■JMC通信 2013年3月号(通算第57号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2013年3月号(通算第57号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「驚きのアマゾン」主任学芸員 高野智

□ニュース
  ・特別展「アマゾンの光と影」3/23(土)オープン!
  ・クロヒゲサキが仲間入りしました!
  ・ワオキツネザルの出産ラッシュが始まりました!
  ・モンキーセンター1日飼育員体験 本日中なら間に合います!

□イベント情報
  ・モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・第58回モンキーセンター写生大会 4/1(月)より開催!
  ・第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 4/1(月)より募集開始!
  ・2013年度モンキーカレッジ 4/1(月)より募集開始!
  ・第5回モンキーミーティングinモンキーセンター2013 4/27(土)開催!

□教員&団体指導者向け情報
  ・先生のための博物館・動物園活用講座「サルに学ぶ生物多様性とその保全」

□webサイトより
  ・「獣医室」更新!
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「驚きのアマゾン」主任学芸員 高野智----------------------------

ナミチスイコウモリの骨格標本を入手しました。といっても個人的に購入した
わけではなく、23日(土)から始まる特別展「アマゾンの光と影 〜Beautiful
& Dangerous Amazon +UMA〜」で展示するために手に入れたのです。

チスイコウモリはアマゾンを中心に中南米に分布するコウモリで、英語ではずば
りVampire Bat、吸血コウモリです。その名の通り、家畜などに取り付いて皮膚
を傷つけ、滲み出してきた血液をなめます。ご丁寧にも、その唾液には血液の凝
固を妨げる成分が含まれており、長時間の採食が可能になるそうです。

霊長類の骨に関しては人後に落ちない自信のある私ですが、コウモリについては
素人です。さっそく観察と勉強を始めて驚きました。チスイコウモリの切歯と犬
歯はカミソリのように鋭く尖っており、犬歯より後ろの小臼歯や大臼歯はほとん
ど役に立たないほど小さくなっています。まさに、動物の皮膚を傷つけるための
装置と化しているのです。また、コウモリにしては後ろ脚が立派なのですが、こ
れは獲物の近くに着地して、地面の上を跳びはねて獲物に近づくためだそうです。

コウモリが多様であることは知識として知ってはいましたが、具体的な標本を前
に、改めて動物の生活が骨格に現れているのを目の当たりにして感動した次第で
す。

特別展では、アマゾンの多様な生き物や、そこで暮らす人々の暮らしを、たくさ
んの生体、標本、物産でご紹介します。ここで説明するだけの字数がないのが残
念ですが、特殊化を遂げた動物たちの姿には驚くばかりです。フタユビナマケモ
ノの生体も登場予定で、ナマケモノの手足の骨はこれまた驚きの構造をしている
のですが…またの機会にしましょう。

あまりに多くの展示物の中に埋もれてしまっているかもしれませんが、チスイコ
ウモリの骨格も探してみてください。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●特別展「アマゾンの光と影」3/23(土)オープン!

特別展「アマゾンの光と影 〜Beautiful & Dangerous Amazon +UMA」が間もな
くオープンします!
世界一の大河・アマゾン川に寄り添って暮らす美しい熱帯魚やチョウ、小さなサ
ルたち。 その豊かな生態系は、一方で人間すら獲物となりかねない危険な生物
も育んできました。 南米・アマゾンに暮らす美しい生物と危険な生物を、生体
や標本でご紹介します。

会期:2013年3/23(土)〜2014年2/23(日)
場所:ビジターセンター内特別展示室


●クロヒゲサキが仲間入りしました!

特別展の開催に先立ち、3/14(木)、日本平動物園からオスの、東山動物園からメ
スのクロヒゲサキが来園しました!
健康診断などを終え、3/17(日)から順次、南米館の屋外展示にて公開しています。
2頭は出会ったばかりですが相性もよく、すぐに一緒にすることができました。
今後の繁殖に期待できそうです。

天候等によってはサルの体調を優先しご覧いただけないことがあるかもしれませ
んが、ご了承ください

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130319_saki


●ワオキツネザルの出産ラッシュが始まりました!

今年も3/12の出産を皮切りに、Waoランドのワオキツネザルの出産ラッシュが始
まりました!現在は3頭の赤ちゃんが見られますが、今後も10頭以上の赤ちゃん
が生まれる予定です。
Waoランドでは、ワオキツネザルたちが人の存在を気にすることなく、自然な姿
が観察できます。運が良ければ、目の前で出産の様子や生まれたばかりの赤ちゃ
んを見られることも!?スタッフが常駐していますので、最新の赤ちゃん情報を
聞いてみてください。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130320_wao


●モンキーセンター1日飼育員体験 本日中なら間に合います!

春休み、日本モンキーセンターでサルの飼育員のおしごとにチャレンジしてみま
せんか? 現地集合&現地解散の1日体験です。
本日中(3/20中)でしたら間に合います!!

★ポイント★
1)飼育員のおしごとに挑戦!
2)学芸員がしっかり指導いたします
3)次回使えるワンデーパスポート特別割引券をプレゼント♪

開催日:2013年3/28(木)
対象:新小学4年生〜新中学1年生
参加費:3,000円(年間会員の方は2,500円)
申込締切:3/20(水・祝)
詳しくはこちら→http://www.j-monkey.jp/event/camp/2013spring/


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・

リスザルのおやつ作り体験:3/23(土)、24(日)
葉っぱ集め体験:3/30(土)、31(日)
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●第58回モンキーセンター写生大会 4/1(月)より開催!

モンキーセンター創設当初より続く伝統行事・写生大会は、今年で第58回を迎え
ます。動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えいただくと、入園料が半額とな
ります。

受付期間:2013年4/1(月)〜5/31(金)
画用紙引換:ビジターセンター
対象:幼稚園・保育園児〜中学生
参加費:写生大会参加者は入園料金が通常の半額(入園料・画用紙代含む)。
    付添の方は参加者1名につき1名様を500円引き(1,100円)
※絵具、筆などの画材はお持ちください。
※動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えください。


●第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 4/1(月)より募集開始!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
募集期間:2013年4/1(月)〜9/30(月)
表彰式:2013年11/3(文化の日)

詳しくは4/1以降にアニマルフォトコンテストのページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/photo.html


●2013年度モンキーカレッジ 4/1(月)より募集開始!

6月〜11月の毎月1回開催する、全6回の大人向け連続講座です。各方面の著名な
方をお招きし、サルやヒト、地球環境について学びます
募集期間:2013年4/1(月)〜 定員に達し次第締切

詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/college/index.html


●第5回モンキーミーティングinモンキーセンター2013 4/27(土)開催!

Honda「モンキー」がモンキーセンターに大集合!
「モンキー」と本物のサルの、夢のコラボ!?です。

日時:2013年4/27(土) (小雨決行) ※雨天順延日:4/29(月・祝)
場所:モンキースクランブル周辺
※Honda「モンキー」でのご参加は要事前申込。
※今までの開催状況はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/event/monkeymeeting/


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●先生のための博物館・動物園活用講座「サルに学ぶ生物多様性とその保全」

日本モンキーセンターでは、専門知識を持った学芸員が常駐し、学校と博物館が
連携した授業づくりをおこなっています。
今回の講座では、生物多様性をテーマに霊長類の多様性や進化について学び、さ
らにいくつかの霊長類について、個体数減少の現状や保全への取り組みをご紹介
いたします。本日が申込締切日です!

日時:2013年3/23(土) 9:30〜12:30
      3/26(火) 13:00〜16:00  ※両日とも同内容で実施
対象:小学校、中学校、高等学校等の教職員の方、幼稚園、保育園の職員の方
参加費:無料(入園料も無料となります)
内容:講義「サルに学ぶ生物多様性とその保全」
   園内ガイド「多様性ガイドツアー」
   バックヤード見学
   日本モンキーセンターと学校の連携事例紹介
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/education/index.html


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「獣医室」更新!

「モンキーバレイの日向ぼっこ編」2013/3/6更新


●「飼育室」更新中!

「vo409花より団子?」2013/3/15更新
「vo408追悼」2013/3/6更新
「vo407なんと尻尾で!」2013/2/27更新

「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

特別展オープンに先立ち、ブラジルの食材を扱うお店に行ってきました。
特別展で展示や販売する品物を選ばなければいけないのですが、個人的にもすっ
かり楽しんでしまいました。冷凍ストッカーには1頭まるごとの子ブタがあり、
飲み物のコーナーにはココナッツやタマリンドなど見慣れないジュースがずらり。
隣のレストランではブラジルのグルメを楽しむことができます。

坂祝町の「Select Market」というお店です。モンキーセンターの特別展と併せ
て、南米の雰囲気を楽しみにぜひ行ってみてください♪(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人