2021/5/30(日) 第69回京大モンキー日曜サロン
「絶滅危惧種ニホンイヌワシを遺伝解析で救えるか:保全遺伝学の挑戦」
 内藤アンネグレート素先生
※緊急事態宣言が京都府や愛知県に出されているため、講師の内藤先生には京都からオンラインでご講演いただきます。
※会場で参加される方は、通常どおりビジターセンターのホールにお越しください。


■日時:2021/5/30(日) 12:30〜13:15

■講師:
内藤アンネグレート素先生(京都大学野生動物研究センター 大学院生)

■内容:
「遺伝解析」と聞くと何を連想するでしょうか?
最近では新型コロナウイルスのPCR検査やmRNAワクチンなどがメディアで多く取り上げられていることもあり、 広く知られるようになりました。

遺伝解析には医療以外に様々な使い道があり、絶滅危惧種を守るためにも役立ちます。
遺伝子を調べることで、その種がどのくらい環境の変化や新しい病気に適応できるか、 何年先に絶滅するかなどを予測できるのです。このような研究分野を「保全遺伝学」と呼びます。

私は大型猛禽類のニホンイヌワシを対象に遺伝解析をおこなっています。 国内で繁殖するニホンイヌワシの数はここ数十年で減少しており、今では500羽ほどしかいません。 今回は、このような絶滅危惧種を守るために保全遺伝学者として何ができるかについて紹介します。








 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
 >Korea (map only)
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会
おうちどうぶつえん

しらべる
研究室
博物館資料
連携研究
屋久島研修所
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
国際学術誌「Primates」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
歴史・定款・年報など
スタッフ紹介
全頭誕生日カレンダー
ご支援のお願い
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

大型類人猿情報ネットワーク

緑の回廊プロジェクト

ポレポレ基金

犬山市観光協会

日本モンキーパーク

公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:令和4年5月30日 取扱責任者:奥村文彦