■新JMC通信 2015年6月号(通算第15号)

●◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

  公益財団法人日本モンキーセンターからのお知らせ(新JMC通信)
            2015年6月号(通算第15号)

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇●


■目次■----------------------------------------------------------------

□コラム「野生のオランウータンに会いに行く」
            園長補佐・附属動物園部長 木村直人

□ニュース
  ・人工哺育のシャマン、ついに親の元に帰りました!
  ・ボリビアリスザルに赤ちゃんが生まれました!
  ・ヤクニホンザルの出産が続いています

□イベント情報
  ・夏休みにワイルドサマーキャンプ開催決定!
  ・京大モンキー日曜サロン 6/28(日)に開催!
  ・キュレーターズガイド&トーク 今後の予定は、、、
  ・アニマルフォトコンテスト 募集中!

□webサイトより
  ・「飼育室」更新中!
  ・「獣医室」更新!

□編集後記


■コラム「野生のオランウータンに会いに行く」
             園長補佐・附属動物園部長 木村直人------------

日本モンキーセンターでは、昨年4月の公益法人化後「生息地研修」を実施して
います。今年度からはアジアに目を向け、ボルネオ島ダナムバレー森林保護地域
にて新たな生息地研修が始まりました。その第1回目に参加する機会を得ました。
6/3に出発し、9日に帰国する7日間の日程で、ダナムには6/4午後から8日昼まで5
日間滞在しました。日本から京都大学野生動物研究センター(WRC)の平田教授、
森村准教授に同行し、ボルネオに入ってからは松沢所長と京都大学霊長類研究所
(PRI)の留学生らと合流しました。ダナムにはWRCの研究拠点があり、そこで長
年オランウータンを調査研究されているPRIの金森朝子先生からも直接指導を受
けることができました。

初めて野生のオランウータンに会いに行く私にとって、金森先生の著書である
「野生のオランウータンを追いかけて〜マレーシアに生きる世界最大の樹上生活
者〜(東海大学出版会)」が事前学習に大変役立ちました。オランウータンの基
本(分類、形態、骨格、移動形式)から、生息地環境、個体識別、生態、食性、
絶滅の危機に瀕するオランウータン等々、知識を整理しつつ「何を見ようか、何
を体感しようか」と、ワクワクしながら目標を立てて臨みました。

オランウータンは夕方ネスト(巣)を作ってそこですごし、夜明けと共に出てき
て、採食、移動を開始します。研修もこの「オランウータン時間」に沿って、朝
まだ暗い5時半から夕方暗くなる6時すぎまで、オランウータンを追って観察を続
けます。熱帯林といえばスコールですが、雨に降られる場面は1回のみでした。
最高の教授陣に同行できたこともあって、予定していたすべての個体(“フルフ
ランジ”と呼ばれる両頬の大きく発達した成オスや未発達のオス、そして子ども
の年齢がそれぞれ異なる3組の母子)に出会うことが出来ました。スコールに打
たれるオランウータンの姿もビデオに納めることが出来ました。また、最終日に
は1本の大木に2組の母子が採食に訪れ、それぞれのベビー同士がジャレ遊ぶとい
う珍しくも微笑ましい風景を見ることができました。スカイキャノピーやビュー
ポイントへのトレッキング、ナイトサファリなどのプログラムにも参加し、レッ
ドリーフモンキーやミュラーテナガザル、カニクイザルといったサル類、大変美
しい鳥類から毒をもつ節足動物まで多くの生きものをも見ることができました。

動物園は「自然への窓」です。野生動物と来園者とを仲介する動物園スタッフの
一人として、この生息地研修で得た多くの感動を皆さまに伝えていければと思っ
ています。この研修は、京都大学PWSリーディング大学院の経費で実施されまし
た。指導していただいた先生方、この研修の機会を与えていただいた上司、同僚
に心より感謝します。なお、金森朝子先生らのダナンバレーでの調査活動を紹介
したHPがあります。「SOSオランウータン」
(http://www5f.biglobe.ne.jp/~nouko/sos-orangutan/)です。ボルネオやオラ
ンウータンに興味をお持ちの方は、このサイトにもぜひ訪れてみてください。


■ニュース■------------------------------------------------------------

●人工哺育のシャマン、ついに親の元に帰りました!

シャマンのメロン♀が両親と直接の面会をしてから46日後、遂に6/7(日)、完全
に両親の元へ帰ることができました。始めは本当にメロンが両親の元で一緒に暮
らしていけるかスタッフ一同、不安に思っていましたが両親がメロンを守ろうと
する姿を見せてくれたので両親を信じて一緒にしました。現在は心配することは
何一つなく、親子仲良く暮らしています。これからはエコドームでメロンに会う
ことができます。
両親と共に成長するメロンを皆さま暖かい目で見守ってください。
写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20150617_melon


●ボリビアリスザルに赤ちゃんが生まれました!

今年もリスザルの島にかわいい赤ちゃんが誕生しました。
リスザルの島では毎年6月から8月にかけて出産シーズンを迎えます。生まれたば
かりの赤ちゃんはお母さんの背中にしっかりとくっついています。ぜひこの時期
に小さなかわいい赤ちゃんと逞しいお母さんのおんぶ姿を探してみてください。
写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20150618_risu


●ヤクニホンザルの出産が続いています

モンキーバレイでは152頭のヤクニホンザルが生活しています。(5月現在)
毎年3月〜5月にかけて出産シーズンを迎え、今年は15頭の赤ちゃんが元気に育っ
ています。成長するにつれ母親の背中に乗ったり、頭に乗ったり、離れてどこか
へ行ったりと、担当者をひやひやさせています。是非、元気いっぱいのヤクニホ
ンザルの赤ちゃんたちに会いに来てください。
写真はこちら→http://www.j-monkey.jp/news/index.html#20150614_yaku


■イベント情報■--------------------------------------------------------

●夏休みにワイルドサマーキャンプ開催決定!

休園日のモンキーセンターを貸し切り!
アフリカでチンパンジーやボノボを研究している研究者が、フィールドワーク
(野外研究)のコツや楽しさを伝授します!
 日程:7/28(火)〜29(水)
 対象:小学4〜中学3年生 ※ご兄弟で参加される場合は小学3年生も可
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/camp/2015summer/


●京大モンキー日曜サロン 6/28(日)に開催!

 日時:6/28(日)12:30〜13:15
 テーマ:「障害をもつチンパンジーの幸せを考える」櫻庭陽子先生
その後も月1〜2回開催いたします!
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/salon/


●キュレーターズガイド&トーク 今後の予定は、、、

 6/20(土)「「日本でここだけ!」に会いに行こう」(綿貫)
 6/21(日)「テナガザルに親しもう」(綿貫)
 6/27(土)「新世界ザルの魅力」(赤見)
詳しくは→http://www.j-monkey.jp/event/index.html#curator

7月からはキュレーターズトークとして、涼しいビジターセンターのホールで
12:30から開催します。その一部をご紹介します!
 7/5(日)、8/14(金)、22(土)
   「黄金のサル!?ゴールデンライオンタマリンのおはなし」(赤見)
 8/1(土)「サルって何の仲間? 哺乳類の進化をたどる」(新宅)※13:00〜
 8/2(日)、29(土)「野生のサルが暮らす森で暮らす
           ―フィールド研究の魅力を紹介します!」(早川)


●アニマルフォトコンテスト 募集中!

動物をテーマとした写真を大募集!園外の写真やサル以外の写真でもOKです!
 募集期間:2015/5/1(金)〜9/30(水)
 表彰式:2015/12/5(土)
詳しくは→hhttp://www.j-monkey.jp/photo/2015/


■webサイトより■-------------------------------------------------------

●「飼育室」更新中!  http://www.j-monkey.jp/keeper/

vo513「ハヌマンラングールのサミー来園〜到着から現在の様子まで〜」
   2015/6/10更新
vo512「おはよーございまーす」2015/6/3更新
vo511 「4コマ漫画『第4話 人生そんなにあまくない』」2015/5/25更新


●「獣医室」更新!  http://www.j-monkey.jp/veterinarian/

「ハヌマンラングール編」2015/6/10更新


■編集後記■------------------------------------------------------------

ワイルドサマーキャンプの情報をWebサイトにアップした当日、すぐに2名の方か
らお申し込みをいただきました!! なんか、、、感激です(T^T)(赤)

========================================================================
発行:公益財団法人日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
URL:http://www.j-monkey.jp ←登録・解除はこちらから
Facebook:https://www.facebook.com/japanmonkeycentre
========================================================================

 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
アニマルフォトコンテスト
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人