■JMC通信 2013年7月号(通算第61号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2013年7月号(通算第61号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「ヒトとサルの多様な関係」 学芸員 赤見理恵

□ニュース
  ・ボリビアリスザルに赤ちゃんが生まれました!
  ・マンドリルに赤ちゃんが生まれました!
  ・チンパンジーのマルコ♀、群れに仲間入りできました!
  ・特別展「アマゾンの光と影」に「ヘラクレスの森」が登場!

□イベント情報
  ・トワイライトZOO 今年の夏も開催します!
  ・夏休みの自由研究にはコレ!
  ・日本モンキーセンター スーパーサマースクール 参加者募集中!
  ・夏休みわくわく体験キャンプ 参加者募集中!
  ・おしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

□教員&団体指導者向け情報
  ・先生のための博物館・動物園活用講座「目からウロコの人類進化」
  ・秋の校外学習の下見を受け付けています

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!

□編集後記


■コラム「ヒトとサルの多様な関係」 学芸員 赤見理恵-------------------

みなさん、ウーリーモンキーというサルをご存知でしょうか?
南米に生息するオマキザルの仲間で、名前の由来でもあるウールのように密な毛、
器用な尾、ちょっとゴリラ風の“イカツイ”顔が特徴です。IUCNのレッドリスト
では「Vulnerable」にカテゴライズされ、個体数は減少傾向にあります。

さて、先日大阪の国立民族学博物館でアマゾンの動物と人々のくらしに関する企
画展が開催されていると聞き、現在開催中の特別展の参考になるのではと、さっ
そく行ってみました。そこでショックを受けた展示がありました。

展示会場に置かれたモニターに映っていたのは、狩猟されたウーリーモンキーの
肉でした。いろいろな動物が狩猟の対象となりますが、特にウーリーモンキーの
肉はおいしいのだそうです。
そして次にショックを受けたのが、ウーリーモンキーの赤ちゃんに授乳する女性
の写真です。サルやペッカリー、アリクイなどの子どもは、ペットとして可愛が
られるのだそうです。

一方で肉を食べ、一方でペットとして愛でる。一見相反するような関係が、そこ
にはありました。
ペットにしていた赤ちゃんザルは、大きくなったら食べてしまうのかしら?
ペットと食用は別の個体なのかしら?
同じ動物に対してなのに、どうやって気持ちを切り分けているんだろう・・・
なんだか気持が整理できないまま、博物館を後にしました。

しかしよくよく考えて気が付きました。私たちの身近にも、ウマやウシ、シカ、
ウサギ、カモやコイなど、ある場面では愛で、ある場面では肉や毛皮を利用して
いる動物はたくさんいるではないですか!短絡的に比較はできないかもしれませ
んが、アマゾン流域に暮らす人々にとってウーリーモンキーは、そんな身近な動
物の一つなのでしょう。日本では動物園でしか見られない貴重な動物だからといっ
て、多様な関わり方をイメージできていなかった自分の了見の狭さに、後になっ
て一人で反省した次第です・・・

とは言え、絶滅の危機にある動物であることは確かです。昔から続く地域の人々
との多様な関係は絶やさずに、絶滅の危機を回避することができるよう、私たち
にできることを考えていきたいと思いました。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●ボリビアリスザルに赤ちゃんが生まれました!

7/3に、リスザルの島のボリビアリスザルに今年はじめの赤ちゃんが生まれまし
た!お母さんは「オメガ」。去年も「オッティ」を育て上げたベテラン母さんで
す。リスザルの出産は夏にピークを迎えます。今後も出産があるかもしれません
ので、お楽しみに♪
写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130717_risu
Webサル図鑑の「ボリビアリスザル」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cebidae/Saimiri/Saimiri.html#S_boliviensis


●マンドリルに赤ちゃんが生まれました!

マンドリルに3頭の赤ちゃんが生まれました!5/22、6/22、6/28に1頭ずつ生まれ、
3頭とも男の子でした。少しずつ大きさが違う3頭を、ぜひ比べてみてください。
間もなくすると、3頭で一緒に遊ぶ姿も見られるようになるはずです♪
写真はこちら→
http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130717_mandrill
Webサル図鑑の「マンドリル」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Mandrillus/Mandrillus.html#M_sphinx


●チンパンジーのマルコ♀、群れに仲間入りできました!

6/6に豊橋動植物公園より来園したチンパンジーのマルコ♀ですが、無事に群れ
に仲間入りすることができました!現在はツトム♂、ナオコ♀、マリリン♀、マ
ルコ♀の4頭で広い運動場に出ています。


●特別展「アマゾンの光と影」に「ヘラクレスの森」が登場!

7/20(土)より特別展「アマゾンの光と影」の会場に、「ヘラクレスの森」が登場
します!ヘラクレスオオカブトムシやゾウカブトムシなど南米の大きなカブトム
シたちを、オリもガラスもないところで展示します。
「なぜ飛んでいかないの?」と不思議に思った方は、ぜひスタッフに質問してみ
てください。


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●トワイライトZOO 今年の夏も開催します!

夕暮れ時の動物園を楽しもう!今年のテーマは「南米」です。
例年どおりモンキーバレイ、リスザルの島、ヒヒの城を夕暮れ時にご自由に散策
していただけるほか、今年はビジターセンター前で、本場ブラジルのシュラスコ
(バーベキュー)やブラジルビール、トロピカルジュースなどを楽しむことがで
きます!
 日程:8/13(火)〜17(土)、24(土)、25(日)、31(土)の8日間 ※荒天時中止
 時間:18:00〜20:00(入園は19:45まで。20:00消灯)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/


●夏休みの自由研究にはコレ!

夏休みの自由研究や工作におススメのイベントを開催します!
・自分の歯のレプリカをつくろう!   7/27(土)、28(日)、8/12(月)
・サイエンスショー          8/3(土)、4(日)、10(土)、25(日)
・骨であそぼう!           8/13(火)、31(土)、9/1(日)
・身の回りの小さな生き物をさがそう! 8/14(水)、9/7(土)、8(日)
・光合成ペンダントをつくろう!    8/15(木)〜18(日)
時間や参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/


●日本モンキーセンター スーパーサマースクール 参加者募集中!

飼育員の体験、石器作り、夜の動物園大探検など、日本モンキーセンターでとび
っきりの夏休み体験をしよう!!学芸員や獣医師、飼育技術員が伝授する本物の
動物学を学んで、ひと味違う夏休みを過ごしてみませんか!?
出発日:【東京発】7/29(月)、8/19(月)
    【大阪発】8/1(木)、8/19(月)
    【名古屋発】7/29(月)、8/1(木)、8/19(月)
参加対象:小学4〜6年生・中学1年生
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/camp/2013SSS/


●夏休みわくわく体験キャンプ 参加者募集中!

日本モンキーセンターでの「動物園クイズラリー」、「夜の貸切動物園」に加え、
日本モンキーパークのプールやのりもの、博物館明治村での各種体験など、1泊2
日でとっても欲張りなスケジュールです♪
出発日: 【名古屋発】8/8(木)   【三河発】8/6(火)
参加対象:小学4年生〜6年生 ※ご父兄の参加はできません※
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/camp/2013summer/


●モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・

◆ワオキツネザルのおやつ作り体験
  7/20(土)、21(日)、8/16(金)※、17(土)※、18(日)※、9/7(土)、8(日)
◆リスザルのおやつ作り体験
  7/13(土)、14(日)※、15(月・祝)、8/11(日)※、12(月)※、8/31(土)、
  9/1(日)
※印はライトVer.です。
◆小さなサルの夕食作り体験【NEW!】
  8/13(火)、14(水)、15(木)、24(土)
◆葉っぱ集め体験
  7/27(土)、28(日)
◆飼料体験
  8/3(土)、4(日)、10(土)、25(日)
参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
募集期間:2013年4/1(月)〜9/30(月)
表彰式:2013年11/3(文化の日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●先生のための博物館・動物園活用講座「目からウロコの人類進化」

今回の講座では、新しい知見に基づいた人類の進化の歴史について概観し、人類
進化をめぐる最近のさまざまなトピックをご紹介します。
日時:2013年8/26(月) 10:00〜15:00
講師:主任学芸員(理学博士) 高野智
参加費:無料
内容:・実習「人類進化のアウトラインをつかむ」
   ・講義「書き換えられる人類進化」
   ・学校連携事例紹介&バックヤード見学
申込締切:8/23(金)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/education/
※前号で2日の日程をお知らせしましたが、1日のみとなりました。訂正してお詫
び申し上げます。


●秋の校外学習の下見を受け付けています

秋にモンキーセンターを利用した校外学習を検討されている先生は、ぜひ下見に
お越しください。下見の際には、駐車場も入園料も無料とさせていただきます。
学芸員がビジターセンターに常駐していますので、お気軽にご相談ください。


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

「vo422雨の日は・・・」2013/7/11更新
「vo421生誕!」2013/7/2更新
「vo420暑さ対策」2013/6/17更新
「vo419とある土曜日の閉園後の風景」2013/6/10更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

一昨日は「大型類人猿脱出時対策訓練」を実施しました。いやー、毎年のことな
がら緊張します。「訓練」と名のつくもので、こんな真剣はものは他に経験した
ことがありません・・・。
以下のページからリンクしているマスコミのサイトでは、動画も公開されていま
す。本気の”ゴリラ”とスタッフたちを、ぜひ動画でご覧ください。
http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130717_training

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人