■JMC通信 2013年8月号(通算第62号)

●■■■■■■■■■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 JMC通信 2013年8月号(通算第62号)  財団法人日本モンキーセンター

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■■■■■■■■●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「進化のニュアンス」 主任学芸員 高野智

□ニュース
  ・フランソワルトンに赤ちゃんが生まれました!
  ・パタスモンキーに赤ちゃんが生まれました!
  ・特別展「アマゾンの光と影」の「ヘラクレスの森」、人気です♪

□イベント情報
  ・トワイライトZOO 残すところあと3日!
  ・自由研究にはコレ!
  ・キッズ・プロデュース・ズーで飼育体験を!
  ・おしごと体験 今後のメニューは・・・
  ・第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

□教員&団体指導者向け情報
  ・夏休みの「先生のための博物館・動物園活用講座」

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!

□編集後記


■コラム「進化のニュアンス」 主任学芸員 高野智-------------------------

先日、東京から来た中高生に、二日間にわたって霊長類の進化についてレクチャー
や実習を行いました。たいへん熱心に学んでくれたのですが、進化について教え
ることの難しさを再確認することにもなりました。

ある特徴が進化したことに対して、「なぜ?」と問いたくなるのは人間の好奇心
のなせる技でしょう。「なぜ?」に対して、生物学者はレベルの異なるいくつか
の答えを用意することができますが、進化について最も一般的なのは機能的な説
明です。
「どうしてサルの目は前を向いているのか?」
「それは、立体視ができ、樹上という三次元的な環境を効率的に利用できるよう
になるからです」
というのがそれです。

機能的説明は、現に存在する特徴についての「解釈」なわけですが、そこに「目
的」を感じるようになると、落とし穴にはまります。生き物には時に、あたかも
目的があって作り出されたかのような美しいデザインが見られます。しかしそれ
は、環境と生き物の相互作用において、様々な偶然や制約が作用する中で自然淘
汰が生み出したものです。生き物は何かのゴールに向かっているわけではありま
せん。そこに目的を感じるのはその人の思いが投影されているに過ぎないのです。

生き物のデザインを合目的的なものではなく環境適応として理解する。そのニュ
アンスを伝えるのに苦心するわけですが、ここに人類の進化がからんでくると、
さらに困難さが増します。

多くの人が「人間=進化のゴール」という素朴な信念を抱いていて、「ヒトはい
ちばん進化した動物である」といった言説を聞くこともあります。本当は、生き
物それぞれが素晴らしい環境適応を遂げているのであって、進化に1番も2番もあ
りません。大腸菌だってゴキブリだって、いま現に生きているということは、生
命の起源から現在に至るまで絶滅することなく進化のレースをヒトと同じく生き
残ってきたということを力強く証明しています。

そんなふうに思えば、身の回りの生き物にも愛着が湧いてくると思うのですが、
いかがでしょうか。26日の「先生のための博物館・動物園活用講座」でも、学校
の先生を通じて子供たちにメッセージが伝わるといいな、と思っています。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●フランソワルトンに赤ちゃんが生まれました!

7/26、フランソワルトンに待望の赤ちゃんが生まれました!以前同居していたオ
スが死亡し1頭で暮らしていたリンリン♀の元にチャーミー♂が来たのは2年前の
こと。2頭はとても仲が良く、いつもリンリンの肩にチャーミーが手をまわした
お決まりのポーズで2頭並んでいました。
しかし待望の赤ちゃんは、1頭目が早産、2頭目は流産で育たず。3回目の今回、
ついに元気な赤ちゃんが生まれました♪とは言えリンリンにとっては初めての子
育て。とても大事そうに抱いていますが、しばらくは慎重に見守りたいと思って
います。

フランソワルトンは新生児の色がおとなと異なるのが特徴で、両親が黒色なのに
対し、赤ちゃんは生後3カ月くらいまではオレンジ色をしています。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130822_francois
サル図鑑の「フランソワルトン」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Trachypithecus/Trachypithecus.html#T_francoisi


●パタスモンキーに赤ちゃんが生まれました!

パタスモンキーのキノコ♀が7/1に赤ちゃんを出産しました!赤ちゃんの名前は
タイタン♂。昨年生まれたお姉ちゃんのウル♀に負けず、元気に育っています。

写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20130822_patas
サル図鑑の「パタスモンキー」はこちら↓
http://www.j-monkey.jp/encyclopedia/Cercopithecidae/Erythrocebus/Erythrocebus.html#E_patas


●特別展「アマゾンの光と影」の「ヘラクレスの森」、人気です♪

特別展「アマゾンの光と影」の会場に「ヘラクレスの森」が登場しました!
ピラニアやレッドテールキャットフィッシュが泳ぐ水槽の橋を越えると「ヘラク
レスの森」の看板が。目が慣れてくると、展示会場のあちこちの木の幹にヘラク
レスオオカブトムシやゾウカブトムシなどがいることに気がつきます。
もちろん生きています!!
特別展の詳細はこちら→http://www.j-monkey.jp/event/special/2013amazon/


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●トワイライトZOO 残すところあと3日!

夕暮れ時の動物園を楽しもう!今年のテーマは「南米」です。
例年どおりモンキーバレイ、リスザルの島、ヒヒの城を夕暮れ時にご自由に散策
していただけるほか、今年はビジターセンター前で、本場ブラジルのシュラスコ
(バーベキュー)やブラジルビール、トロピカルジュースなどを楽しむことがで
きます!ブラジル試食会も開催♪
 日程:8/24(土)、25(日)、31(土) ※荒天時中止
 時間:18:00〜20:00(入園は19:45まで。20:00消灯)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/


●自由研究にはコレ!

夏休みの自由研究や工作におススメのイベントを開催します!
・サイエンスショー          8/25(日)
・骨であそぼう!           8/31(土)、9/1(日)
・身の回りの小さな生き物をさがそう! 9/7(土)、8(日)
時間や参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/


●キッズ・プロデュース・ズーで飼育体験を!

夏休みの思い出にキモカワな小動物たちとふれあえる施設「KIDSZOO」で飼育員
体験をしてみませんか?場内の掃除から、体重測定、包丁を使ってエサ切り、エ
サあげなど…飼育員さんのおしごとを家族で体験できちゃいます♪
1日2組様(ご家族様)だけの限定体験です!
対象:小学生以上(ご家族)
日時:土・日・月 10:00〜12:00
参加費:5000円/1組様
※1日2組様のみ先着順で受け付けます。前日までに【0568-61-2327】にお申し込みください。
※一部不催行日あり。


●モンキーセンターおしごと体験 今後のメニューは・・・

◆飼料体験           :8/24(土)、25(日)
◆リスザルのおやつ作り体験   :8/31(土)、9/1(日)
◆ワオキツネザルのおやつ作り体験:9/7(土)、8(日)

参加費など詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#job


●第9回モンキーセンターアニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
募集期間:2013年4/1(月)〜9/30(月)
表彰式:2013年11/3(文化の日)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/photo.html


■教員&団体指導者向け情報■--------------------------------------------

●先生のための博物館・動物園活用講座「目からウロコの人類進化」

今回の講座では、新しい知見に基づいた人類の進化の歴史について概観し、人類
進化をめぐる最近のさまざまなトピックをご紹介します。
日時:2013年8/26(月) 10:00〜15:00
講師:主任学芸員(理学博士) 高野智
参加費:無料
内容:・実習「人類進化のアウトラインをつかむ」
   ・講義「書き換えられる人類進化」
   ・学校連携事例紹介&バックヤード見学
申込締切:8/25(日) 正午
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/education/


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!

vo427「美味しそう」2013/8/21更新
vo426「仕事のしめは・・・」2013/8/13更新
vo425「夏、真っ盛り」2013/8/8更新
vo424「黄色いあの子」2013/7/30更新
「飼育室」はこちら→http://www.j-monkey.jp/keeper/


■編集後記■------------------------------------------------------------

毎月第3水or木に配信予定のJMC通信ですが、配信が遅れてしまいました。
誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m

さて、イベント情報でサラッとお伝えしてしまいましたが、トワイライトZOOの
シュラスコ、おススメです!肉とウインナーでボリュームたっぷりの串が500円、
ナスやコーンなどの野菜もほどよく挟まれた大きな串が1,000円。どちらも1本で
お腹いっぱいに。閉園直前にコソッと買っておいたシュラスコで家に帰って一杯。
格別です。(赤)

========================================================================
発行:財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre

動物取扱業の表示:財団法人日本モンキーセンター
愛知県犬山市大字犬山字官林26番地 業種:展示 動尾第510号
登録:平成19年5月31日 有効:平成29年5月30日 取扱責任者:加藤章
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人