似た反応を示す
ことが知られています。

ところで、サルたちを観察していると「・・・あれ?」と思うほどヒトに似てい
ると感じる瞬間があります。首をかしげてこちらを凝視する様子、赤ちゃんがお
母さんに甘えたりむずかったりするしぐさ・・・あんなにかわいいのに、あまり
にヒトに似ているその姿に、ふっと背筋が寒くなる瞬間は、みなさんにもありま
せんか?

ヒトは霊長類の仲間であり、多くの類似点を体に備えています。たとえば器用に
動く手の指、前を向いた両目などがぱっと目に付くことでしょう。特に類人猿は
表情豊かで、知人にこんな人いたなぁと思ってしまうほどです。そんなとき、私
たちはヒトとサルの間に「不気味の谷」を感じているのかもしれません。このよ
うな日常にはない不思議な違和感も、サルたちを観察する醍醐味ではないかと思
いますが、いかがでしょうか?


モンキーセンターのサルたちも、日々自分たちの住処を訪れるたくさんのヒトを
見ています。「・・・この、自分とよく似た生き物たちは・・・何?」などと思っ
てぞっとしているのでしょうか? 一度彼らに聞いてみたいものです。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●クロミミマーモセットに赤ちゃんが生まれました!

ビジターセンターのクロミミマーモセット、カンナ♀とミッド♂の間に、10月23
日に双子の赤ちゃんが生まれました。生まれて数日は親の体にしっかりとつかま
り毛の間に埋もれてしまって、赤ちゃんの存在に気がつく方はほとんどいません
でした。最近は目もパッチリと見開いて、ときどき少しだけ親の体から離れるこ
ともあります。
マーモセットの仲間は父親も積極的に子育てに参加します。父親のミッドも赤ちゃ
んを運んだり背中で遊ばせたり、”イクメン”ぶりを発揮しています。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20121122_kuro
Webサル図鑑の「クロミミマーモセット」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Callitrichidae/Callithrix/Callithrix.html#C_penicillata


●アカテタマリンに赤ちゃんが生まれました!

南米館の屋内で暮らすアカテタマリンに、なんと連続で赤ちゃんが生まれました!
10月31日にキョウ♀が双子を出産、そして11月3日にはキョウの娘のフウ♀が三
つ子を出産しました。
一家で協力して子育てをするサルだとは言え、同時に5頭の赤ちゃんを育て上げ
るのは至難の業。ということで、5頭のうち2頭を人工哺育に切り替え、飼育員が
母親替わりとなって育てています。
南米館の屋内では、一家で協力して3頭の赤ちゃんを育てる姿が見られます。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20121122_akate


●ボウシテナガザルに赤ちゃんが生まれました!

ボウシテナガザルのカナコ♀とカン♂の間に、10月31日に赤ちゃんが生まれまし
た!赤ちゃんは真っ白な毛をしていますが、まだ毛が薄く皮膚のピンク色がよく
見えます。
最近はテナガザルでおめでた続きです!前号、前々号でお知らせしたシャマンの
ピーチ♀とライチ♂も元気に育っています♪

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20121122_gibbon
Webサル図鑑の「ボウシテナガザル」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Hylobatidae/Hylobates/Hylobates.html#H_pileatus


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●第57回プリマーテス研究会「人類のルーツに迫る」開催!

今年のプリマーテス研究会では日本を代表する化石人類・霊長類研究者に集まっ
ていただき、後期中新世類人猿研究からヒトのルーツに迫りたいと思います。

日時:2012年12/8(土)・9日(日)
場所:日本モンキーセンター内 ビジターセンター
参加費:一般1,000円、学生500円、高校生以下無料
懇親会費:3,500円

プログラムや参加申込方法など詳しくはこちら↓
http://www.j-monkey.jp/research/priken/57th_prg.html


●3連休は「○×クイズ」で盛り上がろう!

11/23(金・祝)、24(土)、25(日)の3連休は、毎日13:30より「○×クイズ」を開
催します!先着200名まで参加でき、サルに関するクイズに答えて○か×かで大
移動!上位入賞者には賞品もご用意しています。参加費は無料です!


●おしごと体験 今後のメニューは・・・

◆リスザルのおやつ作り体験
  11/23(金・祝)、24(土)、25(日) 14:00〜 ※雨天変更
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●冬の風物詩「たき火にあたるサル」開催予告

今年もたき火の季節が近づいてまいりました。毎年冬至から開催していますので、
今年は12/21(金・冬至)から、翌年2/28(木)まで開催いたします!もちろんお客
様にもおいしいおイモをお召し上がりいただく「ほかほかおイモタイム」も開催
予定。次号にて詳しくお知らせいたします♪


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●第53回日本動物園水族館教育研究会 犬山大会を開催します!

動物園水族館の職員を中心に、ボランティア、教職員、学生などが毎年1回集い、
動物園水族館での教育について発表、議論し合う研究会です。全国各地場所を変
えて毎年開催されていますが、今年度は日本モンキーセンターを会場として開催
されます!

日程:2013年1/27(日) 13:00〜18:00・1/28(月) 10:00〜12:00
場所:日本モンキーセンター
テーマ:『資料の保存と活用』

どなたでも参加できる研究会です。動物園や水族館を活用した教育実践事例をた
くさん聞くことができますので、関心をお持ちの教員や団体指導者の方は、ぜひ
ご参加ください。

詳しくは研究会のページをご覧ください→ http://www.jzae.jp/


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!
「vo394体重測定」2012/11/18更新
「vo393寝室側から見たWaoランド」2012/11/9更新
「vo392ホタテ」2012/11/1更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

クロミミマーモセットの父親の”イクメン”ぶりったら、すごいです。
赤ちゃんのお腹がへると、父親は母親に赤ちゃんを渡すのですが、渡した後も、
脇から赤ちゃんを覗き込んでみたり、母親の毛づくろいをしてみたり、なんだか
落ち着かない様子・・・。授乳が終わると、すぐにまた赤ちゃんを引き取ります。

個人的には、そんな”イクメン”の父親について解説した後の、来園者のご夫婦
の会話が面白いのですけれどね。今日は「いい夫婦の日」です♪(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人