日本モンキーセンターの最新ニュースを、写真とともにお知らせします!!

■「分かちあう心の進化」を刊行しました
6/14(木)に岩波科学ライブラリー「分かちあう心の進化」を刊行しました。
すべての生命は進化を通してつながっている。 人の心の何が特別で、どんな道すじで今あるような人の心が生まれたのかを知るために、 人間にもっとも近いチンパンジー、ボノボに始まり、ゴリラ、オランウータン、霊長類、哺乳類……と比較の輪を広げていこう。 そこから見えてきた言語や芸術の本質、暴力の起源、そして愛とは。
詳細は以下の岩波書店のサイトをご覧ください。
園内のビジターセンターでも販売予定です。
 >>岩波書店のサイト内の書籍紹介ページへ
[2018.6.18 所長 松沢哲郎より]

■全国規模の塗装ボランティア団体「塗魂ペインターズ」がJMCで活躍!
全国から100名以上の「ペインターズ」が集まり、第100回目のボランティアとして園内のあらゆる場所をきれいに塗装して下さいました。メインはアフリカセンターの真っ赤な壁。雨に降られた日もありましたが、みなさんの愛と情熱で、真っ赤だった壁が美しい緑色に変わりました。
全国から集まって下さった塗魂ペインターズのみなさま、塗料を提供くださった会社の方々、足場を組んでくださった会社の方々、その他、かかわって下さった多くのみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。
  >>塗魂ペインターズ・ボランティア第100弾概要
[2018.6.1 事務部 今井由香より]

■ 雑誌「モンキー」3巻1号を発刊しました!
6/1(金)に、通算9号目となる「モンキー」3巻1号を発刊しました! 今号から4ページ増やし、29ページになりました。山極壽一氏の「ぼくはこうしてゴリラになった」や 幸島司郎氏の「氷河からアマゾンまで」など人気の連載のほか、 今号ではラマン・スクマール氏による「飼育下ゾウの福祉に対する4つの指針」や書評なども掲載しています。
雑誌「モンキー」は今号から1冊400円です。送料込みのお得な定期購読も受け付けています。 目次や購読方法は以下をご覧ください。
 >>雑誌「モンキー」のページへ
[2018.6.1 学術部 赤見理恵より]

■Primates 5月号が出ました
Primatesは日本モンキーセンターが発行する国際学術雑誌です。 霊長類専門としては世界で最も古い歴史を持ち、世界中から投稿がなされています。
5月号には先日報道でも取り上げられた「温泉に入ることがニホンザルのストレスの軽減につながる」のではという論文等が載っています。
詳しくは以下をクリックしてご覧ください。
  >>英文学術雑誌「Primates」の紹介ページへ
[2018.5.26 学術部 古賀典子より]

■ボンネットモンキーに赤ちゃんがうまれました!
4/25(水)にボンネットモンキーで赤ちゃんがうまれました。 お母さんのティンハオは、初めての出産と子育てで、最初は抱きかたも授乳も不安でしたが、 出産経験豊富な仲間に囲まれて、今ではしっかりと子育てしています。 まだまだ小さく、髪型も出来上がっておりませんが、元気に動きまわるボンネットモンキーの赤ちゃんを、ぜひ見にきてください!
[2018.5.24 附属動物園部 舟橋昂より]

■犬山北小学校の1日モンキーデー
5/9(水)の休園日に、毎年恒例となった犬山北小学校の「1日モンキーデー」をおこないまいた。 当日は、学校を出発する時間まで雨が残り到着が少し遅れましたが、そのあとは快晴で、 気持ちよく1日を過ごすことができました。
1年生はテナガザルの、2年生はチンパンジーやゴリラのガイドを聞きました。 3年生から6年生は先生とキュレーターが連携して、各学年に合わせた理科の発展学習をおこないました。 毎年ステップアップしていく子どもたちの成長が楽しみです。
[2018.5.10 学術部 赤見理恵より]

■チンパンジーの手ぬぐいができました!
5月から始まる「チンパンジーフェスティバル」にあわせて、モンキーセンターのチンパンジーたちがデザインされた「手ぬぐい」ができました!
こどもはマモル、こどもを抱っこしているのはマルコ、口が開いているのはツトム、目がたれているのはマリリン…と、個体識別ができるぐらい描き分けています。
5月1日よりビジターセンターで1枚1000円、100枚限定販売です。買い忘れのないようご注意ください!!

[2018.4.28 学術部 江藤彩子より]

■飼育員の手作り! ツリーハウスオープン!!
明日4/28(土)に、3階建てのツリーハウスがオープンします!
低コストに収めつつ自分たちの思いを自由に形にするために、設計から製作まで、すべての作業を飼育員がおこないました。
このツリーハウスを来園者の方々に当日予約制で独り占めしていただけます! 樹上でお弁当を食べたり、お昼寝をしたり、時間の使い方は自由です。 樹上でくらすサルたちの気分があじわえます。ツリーハウスで自分たちだけの時間を過ごしてみませんか。
詳しくは以下のページをご覧ください。
 >>ツリーハウスのページへ
[2018.4.27 附属動物園部 営繕班より]

■明和高校1年生全員がJMCで学びました!
4/20(金)に、愛知県立明和高校の1年生360名が「探求活動ガイダンス」として来園しました。 午前中は別会場にて所長の松沢による講演会を聴き、午後からはJMCに来園して、霊長類の観察や研究者との交流をしました。 PWS履修生やJMCのキュレーター、飼育員によるショートガイドは、園内16カ所で各4回開催。 自分の興味に合った研究者と交流することで、研究の視点やおもしろさを学んでいただけたのではないかと思います。この授業は、PWSの高大連携プロジェクトの一環として実施されました。
 >>PWSの高大連携プロジェクトのページへ
[2018.4.26 学術部 赤見理恵より]

過去のニュース
過去のニュースをご覧いただけます。
一部、現状とは異なる表記やリンク切れなどございますが、ご了承くださいm(_ _)m

2017年度のニュース
2016年度のニュース
2015年度のニュース
2014年度のニュース
2013年度のニュース
2012年度のニュース
 >English
 >Portuguese
 >French
 >Chinese
ニュース

みる
営業案内
友の会
園内マップ・施設紹介
アクセス

イベント
動物園イベント
京大モンキー日曜サロン
ミュージアムトーク
特別展
写生大会
アニマルフォトコンテスト

まなぶ
学習利用のご案内
 団体利用・実習・研修など

京大モンキー日曜サロン
京大モンキーキャンパス
プリマーテス研究会

しらべる
研究室
Webサル図鑑
霊長類和名リスト
飼育霊長類標本
 データベース「CaPriCo」

英文雑誌「PRIMATES」
雑誌「モンキー」
新JMC通信

日本モンキーセンターとは
日本モンキーセンターとは
国際保全事業部
求人情報
取材等のお問合せ
来訪者紹介
サイト利用規定

リンク

霊長類学ワイルドライフサイエンス リーディング大学院

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門

京都大学野生動物研究センター

京都大学霊長類研究所

アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い

日本モンキーパーク


※日本の動物園等で飼育されている霊長類の種数は102種類です。(2015年3月31日時点、GAIN調べ。種間雑種その他の分類不明なものは除く。)
公益財団法人 日本モンキーセンター
〒484-0081 愛知県犬山市犬山官林26番地 TEL:0568-61-2327 FAX:0568-62-6823
動物取扱業:公益財団法人日本モンキーセンター 愛知県犬山市大字犬山字官林26番地
業種:展示 動尾第510号 業種:貸出し 動尾第509号 登録:平成19年5月31日 有効:平成34年5月30日 取扱責任者:木村直人