■JMC通信 2013年5月号(通算第59号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2013年5月号(通算第59号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「ネズミからサルへ」 リサーチフェロー 新宅勇太

□ニュース
  ・コモンウーリーモンキーに赤ちゃん誕生!
  ・人工哺育の赤ちゃんの日光浴が見られます♪
  ・特別展、ニュースになってます
  ・7月に5日間限定「動物園スペシャルDAY!」実施します!

□イベント情報
  ・第58回モンキーセンター写生大会 開催中!
  ・父の日に特大パネトーネの試食会を開催!
  ・モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

□教員&団体指導者向け情報
  ・中学校の職場体験学習を受け入れています!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!
  ・「獣医室」更新!

□編集後記


■コラム「ネズミからサルへ」 リサーチフェロー 新宅勇太----------------

まずは皆さまはじめまして。
この4月よりリサーチフェローとして着任した新宅です。これからどうぞよろし
くお願いします。

私のこれまでの研究テーマはサルでもヒトでもありません。アカネズミ、という
ネズミの仲間でした。ネズミというと屋根裏にいるやつ、とマイナスなイメージ
が先行してしまうのですが、実際に人家を住処にするネズミは日本では3種類だ
けです。一方“野ネズミ”は外来種を除くと、日本列島から16種報告されていま
す(本州には6種)。そして16種中,半分以上の9種が日本にしかいない固有種
(本州には5種)です。アカネズミも日本固有種で、茶色からオレンジ色の毛を
もち、山林や河川敷など広く生息しています。センターの周辺にもいるはずです。

私は形態の研究、特に大陸の種と日本の種の比較や、日本列島の中での地域差の
研究をしてきました。形態を研究するには実物の観察が必要です。人と同じよう
に、ネズミにもオスとメスの性差や個体差があります。地域差を明らかにするた
めにはできるだけ多くの地点からのデータが必要です。そのため、研究には膨大
なデータを集める必要がありました。自分でネズミを捕獲して調べることもしま
した。50個から、時には100個の折り畳み式のネズミワナを抱えて山を歩いてネ
ズミがいそうな場所を探し、夕方にセットして夜行性のアカネズミを捕獲します。
そして翌朝回収して、昼は研究用の標本を作って計測をし、そしてまた夕方に山
へ行く、という繰り返しです。それだけではなく、過去の研究者が集めた標本を
国内外の博物館でもう1度調べる、ということもしました。特に国外では調査で
きる日程が限られるので,昼食もとらずに1日7時間、博物館の開館直後から閉
館間際までひたすら骨を見続ける日々が続くこともあります。幸いアカネズミは
過去の研究の蓄積があるので、私の研究は博物館調査が中心となり、自分で捕獲
したネズミはそう多くありません。最終的には、アカネズミ1種の日本列島の中
の地域差を調べるために、1,800頭分の計測値のデータと、1,300頭分の頭骨写真
を研究に使いました。

さて、そんな私がこのセンターで今度はサルの研究を始めることになりました。
センターには長年の歴史で蓄積された、詳細な生前の情報をもつ標本が骨格だけ
で3,800点もあり、世界でも有数の大コレクションです。サルの場合、アカネズ
ミと違って捕獲調査で大量の標本を得るのは不可能なので、これほどの標本をす
ぐ調べられるというだけで大きなアドバンテージです。これをどう使って研究し
ていけるのか、標本室に並ぶ骨を見ながら思索する日々です。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●コモンウーリーモンキーに赤ちゃん誕生!

4/19にコモンウーリーモンキーのハーブ♀が出産しました!赤ちゃんはしっかり
とお母さんにしがみついており、まだ雌雄はわかりません。名前は「セイロン」。
コモンウーリーモンキーは南米館の屋外側にいます。おとなたちよりも少し白っ
ぽい毛をしていますので、ぜひ探してみてください。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/
Webサル図鑑の「コモンウーリーモンキー」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cebidae/Lagothrix/Lagothrix.html#L_lagotricha


●人工哺育の赤ちゃんの日光浴が見られます♪

人工哺育で育っている赤ちゃんは、現在以下の4頭です。
 シャマンのピーチ(♀)      2012年6/22生まれ
 ケナガクモザルのパト(♂)   2013年3/12生まれ
 ワオキツネザルのレックス(♂) 2013年3/23生まれ
 フサオマキザルのキアヌ(♂)  2013年3/25生まれ
健康管理のため、天気のよい日には日光浴をさせていますが、その様子をお客様
にもご覧いただいています。触れることはできませんが、かわいらしい赤ちゃん
をぜひ間近で観察してください。

なお、あくまで健康管理のための日光浴ですので、天候不良の日や暑すぎる日な
どは健康を第一に考え実施しないこともあります。ご了承ください。


●特別展、ニュースになってます!

特別展「アマゾンの光と影 〜Beautiful & Dangerous Amazon +UMA」が新聞や
テレビで取り上げられています♪
3月のオープン時にはあまり取り上げてもらえなかったのに、ナゼいまさら!?
どうやら、ベビーラッシュの取材にいらした記者の方が、実際に特別展を見て
「これは面白い!」と取り上げてくださっているようなのです。
今後も放送予定がありますので、ぜひチェックしてみてください。


●7月に5日間限定「動物園スペシャルDAY!」実施します!

速報です!例年冬季に実施していた「動物園スペシャルDAY!」ですが、今年は
以下の5日間限定で7月に実施いたします。

日程:2013年7/8(月)〜12(金)

入園料超割引、駐車場無料で動物園を楽しめるチャンスです!営業時間やその他
詳細は6月号にてお知らせいたします。


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●第58回モンキーセンター写生大会 開催中!

モンキーセンター創設当初より続く伝統行事・写生大会は、今年で第58回を迎え
ます。動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えいただくと、入園料が半額とな
ります。

受付期間:2013年4/1(月)〜5/31(金)
画用紙引換:ビジターセンター
対象:幼稚園・保育園児〜中学生
参加費:写生大会参加者は入園料金が通常の半額(入園料・画用紙代含む)。
    付添の方は参加者1名につき1名様を500円引き(1,100円)
※絵具、筆などの画材はお持ちください。
※動物園ゲートで写生大会参加の旨をお伝えください。


●父の日に特大パネトーネの試食会を開催!

特別展「アマゾンの光と影」の開催にちなみ、ブラジルで愛されているケーキ
「パネトーネ」とカフェピロンのコーヒーの試食会を開催します!今回は特大サ
イズ(4kg)のケーキをご用意し、200名以上の方に試食していただけます。

日時:6/16(日・父の日) 13:00〜
場所:ビジターセンター前


●モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・

飼料体験:5/18(土)
葉っぱ集め体験:5/19(日)
ワオキツネザルのおやつ作り体験:5/25(土)、26(日)
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
募集期間:2013年4/1(月)〜9/30(月)
表彰式:2013年11/3(文化の日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●中学校の職場体験学習を受け入れています!

モンキーセンターでは、動物園という場を様々な学習に活用していただこうと、
職場体験学習も積極的に受入をしています。飼育員と一緒に様々な仕事を体験す
ることで、動物に接する仕事ならではの苦労ややりがい、夢などを実感していた
だけるのではないかと思います。

職場体験学習を申し込まれる学校向けに、申込方法や受け入れ条件、注意事項な
どをまとめた書類を用意しています。以下のページをご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/education/pdf/internship/info2.pdf


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

「vo416小さくても」2013/5/7更新
「vo415大きくなりました」2013/4/29更新
「vo414春キャベツ」2013/4/22更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/

●「獣医室」更新!

「ヒゲサキ編」2013/5/1更新
http://www.j-monkey.jp/veterinarian/


■編集後記■------------------------------------------------------------

春はサルたちのベビーラッシュ。この季節、私の超個人的な楽しみ方は、赤ちゃ
んの特徴を何か別のモノで表現することです。

例えば「しましまミミズ」。お母さんの脇腹から見え隠れするワオキツネザルの
赤ちゃんの尾は、しましま模様のミミズに見えてきませんか?
そして今年の一大ヒットは「サザエの肝」です!!みなさんも見ればきっと納得
していただけるはず。それはウーリーモンキーの赤ちゃんの尾です。

ウーリーモンキーはクモザルに近縁なオマキザル科のサルで、把握性のある器用
な尾はクモザルの尾より太く力強いのです。赤ちゃんの尾もくるっと巻いていて、
それでいて先がシュッと細く、本当に「サザエの肝」のよう。ぜひ真偽の程をご
覧ください。(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人