■JMC通信 2013年4月号(通算第58号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2013年4月号(通算第58号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「スケッチ」学芸員 江藤彩子

□ニュース
  ・ヤクニホンザルの出産が始まりました!
  ・ワオキツネザルはすでに12頭が誕生!
  ・ケナガクモザル、シシオザル、トクモンキーなども続々誕生!
  ・特別展「アマゾンの光と影」、本当に生きてます!

□イベント情報
  ・第58回モンキーセンター写生大会 開催中!
  ・モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・2013年度モンキーカレッジ 残席あとわずか!
  ・第5回モンキーミーティングinモンキーセンター2013 4/27(土)開催!
  ・第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

□教員&団体指導者向け情報
  ・5年生理科「人のたんじょう」をサルから学ぼう!
  ・秋の校外学習、お電話での仮予約も受付中!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中

□編集後記


■コラム「スケッチ」学芸員 江藤彩子------------------------------------

ただ今、モンキーセンターではソメイヨシノが散り、八重桜が咲き、藤とツツジ
のつぼみがふくらみ、サルの赤ちゃんが生まれ、春真っ盛りです。そんな中、園
内では「写生大会」を開催中です。青空の下で絵を描いているこども達を見てい
ると、私も小学生の頃を思い出します。自分で描きたいものを選び、どういった
構図で描こうか、大きな画用紙を眺めながら子どもなりに悩んだものです。

モノを目の前にして、時間をかけて観察をしていると、いままで見えていなかっ
たものが見えてきます。こども達の絵を見ていると、びっくりするほど細かな所
までよく観察されている絵があります。ワオキツネザルの赤ちゃんの目の色が親
と違うこと、サルの目に白目がないこと、ニシローランドゴリラの頭の先が茶色
であることなど、おとなであれば先入観で間違って描いてしまうような所でも、
こども達は見たものをそのまま受け入れ、忠実に描きます。

一度、気になるサルの絵を描いてみてはいかがでしょうか。絵を描いてみると、
身体の作り、しぐさ、個体差などが見えてきて新しい発見があるかもしれません。
写生大会は中学生までしかご参加いただけませんが、どなたでも園内で自由に絵
を描いていただけます。春のぽかぽか陽気の中でゆったりと絵を描いて過ごす1
日もなかなか良いものです。白い画用紙は強い日差しを受けやすいので、目の保
護には十分お気を付けください。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●ヤクニホンザルの出産が始まりました!

春に出産シーズンを迎えるヤクニホンザルは、4/3のリンゴ♀の出産を皮切りに、
今のところ3頭の赤ちゃんが生まれています。
4月から5月にかけて、今年も10頭近くの赤ちゃんが生まれる予定です。


●ワオキツネザルはすでに12頭が誕生!

同じく春に出産シーズンを迎えるワオキツネザルは、一足はやく3/12にプラム♀
が出産し、すでに12頭が生まれました!まだお腹の大きな個体も数頭います。

今年の出産シーズンは1日に同じ群れで3頭も立て続けに出産したり、お客様の目
の前で出産したりと、話題の多いシーズンでした。お客様の目の前で出産した際
には、スタッフとお客様、そして下見に来ていた学校の先生も一緒になって「が
んばれ!」と応援しました。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130418_wao


●ケナガクモザル、シシオザル、トクモンキーなども続々誕生!

この春、他にもたくさんの赤ちゃんが誕生しました!
シシオザルはイン♀とフィニ♀が出産し、赤ちゃん2頭で遊ぶ姿も見られるよう
になりました。トクモンキーは4/9にファイト♀が出産。他の個体も間もなく出
産しそうです。

そしてモンキーセンターで久しぶりに生まれたケナガクモザルの赤ちゃんパト♂
は、現在人工哺育で育っています。天気の良い日には芝生の上で日光浴する姿も
ご覧いただけます♪

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130418_pato


●特別展「アマゾンの光と影」、本当に生きてます!

特別展「アマゾンの光と影 〜Beautiful & Dangerous Amazon +UMA」が3/23に
オープンしました!会場にはアマゾンの様々な生物を生体や標本で展示している
のですが、その展示方法がユニークなのです。

「え?生きてるの!?」そんな声を何度も聞きます。
会場に設置された木の幹を見上げると、ヘラクレスオオカブトムシやマルスゾウ
カブトムシがいます。はい、生きています。
ガラスも柵もない窓の中を見ると、手が届きそうなところにフタユビナマケモノ
がいます。はい、生きています。

飛んでいかないの!?逃げないの!?と気になるかもしれませんが、その秘密は
会場にて質問してみてくださいね。


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●第58回モンキーセンター写生大会 開催中!

モンキーセンター創設当初より続く伝統行事・写生大会は、今年で第58回を迎え
ます。動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えいただくと、入園料が半額とな
ります。

受付期間:2013年4/1(月)〜5/31(金)
画用紙引換:ビジターセンター
対象:幼稚園・保育園児〜中学生
参加費:写生大会参加者は入園料金が通常の半額(入園料・画用紙代含む)。
    付添の方は参加者1名につき1名様を500円引き(1,100円)
※絵具、筆などの画材はお持ちください。
※動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えください。


●モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・

リスザルのおやつ作り体験:4/20(土)、21(日)、5/3(金)〜6(月)
ワオキツネザルのおやつ作り体験:4/28(日)
ゴリラ&チンパンジーのエサ分け体験:5/11(土)、12(日)
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●2013年度モンキーカレッジ 残席あとわずか!

6月〜11月の毎月1回開催する、全6回の大人向け連続講座です。各方面の著名な
方をお招きし、サルやヒト、地球環境について学びます
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/college/


●第5回モンキーミーティングinモンキーセンター2013 4/27(土)開催!

Honda「モンキー」がモンキーセンターに大集合!
「モンキー」と本物のサルの、夢のコラボ!?です。
今年はブース出展やモトモト撮影会などイベント盛りだくさんで開催します!

日時:2013年4/27(土) (小雨決行) ※雨天順延日:4/29(月・祝)
場所:モンキースクランブル周辺
※Honda「モンキー」でのご参加は要事前申込。
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/monkeymeeting/


●第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
募集期間:2013年4/1(月)〜9/30(月)
表彰式:2013年11/3(文化の日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●5年生理科「人のたんじょう」をサルから学ぼう!

小学校5年生で学ぶ「人のたんじょう」の単元で、モンキーセンターを活用して
みませんか?ちょうど春は出産ラッシュで、生まれたばかりの赤ちゃんを園内の
あちこちで観察できます。人と同じ一産一子で母親が大切に抱いています。手も
使って移動する母親にしっかりとしがみつくことができるなど、人との違いを発
見することもできます。

園内での観察だけでなく、標本を使った学習も可能です。ニホンザルの妊娠子宮
のプラスティネーション標本では、子宮、胎児、へその緒、胎盤などの本物を、
目の前で観察することができます。
標本を使ったアウトリーチ活動もしておりますので、ご相談ください。


●秋の校外学習、お電話での仮予約も受付中!

4月に入り、早くも秋のレクチャーの仮予約が入り始めました。
特に木曜日と金曜日の午前中は集中します。秋の校外学習をご検討中の先生方は、
ぜひお早目にお電話ください。


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

「vo413春の装い」2013/4/14更新
「vo412待ち遠しい」2013/4/8更新
「vo411ビリビリ」2013/3/30更新
「vo410桜の開花」2013/3/22更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

特別展「アマゾンの光と影」の会場の一番奥に、特別展のアイドル(だと私が勝
手に思っている)、フタユビナマケモノがいます。まだ若い2才のメスで、名前
は「はなちゃん」。花の季節に来園したこと、大きな鼻が印象的なこと(そして
来園直後に鼻くそをつけていたこと(苦笑))からつけました。

しかし、なんと多くの方がナマケモノを「サルの一種」だと思っていることでしょ
う!!私たちから見ると、こんなに違うのに。
動きはゆっくり、フンは1週間に1回だけ、地上に降りたら立てない・・・
毎日サルばかり見ていると、そんな「はなちゃん」にとっても癒されます。

美しい熱帯魚や危険なピラニアも目玉ですが、「光」とも「影」ともつかないナ
マケモノのはなちゃんに、みなさんもぜひ癒されてください(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人